スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大学リーグ一部第2節 国士舘大学×東海大学

 駒沢の第2試合は国士舘大学と東海大学の対戦。ともに開幕戦では0-4の大敗を喫したが…。


 第83回関東大学サッカーリーグ一部 第2節

国士舘大学 1-1 東海大学
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
天候:曇
試合開始:13時50分
主審:秋澤昌治
観衆:600人
<得点>
 国 海
 1-0 48分 国士舘 先崎勝也
 1-1 86分 東海  笹嶋大

<警告>
 02分 東海  佐伯尚平
 21分 東海  早嵜大輔
 69分 国士舘 天野恒太
 75分 国士舘 天野恒太
 79分 東海  岡山永
<退場>
 75分 国士舘 天野恒太(警告2枚)
国士舘大
GK 1内藤圭佑
DF16益子義浩
  (→46分7大竹隆人)
   3川邊裕紀
   5佐藤由将
   2天野恒太
MF10柏好文
  (→77分33綿貫直人)
  34佐藤優平
  22塩谷司
  12吉野峻光
FW 9高橋大
  (→46分14先崎勝也)
  17松尾昇悟
GK21小笠原巧麻
DF12田中大二郎
   5藤野洋平
  15金井隆太
  28佐伯尚平
MF17滝戸諒
   6岩上祐三
   7坂本勇太
  (→60分14堺星哉)
   8里中頌平
  (→84分24笹嶋大)
  11岡山永
FW19早嵜大輔
  (→70分32森淳貴)
システム:4-4-2システム:4-2-3-1
監督:細田三二監督:今川正浩
 前半は国士舘・東海ともに失点を怖がって腰が引けていて、眠たい試合。というか、実際半分寝てた・・・orz
 当然、チャンスもそれほどなくてスコアレス。


 ところが後半になって変わる。
 48分、国士舘は左サイドから柏好文が中へクロス 松尾昇悟が頭で落としたところに先崎勝也が飛びこんでゴール、先制点。後半になって先崎を中盤に入れ、柏をFWにしたのが当たった。

 その後も国士舘が攻めていくが、次第にペースダウン、中盤にはパタッと止まってゆく。

 75分、国士舘の天野恒太が相手選手(岡山永か佐伯尚平か…)を肘打ち。これが2枚目のイエローカードとなって退場、国士舘は10人になる。
 その後はファールが多くなって荒れ気味の試合になる。毎度のことだが、審判だって人間だし…喧嘩腰で来たら喧嘩腰で帰ってくるよな(苦笑)。

 一人多くなった東海は84分に長身FWの笹嶋大を投入、2トップにシフトチェンジ。
 その直後になる86分、岩上祐三が蹴ったCKを笹嶋がジャンプ一番、打点の高いヘッドで合わせてゴール、同点に追いつく。

 そのまま試合終了。外から見ていれば「妥当」、国士舘からすれば「もったいない」、東海から見れば「拾った」引き分けだった。
 前半のような試合を今後も続けていると…落ちるかな?


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。