スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また変わる天皇杯

Jチームは2回戦から登場 サッカー天皇杯(スポーツナビ)

 日本サッカー協会が9月に開幕する第89回天皇杯全日本選手権で、Jリーグ1部(J1)と2部(J2)の全36チームを2回戦から参加させる案を固めたことが8日、分かった。17日の実施委員会で最終的に決まる。
 従来はJ1チームは4回戦、J2は3回戦から登場していた。日本協会関係者によると、早い段階からJチームを参加させることで大会の活性化を図り、他チームの意欲を高めることなどが目的という。
 また、前回大会でJ1大分などが直近の試合から先発メンバーを大幅に入れ替えたことが問題となったことから、今大会の大会要項に「ベストメンバーで臨む」との趣旨の文言が記載されることになった。


 実はこの話、2月には知っていたけどね(笑)。なぜなら、ガンバ大阪の日程スケジュールページで既に書いてあったからね(注記を参照)

 さらに『ベストメンバー規定』ってのも…。まあ、昨年大分に噛みついた会長さんの理想は全ての試合でメンバーが変わらない「11人サッカー」なんでしょうから。ほら、オジェックの浦和とか(笑)
 ちなみに、ベストメンバー規定とはJリーグ規約の以下の部分になる。
第42条〔最強のチームによる試合参加〕
1. Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない。
2. 第40条第1項第1号から第3号までの試合における先発メンバー11人は、当該試合直前のリーグ戦5試合の内、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならず、詳細に関しては「Jリーグ規約第42条の補足基準」によるものとする。
 で、その「Jリーグ規約第42条の補足基準」はこちら
 ちなみに、この規約で一番気になったは、日本文なのに『、』『。』でなく、『,』『.』を使っていることなのだが(苦笑)


 で、出場枠について。
 J1・J2が2回戦から出るということは、2回戦で64、つまり7回戦制になる。決勝まではJ1が2試合・J2が1試合増になる。
 で、2回戦に出場できるのが64と仮定すると、J1・J2合わせて36を占めるので、残りは28になる。その28の枠を1試合で争うので1回戦に出場するのは最大56。そうすると、都道府県代表枠で47を撮るので残りは9枠。
 さて、その“9”なのだが…現在わかっている別大会でのシードはJFLから4、大学から1。

 ということは、JFLでのシードも2回戦から登場なのか…。なんかつまらんノウ。ここはひとつ前年度の『全国社会人選手権』と『全国クラブチームサッカー選手権』の優勝チームにも出場権を与えて、多様性を極めたほうがいいと思うのだが(笑)。で、JFLシードの3位・4位は1回戦から出場、と。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。