全日本女子選手権準決勝 日テレ・ベレーザ×浦和レッズレディース

 天皇杯がああいう結果になり、頼みはベレーザだけとなった。しかし金が欲しい某所による
「浦和に勝たせたい何か」
の気配を感じてはいた。

 で、中に入ると、ある意味予想通り、ある意味予想外な客入りで、いつもの場所ではなく、今回はバックスタンドに陣取って試合を待った。ちなみに某事務総長は一般席でお仲間と共に観戦(笑)


 第27回全日本女子選手権 準決勝

日テレ・ベレーザ 2-0 浦和レッド
ダイヤモンズレディース
会場:国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場
天候:晴
試合開始:11時00分
主審:大岩真由美
観衆:1,681人
<得点>
 日 浦
 1-0 60分 日テレ 永里優季
 2-0 78分 日テレ 伊藤香菜子(=PK)

<警告>
 なし
<退場>
 なし
日テレベレーザ
浦和レッズレディース
GK 1小野寺志保
DF22川上直子
  18岩清水梓
   3四方菜穂
   2中地舞
MF 5酒井與恵
   7伊藤香菜子
   9大野忍
  10澤穂希
FW19永里優季
  (→86分6近賀ゆかり)
  11荒川恵理子
  (→70分8小林弥生)
GK 1山郷のぞみ
DF 6木原梢
   2田代久美子
   5西口柄早
   7岩倉三恵
MF 4山本有里
  (→77分3笠嶋由恵)
   8高橋彩子
  14保坂のどか
  (→71分15法師人美佳)
  10安藤梢
FW19若林エリ
  24北本綾子
システム:4-2-2-2システム:4-3-1-2
監督:松田岳夫監督:坂庭泉
 序盤は自力に勝るベレーザがやりたい放題に攻撃をし、浦和は自陣ゴール前に釘付けとなっていた。しかし無得点でいけたのはGKが山郷だったから、としかいいようがない。
 中盤になって何とか浦和も持ち直したように見えたが、全体的に春と変わっていなかった。昨日の第1種チーム並みに運動量がない。さすが浦和レッズと直結しただけのことはある(稾)。


 後半になってようやく試合が動き出す。川上・中地の両サイドが浦和のDFを切り落とし、中盤が真綿でプレッシャーをかけてゆく。そして川上が右サイドを突破して中へ、永里がシュートし、こぼれたボールに永里がもう一度反応してゴールを開け、日テレが先制した。

 その後も日テレが攻め続け、77分に川上が西口に倒されてPKを獲得、PKを伊藤がきっちりと決めて2点目を挙げた。

 その後は危なげなく進み、試合終了。日テレが浦和に完勝し、元日の決勝へコマを進めた。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア