スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学 0-4 国士舘大学

総理大臣杯の関東予選は代表決定戦。Dブロックは中央大学と国士舘大学の一部校同士の対戦。

会場は中央大学多摩キャンパス。高幡不動から多摩モノレールで行ったのだが…遅い!あれでは赤字も当然だ!!
で、その中央大学へは『中央大学・明星大学』駅で下車。キャンパスは駅を出てすぐにあるのだが、サッカーグラウンドは駅からは一番遠い場所にある。バスターミナルからは近そうだが、こちらについては未調査。



序盤は五分五分。
13分、中央はFKを柴橋浩太が合わせるが、バーを直撃。このクリアを柏好文が受けてドリブル、ゴール前に持っていってシュート。ファーに流れたが蓮沼剛が飛びこみ、国士舘が先制。


後半は国士舘が面白いように攻めまくった。
55分、交代出場の菊池亮が素晴らしい反転ターンからシュート、ゴールをあげる。
64分には佐藤優平がグラウンドダーのパスを入れると、中で柏好文がスルー、その後方にいた高橋大が確実に決めて3点目。
後半ロスタイム1分には小島暢明がFKを直接沈めて4点目。

中央はロスタイム4分に山田佑介がCKのポジション取りの中で佐藤由将に肘打ち、一発退場と大敗に泥を上乗せ。
しかし、ベンチも本気でこの試合に臨んでいたのかも少々疑問に思う。後半半ば過ぎから佐藤秀行が足をつる仕草をしていたのに、全くベンチは動かず、サブメンバーもアップせずに座っているだけだったからな。


ま、とりあえず。
これで国士舘は大阪行き決定!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。