スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国社会人関東予選Dブロック1回戦 パイオニア川越×CERVEZA FC東京

 10月に千葉県市原市で行われる全国社会人選手権、通称「全社」の関東予選が始まった。関東からの出場枠が昨年から一つ減った関係上、一部のブロックは3回戦制になった。
 その全社関東予選、1回戦は駒沢補助、東芝府中で1試合、栃木グリーンで2試合が行われる。そのうちの駒沢補助に行ってきた。理由は…この後の予定とカードのレア度(笑)。

 パイオニア川越は埼玉県リーグ一部の所属。県内では結構な強豪で、昨年のリーグ戦では1位。しかし関東リーグ二部への昇格を決める関東社会人サッカー大会では1回戦で横浜GSコブラ(元横浜F・マリノスの外池大亮や元東京学芸大学の志連真人が在籍)に敗れた。
 昨年のメンバーには浦和レッズユースから日本大学・横河武蔵野FCにいたGK高祖景一がいたが…。

 CERVEZA FC東京は今年は東京都リーグ二部に在籍、現在5勝1分の首位。今年の天皇杯予選である東京カップでは2次戦で日立ビルシステム(関東リーグ二部)を破る星を挙げた。


 第45回全国社会人サッカー選手権
  関東予選Dブロック 1回戦

パイオニア川越
(埼玉県代表)
 1-0 CERVEZA FC東京
(東京都代表)
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場補助競技場
天候:曇
試合開始:11時00分
試合形式:80分+延長20分+PK戦
<得点>
 川 東
 1-0 06分 川越

<警告>
 21分 東京 17番
 48分 東京 4番
<退場>
 なし

パイオニア川越×CERVEZA FC東京 001.jpg パイオニア川越×CERVEZA FC東京 006.jpg
 会場である駒沢補助競技場に到着したのは前半10分過ぎ。その前にパイオニアが先制ゴールをあげていた(苦笑)。

 その後はややパイオニア優勢で試合が進む。後半半ばの65分にはCKからゴールか、というのがあったが、オフサイドで取り消された。

 CERVEZAは後半終盤にカウンターから決定機を掴んだが、パイオニアDFのブロックに潰された。
 

 試合はそのまま1-0でパイオニアの勝利。次戦は関東リーグ二部の東邦チタニウム。果たしてどうなるのかねぇ。



 ちなみに、この後行く予定だった第60回早慶定期戦は雨がひどくなったため回避。また、この会場ではこの後関東リーグ二部のエリースFC東京×ヴェルフェたかはら那須の試合があったが、この試合の存在に全く気がついていなかった(爆)。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。