スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうアピールは吉になったのか? ~NEO川崎大会前夜祭&アイスリボン~

 柏の葉の試合の後は新宿に一旦寄ってから川崎へ。新宿の金券屋では有明のbjリーグが1000円で売られていたので一瞬グラッときたが初志貫徹(笑)。

 今回の会場となった川崎LAZONAはもともとはの工場だったところに作られた複合ビル。その4階にあるナムコのゲームセンターの一角が会場だった。
 にしても、開始30分前に寄って見たところ、ちらほらと席に座っているのがいて、他のところを見て回ってから15分前にもう一度来たらいやびっくり、ぎっちり満員でやんの。さすが、というか…
070217_1750~0001.jpg 070217_1804~0001.jpg 070217_1805~0001.jpg


 ここでは翌日に川崎市体育館で行われる大会の記者会見とアイスリボンの試合を4つ、というラインナップ。
 
 まずはタニー・マウスと野崎渚のアイスリボンの試合
 これはどうということのない普通の試合。タニーが逆エビで野崎を下す。
070217_1808~0001.jpg 070217_1812~0001.jpg


 続いて記者会見を3試合分。
 まずはセミにおかれた
元気美佐恵
高橋奈苗(SUN)
 VS 日向あずみ(JWP)
里村明衣子(センダイガールズ)
から元気・里村・日向の3人。奈苗は試合のため欠席。
里村:川崎は5年前にアジャからベルトを取った時以来。他の3人と共に最高のボルテージで闘いたい。
元気:どう考えても120%熱くなる。女子プロレスの本当の面白さを見に来てください。
 続けて第3試合の松尾永遠VS栗原あゆみ
栗原:自分たちの試合がメインのつもりで
松尾:(横浜出身で)友達も一杯くるので絶対勝ちます

 続けて三田英津子と木村響子の試合。これは凶器自由のハードコア・ルール。木村は所用のため欠席。
三田は「木村は今一番プロレスを楽しんでいる。だからこちらも楽しみ」とタイトルとは違って木村を高く評価していた。 
070217_1823~0001.jpg 070217_1829~0001.jpg


 その後はアイスリボンの試合を二つ。まずはみなみ飛香-聖奈の3分間勝負。
 どちらも決め手がなく、0-0とどちらもポイントを取れずにドロー。
 続けてさくら&りほVS石井美紀&きのこのタッグ戦。
 きのことりほは前の二人と同じ小学生ながら流石に舞台慣れしている。最後はりほが石井をローリングクラッチホールドで決めて終了直前に決着。
070217_1845~0001.jpg 070217_1849~0001.jpg


記者会見その2。
 一つ目はアメージング・コングと井上京子のAWA戦の調印式から。
京子:前の記者会見とは違って、直前になると緊張感も出てきた。ぜひ勝ちたい。
 マシンガンズ軍とさくらリボン軍7対7はマシンガンズが登場。
タニー:社長夫人が団体に口を出すと団体が潰れるから反対だ。
さくら:私は口を出します(笑)。でもそれは団体が良くなる方向にです。

 最後はNEO二冠戦の調印式。
浜田:今まで接点のなかったNEOからオファーが来た。今後はこの試合次第で。
田村:NEOにとっての大きな舞台。13度目の防衛をきっちりと決めたい。

070217_1859~0001.jpg 070217_1906~0001.jpg 070217_1916~0002.jpg


 最後にアイスリボンをもう1試合。元気美佐恵&希月あおいVS三田英津子&真琴のタッグマッチ。
 真琴は無気力女子高生として一部で話題になった、らしい。希月とはまともに組むのだが、元気を見ると逃げ出す…。身体的スケールは元気や三田と遜色ない大きさなので、何かに気がついたらえらいことになりそうな気もする。
 試合の最後は元気が真琴を抱えあげたところでギブアップ。まあ、わからんでもないがな。
070217_1918~0001.jpg 070217_1921~0001.jpg 070217_1924~0001.jpg


 その後はちょっとしたファン感謝祭みたいなものをやって、終了は19時35分近く。ずいぶん予定より伸びたな(笑)。
CA340045.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。