スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第14節 横浜F・マリノス×ジェフ千葉

 J未観戦を見る、今回のターゲットはマリノスになる。

 味の素から日産へ移動。飛田給→明大前→渋谷→菊名→新横浜が今回のルート。正直、料金的にもルート的にも少々微妙な感じもする。特に横浜線区間が(笑)。

 で、今日は昼に交流戦の横浜-千葉があった、ということもあり、『湾岸対決』とかいう煽りを入れてベイスターズ・マリノスのコラボイベントを企画。マリノス一家ホッシーズはもとより、犬軍団阿呆鳥一家も来ていた。
う~む、たしかマリノス一家と阿呆鳥一家は同じ生物を基にしているはずなのだが…どうしてこんなに形状が違うのか(笑)。


 2007日本プロサッカーリーグ一部 第14節

横浜F・マリノス 1-0 ジェフユナイテッド
市原・千葉
会場:横浜国際総合競技場日産スタジアム
天候:小雨
試合開始:19時03分
主審:松尾一
観衆:23,028人
<得点>
 M 千
 1-0 68分 横浜M 吉田孝行

<警告>
 15分  横浜M 吉田孝行
 38分  千葉  水本裕貴
 70分  横浜M 山瀬幸宏
 72分  横浜M 吉田孝行
 90+3分 千葉  黒部光昭
 終了後 千葉  水野晃樹
<退場>
 72分 横浜M 吉田孝行(警告2枚)
横浜F・マリノス
ジェフ千葉
GK 1榎本哲也
DF 4那須大亮
  30栗原勇蔵
  22中澤佑二
  13小宮山尊信
MF35河合竜二
  17吉田孝行
  10山瀬功治
  32山瀬幸宏
FW15大島秀夫
  (→80分6上野良治)
  11坂田大輔
  (→87分27斎藤陽介)

GK 1立石智紀
DF 4水本裕貴
   5イリアン・ストヤノフ
   3斎藤大輔
  (→83分37朴宗真)
MF 8水野晃樹
  15中島浩司
   6下村東美
  16山岸智
  22羽生直剛
  (→69分20工藤浩平)
FW18巻誠一郎
  11新居辰基
  (→63分9黒部光昭)
システム:4-1-3-2システム:3-4-1-2
監督:早野宏史監督:アマル・オシム

6.9日産ス 005.jpg 6.9日産ス 007.jpg
6.9日産ス 012.jpg 6.9日産ス 017.jpg
 開始1分、横浜Mは坂田のパスから大島がゴールするが、これはオフサイドで取り消される。

 その後は横浜Mペースで進む。横浜Mは山瀬功治や小宮山尊信が効いていたのはもちろんだが、それ以上に機を見た河合竜二の攻め上がりが効果的。守備でも結構効いていたし、(今さらだが)ここに来て大成功といえるだろう。

 千葉はワンタッチパスをつないで攻めるのだが、パスが全て足元に入り、止まって受ける形に。動きが少なく、横浜MのDFを振り切ることは出来ず。

 横浜Mのペースで展開したが、先制したのは後半も半ばの68分。小宮山のクロスがファーに抜け、走りこんだ吉田孝行があわせた。

 しかし4分後にその吉田が2枚目の警告を受け、10人となる。その後はストヤノフも絡んできた千葉の猛攻を受けるが何とか凌いでいた、が。

 ロスタイムも3分を過ぎた頃、ストヤノフのクロスに黒部光昭がヘッドで合わせた、がオフサイドをとられてノーゴールになり一悶着あり。水野は試合が終わってからも主審につめより、ストヤノフは挨拶もせずにスタコラサッサ…。


 千葉は一見いいサッカーをしているように見えるだけに、状況はより深刻なのかも。来年は関東大学でフクアリが使えないことも覚悟しなくてはならないのか…


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。