スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第27節 横浜FC×水戸ホーリーホック

 狭山から東上線→副都心線→東急東横線と行って横浜へ。横浜駅でのバスの並びが、昨日のように階段まで並んでいるということもなく、すいすいと到着。
 スタンドはさすがに昨日ほどは入っていない。まあこれは当たり前だが、バックスタンドが非常に酷い。後発なので集客が難しいのはわからないでもないが、昨日とのアレだけの差は…料金設定が間違っている、としか言えないのだが。


 2009日本プロサッカーリーグ二部 第27節

横浜FC 0-0 水戸ホーリーホック
会場:横浜市三ツ沢公園ニッパツ三ツ沢球技場
天候:曇
試合開始:18時03分
主審:東城穣
観衆:2,585人
<得点>
 横 水
 なし

<警告>
 07分  水戸 遠藤敬佑
 43分  横浜 中田健太郎
 44分  水戸 大和田真史
 45+2分 横浜 中田健太郎
 61分  横浜 須藤右介
 65分  水戸 高崎寛之
 68分  水戸 村松潤
<退場>
 45+2分 横浜 中田健太郎(警告2枚)
横浜FC
水戸ホーリーホック
GK21大久保択生
DF 6吉田正樹
   3八田康介
   2早川知伸
  13片山奨典
MF18西田剛
  25須藤右介
  29鄭容臺
  22中田健太郎
FW23中野裕太
  (→60分19難波宏明)
   9池元友樹
  (→81分11三浦知良)

GK 1本間幸司
DF 3保崎淳
   4鈴木和裕
  32大和田真史
   2小澤雄希
MF 8菊岡拓朗
  14金泰撚
  (→46分11高崎寛之)
   7村松潤
  19森村昂太
  (→80分17金澤大将)
FW23遠藤敬佑
  (→54分22森賢一)
  13吉原宏太
システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:樋口靖洋監督:木山隆之
横浜FC×水戸 001.jpg 横浜FC×水戸 007.jpg
横浜FC×水戸 011.jpg 横浜FC×水戸 018.jpg
 中野裕太、中田健太郎、西田剛といった若い選手を多く起用した横浜FCが最初から全開に飛ばしていく。圧倒的に走ってプレッシャーをかけてミスパスを誘い、ボールをつなぎ水戸を圧倒的に押しこんだ。それは守備時にも発揮され、どんどん体をぶつけてボールを奪ってゆく。やや遅れ気味でファウルになったものもあったが、明らかに水戸の選手を気合で上回っていた。

 水戸はそんな横浜FCの勢いに圧されていた。特に中盤4人は腰が引けていた。

 前半ロスタイム、自陣奥深く、中田健太郎が保崎淳とのマッチアップの中、水戸ボールのスローインと取られた判定に対し、ボールを投げ捨てて遅延行為を取られて警告、これが2枚目で退場。1枚目も大和田真史に対するアフタータックルだっただけにもったいない、というか無駄なファウルというか…。


 後半開始と同時に水戸は負傷で温存した(?)高崎寛之を投入。ポイントができたことにより攻撃の形が作れるようになり。水戸が攻め込むようになる。しかし最後の部分で崩しきることはできず、よしんば崩せても横浜FCのGK大久保択生が立ち塞がった。64分に後方からのパスに抜け出した高崎のシュート、76分の高崎のボレーシュートを防いだのは見事であった。

 横浜FCは後半も全開に飛ばしたが、さすがに数的不利もあってか(試合中はすっかり忘れてた…)後半半ば過ぎからは足が止まり、水戸に一方的に攻められるもDFがしっかりと対応、そのまま引き分けに持ち込んだ。


 終了後の水戸サポからはブーイングも上がったが、前半の悪さを思えばそれもしょうがないところ。しかも次節、次々節は高崎寛之が出場停止とか。中盤の正念場だ…。


 ところで…今日のメンバー紹介、大和田真史を「オワダマサシ」と言われてしまった…(苦笑)。とはいえ、時節柄を考えるともう一つボケてもらってもよかったが…(爆)
関連記事

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : Jリーグ J2 横浜FC 水戸ホーリーホック

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。