スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCチャンピオンズリーグF組第5節 川崎フロンターレ×アレマ・マラン

 AFCチャンピオンズリーグは各組とも第5戦を迎えた。日本では川崎フロンターレが日本勢初の決勝トーナメント進出を賭けてアレマ・マラン(インドネシア)と戦う。

 グループFに所属する川崎は、ここまで4戦して勝ち点10で首位を走っている。あと勝ち点1を取れば、決勝トーナメントへの進出が決まる。
 他3チームのうちで決勝トーナメントに進める資格があるのは、今日対戦するアレマ・マランしか残っていない。全南ドラゴンズ(韓国)は勝ち点では並ぶことができるが、川崎との直接対決の成績で敗退決定。残るバンコク・ユニバーシティ(タイ)は勝ち点で届かない。
 まあ、川崎はアウェイでの第一戦で3-1で勝ってきたので、1点差負け、もっと言えば0-2での負けでも決勝トーナメントに進出できることにはなるのだが。


 今日もやはりメイン下、6ゲートではインドネシアフードフェアを開催。(行ってないけど)もうこうなると調子に乗ってるとかそういう次元ではないよな。今度はリーグ戦でもやったりするんかな・・・


 AFCチャンピオンズリーグ2007
  グループF 第5節

川崎フロンターレ
(日本)
 3-0 アレマ・マラン
(インドネシア)
会場:川崎市等々力緑地公園陸上競技場
天候:曇
試合開始:19時00分
主審:ヴォ・ミン・トリ(ベトナム)
観衆:9,453人
<得点>
 川 マ
 1-0 03分 川崎 中村憲剛
 2-0 69分 川崎 中村憲剛
 3-0 79分 川崎 原田拓

<警告>
 なし
<退場>
 なし
川崎フロンターレ
アレマ・マラン
GK 1川島永嗣
DF19森勇介
   5箕輪義信
  13寺田周平
  (→73分3佐原秀樹)
   2伊藤宏樹
MF14中村憲剛
   4河村崇大
  (→58分15原田拓)
  29谷口博之
  11マギヌン
FW10ジュニーニョ
  16鄭大世
  (→70分7黒津勝)
GK 1ベントカ・カルディ
DF27スタジ
  29スナル・スラリマン
  24リチエ・ハリ・プラヴィタ
  16ラスモヨ
MF14アリフ・スヨノ
  11ポナリョ・アスタマン
  17アクバル・ラシド
FW13ジェナル・イチワン
   7ジェナル・イチワン
  21パトリシオ・モラレス



システム:4-3-1-2システム:4-3-3
監督:関塚隆監督:ミロスラフ・ヤヌ

5.9等々力 006.jpg 5.9等々力 012.jpg
 メンバー発表の前、DJが「アレマ・マランのサポーターの皆さん、遠いところここ等々力陸上競技場まで、ようこそお越しいただきました」と言うが、その頃はマラン応援組はまだ誰も来てなかったんだよなぁ。その後、30人程が2階に集まって来たが。で、この連中、日本語がベラベラだったり。

 出てきた両チーム、川崎はホーム用の水色×で、マランは。遠目から見ていると色が混濁していてよく見えてなかった。よくこれでマッチコミッサリーがOKを出したもんだと。
 ちなみにマランのユニフォーム、日本のチームで言うと上が甲府で下が大分のものにそっくりである。


 試合は開始3分にジュニーニョのクロスを中村憲剛が受け、中に入って左足でシュートを決め、あっさりと先制。
 しかしその後はすっかり空気が緩み、川崎の攻撃はグダグダになる。憲剛やジュニーニョ、森なんかはいつもどおりの動きだったが、マギヌンや河村、鄭大世あたりは集中を欠いていたか。で、谷口は悪いほうでいつもどおりだった気も。
 マランもその空気の緩みを突き、結構素早い動きから決定的チャンスも作った。遠目だったのでなんともいえないが、34分にスタジ?のCKをファーでリチエが打ったヘディングシュートは一旦は川島永嗣を破ったし。

 後半は川崎が一方的にマラン陣内で試合を進めるも、ゴール前にボールが入ることは少なく。タル~イ雰囲気は崩せなかった。
 今回、12人の選手で日本にやってきたマラン、交代選手がいないため、さすがに後半も中盤になると選手の足が止まりだす。結局、川崎にそこを衝かれ、69分に中村憲剛にディフェンスの間を破られてシュートを決められ、さらに79分にはジュニーニョにクロスを上げられ、原田拓に豪快に蹴りこまれてしまう。思いっきり結果論になるが、唯一ベンチに入っていたGKヘンリー・オバをどこかでFWとして使うのもありだったのではないか、と思われる。
 面白かったのが、途中マランのラフプレーに森勇介が激高する場面もあったが、箕輪義信とサポーターが押し留めさせる。そのときのコールが勇介勇介勇介…」ってどんどん大きくなっていったこと。いや、今日一番気持ち入っていたのはこれでしょ?

 そしてロスタイムの3分が過ぎ…
5.9等々力 016.jpg 5.9等々力 017.jpg
5.9等々力 018.jpg

川崎フロンターレ、日本勢初のアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出決定!
※『決定!』は手書き文字で(爆)

楽しい(?)中東に向かって
元気よく、せーの
ばんざ~い!
ばんざ~い!!
ばんざ~い!!!



携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

誰も突っ込まないようなので不肖私がひとつ

ニューヨークへ行きたいかー!

そろそろばら撒きクイズの予感がする。



アウェーに行かれる川崎サポの皆様(多分ここにはいないと思うけれど)。

くれぐれも中東諸国にお酒だけは持ち込まないように。サウジあたりだと有無を言わせず国外退去処分になります。

韓国・中国の場合は、鹿島・浦和以上にグッズの取り扱いにご注意のほどを。

嫌がらせ程度は序の口ですし、「日本人相手なら何をやっても良い。」と考えている連中がいる国ですから、何があっても忍耐だけが肝心です。

Re:誰も突っ込まないようなので不肖私がひとつ(05/09)

>韓国・中国の場合は、鹿島・浦和以上にグッズの取り扱いにご注意のほどを。



どうも、そういうイメージが付きまとってるみたいですけど、実際にはそんなことはありません

中国でアイスホッケーの応援をやった人間が言っているんです、間違いありません

よっぽどまずいのは囲まれたときに挑発じみた応援に応戦しないこと、韓国で2000人フルキャパで囲まれたことからの経験ですね、格好以上に言葉を無視することだけです

こうやって危ない危ないと煽ってる方がよっぽど危ないですよ





そもそも川崎さんは今年も韓国でホームジャックをしているので、全北程度なら問題ないでしょう
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。