スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

策士、策に溺れて…

 9日に行われたJFA理事会で出てきた話。どうでもいいが、JFAのオフィシャルwebは早いところ2009年度仕様にしなさい(笑)

「オウンゴールでわざと負けろ」教頭の指示で大敗…新潟(読売新聞)

 新潟県内の中学生のフットサル大会で今年1月、チームのコーチを務める教頭(47)が、苦手との対戦を避けるために、選手にわざと負けるように指示、実際に大敗していたことが分かった。

 日本協会によると、上越市内の県立の中高一貫教育校(A校)は、5チームによる予選リーグで3連勝して上位2位以内が確定し、8チームによる決勝トーナメント進出が決まっていた。

 しかし、1位で予選通過した場合、準決勝で、過去の対戦で苦手としていたチーム(B校)と対戦する可能性が高かったことから、コーチを務めた教頭は、決勝進出チームに与えられる県大会の出場権確保が難しくなると判断。予選リーグ最終戦で大敗して2位となれば苦手との対戦を避けられると考え、「オウンゴールで敗退するしかない」と選手に指示したという。

 試合は、同校が6連続で自らのゴールにシュートを入れる異常な展開となり、審判が注意。対戦相手も「没収試合にしてほしい」と要望したが、規定にないことから続行され、同校は0―7で敗れた。

 チームの監督を務める同校の非常勤講師は、他の試合の審判をしていたため指示の現場にはおらず、試合前に知ったが、講師と教頭という関係から注意することは出来なかったという。

 同校は思惑通り2位となったが、決勝トーナメント初戦で別のチームに敗れ、結局県大会出場を逃した。

 ※A校、B校は説明用につけた仮の名称です

 大会は県選抜中学生U-15フットサル大会県大会の地区予選でしょ、これ。

 う~ん、すごい指示を出したものだ、と思う。
 まあ、今までのこと(戦績)を考えたらB校を避けたい気持ちもわからないではないのだが、選手への影響を考えなかったのかな・・・とも思う。単純に「負けた」ということで意気も下がるし、負け方が負け方だけに引きずってしまう、ということも充分に考えられるのだが。もし、予選リーグの最終戦でも勝って勢いをつけていれば勝てたかもしれないのに…そこまで選手を信用できなかったのかな。

 もう一個いえば、難物を避けて目標を達成したとして・・・その勝ち方は学校の方針に反していないか?とも思うのだよ。(読売の書き方では学校を特定できてしまいます)

 まあ、ある意味バチが当たったのか、準々決勝で敗退してしまったのだが。前の試合のこともあって選手の気持ちが乗らなかったのだろう、とは容易に推測できるがね。

 そういうわけで、教頭の考えに考えた策は大外れとなり、チームは敗退。教頭自身は日本サッカー協会から処分を喰らい、さらに全国からぼろくそに言われる羽目に…あらあら。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。