スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東リーグ一部第4節 FCコリア×さいたまSC

 関東大学リーグの2試合が終ったので、鷹の台駅まで戻り、駅構内のロッテリアで軽く飯を食べてからまた戻ってきての第3試合。この時間になると門は閉まっているので、


 第43回関東サッカーリーグ一部 前期第4節

FCコリア 1-4 さいたまSC
会場:朝鮮大学校サッカーグラウンド
天候:晴
試合開始:17時00分
観衆:50人
<得点>
 コ さ
 0-1 17分  さいたま 山手優
 0-2 29分  さいたま 北原学
 0-3 35分  コリア  ?(=OG)
 0-4 81分  さいたま 甲能光
 1-4 90+分 コリア  皇甫永実

<警告>
 25分 コリア  尹星二
 29分 コリア  趙栄基
 43分 コリア  卞憲洙
 55分 さいたま 工藤淳平
<退場>
 なし
FCコリア
さいたまSC
GK30金哲柱
DF15卞憲洙
   3張世奉
  33黄永宗
  21盧英孝
MF16趙栄基
  (→46分13白泰寅)
  10尹星二
   9金載東
   8皇甫永実
FW11金尚徳
  14金希大


GK 1上原克彬
DF32栗本侑季
   8大森直樹
   4石丸皓三
  33鎌田雄
MF13甲能光
  27奥山卓廊
   7大野恭平
FW17北原学
  25山手優
  (→79分23宮島利幸)
  14青木亮太
  (→53分24工藤淳平)
  (→68分20渡辺耕平)
システム:4-4-2システム:4-1-2-3
監督:李清敬監督:秋山健二

03-FCコリア×さいたまSC 002.jpg 03-FCコリア×さいたまSC 010.jpg
 まず2分、FCコリアは尹星二(ユン・ソンイ)のパスを受けた金希大(キム・フィデ)が左足を振りぬくが、枠を捉えられず。
 5分、さいたまSCは大野恭平のCKに石丸皓三が飛び込むが、空振り。
 8分、FCコリアは皇甫永実(ファンボ・ヨンシル)のCKに黄永宗(ファン・ヨンジュ)があわせたが、バーを直撃。
 
 どちらも決定機を逃していたが、17分、大野恭平が右サイドを突破してクロス、山手優がダイビングヘッド(っていうかヘッドを空振りして上がった足に当たったか?)を決めてさいたまが先制点。

 29分、左サイド中盤から大野恭平がFKを入れると、ファーで待っていた北原学が頭で合わせて2点目。

 35分、さいたまは中盤右よりからFK。大野恭平が蹴ったボールは壁のDFに当たり、そのまま大きく弧を描くようにゴールへ飛び込み、さいたまが3点目をあげる。
 さいたまSCは特に守備を崩したわけではなかったのだが、セットプレーから確実に得点していった。


 後半ももっぱらさいたまSCはサイドを徹底して突いて試合を優位に進めた。両サイドにスピードのある北原学、青木亮太を配置し、2列目からは奥山卓廊が飛び出してくる。これを操る大野恭平が今日は冴えていた。
 さらに、後半途中からポストになる山手優に代わって宮島利幸がまた効いていた。こちらもスピードがあるので勢いが増す、というものだ。
 で、81分にその宮島がスピードでコリアDFを完全に崩してクロス、MF甲能光がスライディングシュートで押しこんで4点目をあげる。

 FCコリアはロスタイムになって金尚徳(キム・サンドク)のクロスにMF皇甫永実がダイビングヘッドで決め、1点を返したが時既に遅し。
 そのまま試合終了、さいたまSCは3勝目をあげ、Y.S.C.C.と勝点10で並んでの3位に、一方のFCコリアは4連敗。

 FCコリアとしては、さいたまSCが大量リードで緩んでいた後半序盤に攻めきれなかったのが全てだったか。


 ちなみに、この試合を見ていたのは35~40人くらいだったが、ほぼ全てがさいたまSCの関係者だった(笑)。いつものサポグループに選手の家族に。朝鮮関係者はほとんどいなかった。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。