スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西にも役者がいるんだなぁ ~大学選手権準々決勝 明治大-関西大~

 大学選手権、市原臨海の第二試合は明治大と関西大の対戦。

 知ってのとおり、関西大は秋季リーグを8勝1分で優勝してきた。対して明治大は関東大学リーグの後期を10勝1分で走った(1分は優勝した流経大が相手)。共にこの秋最も勢いのあるチーム同士、ということになる。

 第一試合の時は晴れていたのにこの試合が始まる頃には曇天の下に。しかし後半にはまた晴れてきて。


 第55回全日本大学サッカー選手権大会 準々決勝

明治大学 1-2 関西大学
会場:市原緑地運動公園臨海競技場
天候:曇→晴
試合開始:13時50分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:砂川恵一
観衆:600人
<得点>
 明 関
 0-1 10分 関西大 阪本晃司
 0-2 26分 関西大 櫻田真平
 1-2 74分 明治大 橋本晃司

<警告>
 62分 明治大 森賢一
 81分 明治大 小川佳純
 87分 明治大 長友佑都
<退場>
 なし
明治大
関西大
GK 1関憲太郎
DF12長友佑都
   3石井秀典
   (→61分18末廣将志)
   4上川雄三
MF 2福田健介
  25坪内佑太郎
   (→46分20橋本晃司)
   6藤田優人
  15森賢一
   (→72分9田中洋一郎)
   7斎藤雅也
FW10小川佳純
  27林陵平
GK 1森田郁
DF28宇佐美宏和
   5松田智志
   4鄭鎮雄
  21大屋翼
MF 8木本敬介
  10安藤淳
   7北橋悠佑
  11吉村修平
   (→84分19川口真次郎)
FW 9櫻田真平
  17阪本晃司
   (→89分13森曜平)

システム:3-5-2システム:4-4-2
監督:神川明彦監督:川端秀和
 試合は関西大がペースをとる。中央にいる安藤、北橋を軸にして、右の木本、左の吉村、さらに2トップも絡んで明治大を攻める。

 逆に明大は攻守の軸となる金大慶が累積警告で出場停止。さらに悪いことにその代わりで入った坪内が役目を全うできず、チーム全体のバランスが崩れてしまったようにも。

 その明大のチェックが甘いところを見て、中盤から阪本がドリブル、そして矢のようなミドルシュートを突き刺し、関西大が先制した。

 さらに関西大は中央の阪本が左の吉村へふり、吉村が冷静に明治大DFの裏へ。抜け出した櫻田は押し込むだけ。

 前半は関西大が完全に明治大を圧倒。さすがに金大慶がいなかったのは大きかった。しかし金大慶のユニフォームをベンチに掛けて置くってのもどうかと思う。


 後半になっても関西大がペースをとる展開だったが、主審がパスカットしたり鹿島の某M氏が加勢したり、と全ての外的要因(?)が明大に味方した中盤以降は「お前ら、紫の服着た駒大か!」という位に明大が放り込みに移行、福田のアーリークロスをファーサイドで橋本が押し込み、1点差にする。

 その後も明大が2バック3トップにしてロングボールを入れてゴールに迫るが、関西大がどうにか凌ぎきった。


 しかし明大についたM氏と関西大についた「オイ!オイ!オイ!」ばっかり言っているオヤヂは笑えたなぁ(爆)。


 なお、西が丘の試合は
第一試合:早稲田大4-1立命館大
第二試合:流通経済大0(5PK4)0福岡大
となり、関西大以外は関東所属のチームが準決勝に進出した。

 そして、10日に西が丘で行われる準決勝のカードは
第一試合:駒澤大関西大
第二試合:流通経済大早稲田大
となった。
 なお、第一試合の駒澤大-関西大は昨年もこの準決勝で対戦していて、その時は駒澤大が宮崎(ロッソ熊本)がFKを決め、1-0で勝利している。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。