スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ううむ・・・

意識戻らず…無念 松田直樹選手 家族に看取られ死去

 サッカー元日本代表で、日本フットボールリーグ松本山雅FCに所属する松田直樹選手(34)が4日午後1時6分、長野県松本市内の病院で死去した。

 関係者によると、0時半ごろには脈拍が弱くなり、息を引きとる際には家族が看取ったという。

 松田選手は2日午前9時半ごろ、松本市のグラウンドで練習中に倒れ、見学していた女性看護師が心臓マッサージを施したが、病院に搬送された時は既に心肺停止状態だった。

 その後、微弱ながら心臓の鼓動が戻り、人工心肺装置で血流を維持したが意識は戻らなかった。2日の練習中に倒れ、意識不明となっていた。

 松田選手は群馬県出身。1995年から昨季まで横浜Mでプレー。日本代表として40試合に出場し、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会でも活躍した。今季から松本山雅FCに移籍した。(スポニチ)


 ぐむう・・・
 個人的には好きでも嫌いでもなかったのだが、こういう現役中の事故的な死、というのは応えるな・・・。

 そういえば思い出したエピソードがひとつ。
 96年、アトランタオリンピックが終わったあとのLリーグに松田と安永聡太郎が来てたことがあって。オリンピックで知り合った大竹奈美や澤穂希の応援に来てたのだが、大竹が点を取った時に安永と二人グランドイン(笑)、大竹と抱き合ってたことがあってね・・・そこまでサッカーにのめりこんでるのも珍しいよね。今ならもう時効だよね…


 とにもかくにも、天国リーグへ移籍してしまった松田氏に合掌するとともに、その背中を見送ることにします。
関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。