スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国社会人選手権関東予選Cブロック1回戦 矢板SC×佐川コンピュー ターシステム

 全国社会人選手権の関東予選、大井第二での第2試合は関東一部の矢板サッカークラブと東京都三部の佐川コンピューター・システムの対戦。


 矢板SCは昨年はあわや地域決勝?という快進撃を見せながら終盤に失速して3位。JFL昇格を打ちだして臨んだ今年は最下位に沈んでいる。

 佐川コンピューター・システムは東京都三部の所属だが、合併した佐川急便東京から流れた選手も数人在籍している様子。昨年までいた組では川村亮介が在籍しているのはわかっているが・・・。なお、なぜかYouTubeには5月20日にやった城北ランシールズ戦の映像がある。
 なお、佐川コンピューター・システムは2005年の全国クラブチーム選手権で優勝している。今回の全国社会人選手権関東予選に出場している28チームで、日本一の経験があるのはここと厚木マーカスだけである。もちろん自衛隊大会のことだが(笑)。


 第43回全国社会人サッカー選手権大会
  関東予選Cブロック1回戦
矢板サッカークラブ 0-1 佐川コンピューター・システム
会場:大井ふ頭中央海浜公園第二球技場
天候:曇
試合開始:12:46
試合形式:80分+延長20分+PK戦
<得点>
 矢 佐
 0-1 44分 佐川 14番

<警告>
 32分  矢板 鈴木宏明
 63分  矢板 代田聡
 65分  佐川 15番
 77分  佐川 9番
 80+1分 矢板 阿部剛士
<退場>
 なし
矢板SC
佐川コンピューター・システム
GK 1小宅晃精
DF12大西将
   4鷹觜倫弘
  13代田聡
MF20鈴木宏明
  (→61分14高橋勇貴)
  17直箟竜次
  (→33分22郷間健一)
   6阿部剛士
   8高橋郁夫
  11林政行
FW 9稲若健志
  10井上卓則

GK 1
DF22
  53
  13
MF18
  15
  (→74分23)
   6
  (→35分7)
   8
FW14
  20
  (→55分2)
   9
監督:菊地建夫監督:
システム:3-4-1-2システム:3-4-3
7.1大井第二 011.jpg 7.1大井第二 015.jpg
 前半は佐川が攻める展開になるが、何度かチャンスを潰しているうちに矢板が攻めに出るようになる。しかし矢板はほとんどチャンスを作れずに前半を終える。
 それよりもこの前半はケガ人が・・・30分に矢板の直箟竜次が負傷して担架で退場すれば、32分には佐川の6番が右足首を強く負傷してやはり担架で退場する。特に佐川の彼は相当痛がっていたので大丈夫か、という気にもなる。ハーフタイムに救急車も来ていたので多分彼を運んでいったのだろう。
7.1大井第二 016.jpg



 後半早々、中盤から14番がロングボール。ただのロングボールのはずだがGK小宅晃精が目測を誤ってボールはゴールに吸い込まれた。
 その後は主審のチャージに関する判定が厳しく、そこから少々荒れ気味になるが、佐川も矢板も決定的なチャンスは作れず。


 その結果、佐川が1-0で逃げ切り、東京都三部(上から数えると8部相当)が関東一部(四部相当)を喰う大下剋上をやらかしたのだが…。


 とりあえず疲れてしまったこともあり、3試合目(ホンダルミノッソ狭山-東京23FC)は見ずに会場を離れた。一応、ここは順当な結果になったんだな(ルミノッソが2-0で勝利)。
 しかし、毎度のこととはいえこの大会は荒れるね
関連記事

テーマ : 関東サッカーリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : 全国社会人サッカー選手権大会 矢板サッカークラブ 佐川コンピューターシステム 下克上

コメントの投稿

非公開コメント

余談

厚木マーカスは今年の自衛隊選手権も

制覇しましたが、スコアを見てみると

PK勝ちだったとか。

ちなみに、相手は埼玉県リーグの空自第三補給処(熊谷)です。

厚木も以前ほど強くはなくなったのかも。

(試合を見ていないので、断言は出来ないが)
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。