スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第6節 柏レイソル×鹿島アントラーズ

 J1の第6節。これは震災の影響で繰延になったもので、延期試合が7月に集中開催になったことで組まれた『HOT6』の第5章になる。柏レイソルは震災前の予定と同じ国立競技場に鹿島アントラーズを迎え討つ。

 今日は柏の大スポンサーの『日立デー』ということでえらい客入り。柏熱地帯は早々に満席になり、上段を開ける事態に。上を開けたのって今世紀になって初めてではないか?
 最終的には柏熱地帯は聖火台下まで伸び、三万人以上の観客を集めた。これだけ集めたのって何年ぶりだ?


 柏レイソル(4-4-2)
  GK21菅野孝憲
  DF 4酒井宏樹
     6朴東赫
     3近藤直也
     2中島崇典
  MF10レアンドロ・ドミンゲス
    28栗澤僚一
    (→46分20茨田陽生)
     7大谷秀和
    15ジョルジ・ワグネル
    (→75分29水野晃樹)
  FW 9北嶋秀朗
    19工藤壮人
    (→63分11林陵平)
  監督  ネルシーニョ

 鹿島アントラーズ(4-4-2)
  GK21曽ヶ端準
  DF 7新井場徹
    (→77分22西大伍)
     3岩政大樹
     6中田浩二
     5アレックス
  MF 8野沢拓也
    (→88分25遠藤康)
    14増田誓志
    40小笠原満男
    11フェリペ・ガブリエル
  FW30田代有三
    13興梠慎三
    (→46分9大迫勇也)
  監督  オズワルド・オリヴェイラ


 柏は前節の川崎戦から4人を変更。特に左サイドは大きく変わっていた。ただし、レアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルを二列目に並べる、というのは春当初にやっていたことなんだよね・・・。


 3分、鹿島は野沢拓也がFKを直接狙ってくるが、ゴールのわずか左。

 5分の鹿島。CKからの攻め直し。アレックスのクロスを岩政大樹が頭で合わせたが枠の上。

 7分の柏。朴東赫のクリアを北嶋秀朗が落としてレアンドロ・ドミンゲスへつなぐ。レアンドロはドリブルで縦に抜け出してシュートを撃つがゴールを横切る。

 20分の柏。酒井宏樹がDFの裏へパスを入れる。レアンドロ・ドミンゲスが抜け出してシュートを撃つが枠の上。

 28分の柏。右サイドからレアンドロ・ドミンゲスがゴール前に入れる。北嶋秀朗が頭で合わせたがGKがキャッチ。
 北嶋がインタビューで『得点の前の場面でレアンドロからクロスが入った時、頭で合わせたら『胸でトラップしろ!』と言われたんです。』と語っていたのはこの場面かな?

 29分の鹿島。小笠原満男がFKを入れる。フリーになったフェリペ・ガブリエルが頭で合わせるも、枠の上。

 34分の柏。右サイドからレアンドロ・ドミンゲスがクロスを入れる。岩政大樹はかぶって対応ができず、北嶋秀朗の侵入を許す。北嶋はトラップで抜け出して飛び出した曽ヶ端準をかわしてシュート。柏が先制点を奪った。

 39分の柏。レアンドロ・ドミンゲスのクロスに北嶋秀朗がダイレクトで合わせたが、曽ヶ端準の正面。

 前半は柏が1点を取って折り返し。しかし試合の流れを掴んでいたのは鹿島だったか。


 試合は後半へ。両者とも一つずつ動いてきた。
 46分、柏はDFの裏へ出るパスに北嶋秀朗が反応、至近距離からシュートを撃つが、GKが弾いた。

 46分、柏はレアンドロ・ドミンゲスのパスに北嶋秀朗が合わせたが、ゴールの左。
 この二つでがっちりとペースを握ったかに見えたがさにあらず。

 49分の鹿島。野沢拓也のFKに田代有三が頭で合わせたが、ポストを直撃。

 57分、野沢拓也のFKに田代有三が頭で合わせてゴール、鹿島が同点に追いつく。しかし、いくらJ1のGKでは背の小さい菅野孝憲とはいえ、GKが伸ばした手の上からヘディングするかね・・・。

 59分の鹿島。DFのウラに出したパスに大迫勇也が反応。GKをかわすシュートを撃ったが、戻ってきたDFにクリアされた。

 80分の柏。中島崇典が斜めにボールを入れる。レアンドロ・ドミンゲスが受けてターン、素早く右足を振り抜いたミドルシュート。北嶋秀朗がコースを隠していたこともあってそのままゴールに突き刺さり、柏が勝ち越しに成功する。
 しかしこのトラップはお見事。低く速いボールを勢いを殺して止め、ワンモーションでシュートに持ってゆく、と・・・これは大人にも子供にも良いお手本だ。

 85分の鹿島。野沢拓也のFKに田代有三が頭で合わせる。決定的だったが、菅野孝憲が弾き出してCKに。

 92分、鹿島のCKを止めた柏のカウンター。レアンドロ・ドミンゲスのフィードから水野晃樹が飛び出す。切り返してシュートを撃つが、戻ってきたDFにブロックされた。


 そのまま試合終了。柏が鹿島から9年ぶりに勝利を収めた…て実は意外に思っていたり。カシマはともかく、国立は結構相性良かったはずなんだがのう…。萩村の初ゴールから4点取った試合とか(あの試合が北嶋初出場じゃなかったっけ?)、シルバの決勝ゴールとか・・・

2011日本プロサッカーリーグ一部第6節
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:曇
試合開始:19時05分
試合形式:90分
主審:村上伸次
観衆:30,807人
柏レイソル
1 1
2
得点:北嶋(34分)、レアンドロ(80分)
警告:栗澤(30分)、朴(56分)、林(90+3分)
退場:なし
鹿島アントラーズ
0 1
1
得点:田代(57分)
警告:なし
退場:なし


 まあなにより、今日は最後まで平穏無事に試合が終わったのがよかったよ。
関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。