スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海社会人リーグ一部第2節 トヨタ蹴球団×中京大学FC

 豊田地域のサッカー観戦は二日目。まずは中京大学のグラウンドで行われた東海リーグへ。

 中京大学のサッカーグラウンドは豊田学舎にあり、最寄り駅は愛知環状鉄道の貝津になる。貝津駅を降りてそのまま突き当たりを右に曲がって後はそのまままっすぐ行き、坂を上ると左手に中京大学のキャンパスに入る道が。しかしそれを無視してそのまままっすぐ行くと右に駐車場があり、その奥がグラウンド。手前側からサッカー、アメフト、ラグビーのグラウンドだ。

 そのサッカー場は人工芝ではあるものの、水はけが悪く、あちこちに水溜り。どうやら土壌も悪そうだが、相当使い込んでる様子で芝が寝ちゃっている。関東だと朝鮮大学校のグラウンドがちょうどそんな感じになるか。
 
 なお、試合前にクラブハウスに行って、中京大学の部員に声をかけてプログラムをGet!。ただ、『貰った』格好なので追加は頼めなかったが(苦笑)。逆を言うなら、『売る』と言っていたら大量購入していったろうな…(爆)。


 第44回東海社会人サッカーリーグ一部 第2節

トヨタ蹴球団 1-4 中京大学FC
会場:中京大学豊田学舎サッカーグラウンド
天候:雨
試合開始:11時00分
観衆:20人
<得点>
 ト 中
 1-0 05分 トヨタ 田村亮介
 1-1 35分 中京大 日高良
 1-2 59分 中京大 #24
 1-3 62分 中京大 日高良
 1-4 72分 中京大 川村忠資

<警告>
 13分 トヨタ 鈴木淳也
 35分 トヨタ 飯田直樹
 48分 中京大 後藤龍之介
 58分 トヨタ 秋山誠
 75分 中京大 日高良
 90分 中京大 高原慎
<退場>
 なし
トヨタ蹴球団
中京大FC
GK31ロブソン・ゴメス・ジアス
DF16深江悟
  (→86分27大西隆太)
   3飯田直樹
  29秋山誠
  11杉山武
MF15増田充
  (→65分18好光玲)
   5金岡慶
   8河村洋志
  17深谷朋宏
  (→78分10牛島満)
FW22田原明
  13田村亮介
GK 1河野大輝
DF33横山健
   4後藤龍之介
   5小野純弥
  (→81分29吉田修平)
  32日高良
MF14楫司
  (→67分19阿部伶史)
   8今枝弘幸
  (→73分35本谷優)
  24

FW 9川村忠資
  10高原慎
システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:風村真伸監督:伊藤洋仁

トヨタ蹴球団×中京大FC 003.jpg トヨタ蹴球団×中京大FC 007.jpg
 トヨタ蹴球団は2006年度に愛知県2位から東海二部に昇格、その年4位、昨年2位で今年一部に昇格。ここのOBには日本代表にもなった浅野哲也(名古屋・浦和他、現湘南ベルマーレユース監督)がいる。

 中京大学FCは中京大学サッカー部(東海大学リーグ一部所属)のセカンドチームという位置づけ。大学のセカンドチームが社会人リーグに所属している例は結構あって、関東にはクラブ・ドラゴンズ(流通経済大)、北信越には'09経大FC(新潟経営大)・新潟医療福祉大学FC、関西にはBIWAKO SC HIRA(びわこ成蹊スポーツ大)・阪南大クラブなどがあり、各都道府県リーグにはもっとたくさんの例がある。ちなみにJFL所属の流通経済大、国士舘大(過去)、静岡産業大(過去)の場合は移籍手続きを伴わずに大学リーグのチームとJFLのチームを行き来できたので少々違うのかな…と。
 過去は2000年度に東海リーグに昇格、10位→3位で2002年度からは一部に所属。6位→5位→2位→2位→7位→5位→4位。2005年度の2位の時には地域決勝への出場を辞退して騒ぎになり、翌年の7位の時にはFC岐阜のJFL昇格で降格をまぬかれている。

 
 一応、グラウンドには荷物置き用(?)に屋根はあり、その中にいたが、試合が始まった途端に大雨、風もちょっとあったので雨が中に入ってきて役立ちはしない(泣)

 前半5分、トヨタは深谷朋宏がCKを入れる、DFにクリアされるが、拾った杉山武がシュートもGKがブロック。こぼれ球を田村亮介が押し込み、先制点をあげる。

 その後しばらくは五分に展開する。
 35分、中京大FCは左サイドの敵陣入ったところでFKを得る。#24がFKを入れると、日高良が頭で合わせて同点に追いつく。しかし、トヨタGKが無茶な飛び出しをして触れなかったから生まれたゴール、ではあったが。これは真後ろにいたトヨタのベンチ外メンバーも指摘していたこと。


 後半になると、中京大FCが試合を掌握し始める。
 59分、中盤右サイドでFKを獲得。このFKを#24がゴールに向かったボールを入れると、GKがキャッチし損ねてそのままゴールイン、逆転。

 62分、中京大FCは#24のFKから波状攻撃、2~3本シュートを打ち込んで最後は日高良がゴールをあげて3点目。

 72分、中京大FCは#24が右サイドをドリブル突破し、クロスを川村忠資が決めて4点目をあげる。
 1ゴール3アシスト(?)の#24は左足でのキックが良い。リーグのプログラムに名前がないので、4月に入学した1年生だと思うのだが…東海一部は極端に情報がないので教えていただければな…と。

 トヨタ蹴球団は後半はほとんど攻撃ができず。名古屋U-18→中京大と進んだ深谷朋宏が絡むといい形ができていたのだが、後半途中に交代させるとそれもなかなか…。


 そのまま試合終了。中京大FCが今季初勝利をあげた。トヨタ蹴球団は前節の静岡FC戦に続いての4失点での負け。
 この日のもう1試合はその静岡FCが浜松大FCに敗戦。今年の東海一部はどんぐりの背比べ?


 なお、この日の中京大グラウンドはその後東海社会人二部の2試合が行われ、
  ・Chukyo Univ.FC 0-1 MIND HOUSE四日市
  ・名古屋クラブ 2-3 FC鈴鹿ランポーレ

この2試合は見ずに次の会場に移動。
 また、東海学生選手権に出場中の中京大学トップチームは2-0で愛知学泉大に勝って準決勝に進出。
関連記事

テーマ : 地域リーグ(サッカー)
ジャンル : スポーツ

tag : 地域リーグ 東海社会人リーグ トヨタ蹴球団 中京大学FC 中京大学

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。