スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィックリーグ 千葉ロッテマリーンズ×オリックス・バファローズ 第11回戦

 火曜日から行われている千葉-オリックスの三連戦は企画をいろいろ打っていた。

 火曜は『特別応援デー』と銘打って全席1500円均一に。さらにプログラムに応援指南書までついていた。その分今回は(から?)スコアブックがなくなってしまった・・・(泣)。
 木曜は『ブラックブラックナイト』。マリーンズがホームゲームで初めてビジターユニフォームで試合に臨んだが…
アレ?黒パンじゃないの・・・??
 あわせてライトスタンドもほぼ黒一色。一部ライン状にがいたのが滑稽ではあったが。


 2007パシフィックリーグ公式戦

千葉ロッテマリーンズ 6X-5 オリックス・バファローズ
(第11回戦)
バファローズ
マリーンズ1X
(延長12回)
勝利投手:小林雅英(2勝2敗)
敗戦投手:大久保勝信(0勝1敗)
<本塁打>
 なし
<勝利打点>
 千葉 里崎智也 (12回・中越二塁打)
<併殺>
 5回 千葉 神田-西岡-福浦(打者:北川)
会場:千葉マリンスタジアム
天候:晴
試合開始:18時15分
試合時間:4時間19分
球審:佐藤純一
観衆:12,689人
オリックス・バファローズ
千葉ロッテマリーンズ
[中] 9平野恵一
[左] 3村松有人
[三]30グレッグ・ラロッカ
(→12回表代走44鈴木郁洋)
(→12回裏三12木本邦之)
[指] 8タフィ・ローズ
[一]23北川博敏
[右]25チャド・アレン
(→8回裏右36下山真二)
[二] 4阿部真宏
[遊]10大引啓次
[捕]27日高剛
(→9回表代打24後藤光尊)
(→9回裏捕2的山哲也)

[遊] 7西岡剛
[中]44早川大輔
[一] 9福浦和也
[右] 3大村三郎
[捕]22里崎智也
[指]50ベニー・アグバヤニ
[左]19マット・ワトソン
(→8回裏代打左25竹原直隆)
(→10回裏代打左10大松尚逸)
[三]58青野毅
(→9回裏代打33橋本将)
(→9回裏代走00代田建紀)
(→10回表三39田中雅彦)
(→10回裏代打三52塀内久雄)
[二]32根元俊一
  6トム・デイビー(6回)
 43菊地原毅 (2回)
 15加藤大輔 (1回0/3)
 13吉田修司 (  1/3)
●35大久保勝信(1回2/3)
 24吉井理人 (4回0/3)
 11神田義英 (4回)
 20薮田康彦 (2回)
  0荻野忠寛 (1回)
○30小林雅英 (1回)
監督:1テリー・コリンズ監督:2ボビー・バレンタイン
7.5千葉マリン 001.jpg 7.5千葉マリン 004.jpg
 千葉の先発は先週オリックスから移籍してきたばかりの吉井。初回の初球を平野恵一に合わせられ、続く村松にきっちりと送られ、いきなりピンチになるも、ラロッカをライトフライ、ローズをフォークで三振に取り、なかなかの立ち上がり。
 その裏の千葉。西岡はデイビーの前に三球三振に取られるも、早川がショートへの内野安打で出塁すると、福浦、サブローが連続四球で満塁に。里崎智也は三振し二死になるも、ベニー、ワトソンも連続押し出し。デイビーの制球の悪さに乗じて1安打4四球で2点を先制した。
 
 ところが2回に吉井はあっさりと捕まった。北川、アレンに連打され、阿部真宏のセカンドゴロで1点を返される。続く大引に西岡の頭を抜かれるタイムリーヒットを打たれて同点。さらに日高にライト線に持っていかれて二三塁。一番に戻って平野恵の初球にカーブが抜けてワイルドピッチ、大引が還って逆転…。さらに平野を四球で出して、ラロッカにライトへ打たれ、さらに二人が還る。で計5点。

 3回裏。今度はデイビーを捕らえて追い上げる。先頭の福浦がセンターへ、サブローがライトへ弾き返して一二塁。里崎がきっちり送って一死二三塁。続くベニーの打球はセンター後方へ。平野が背走してジャンピン具キャッチするが、悠々犠牲フライとなって福浦が還る。さらにワトソンがレフトにヒットを打ち、サブローが還って1点差に追い上げる。

 吉井は3、4回は三人ずつで抑え、さすがベテラン、といった趣はあったが、5回にラロッカ、ローズと連続ヒットを打たれたところで降板。今日昇格してきた神田義英がマウンドへ。
 無死一二塁というところだったが、神田は北川をピッチャーゴロの併殺打に打ち取り、アレンを三振にとってピンチを切り抜けた。
 神田は8回まで投げ、阿部真宏に2安打されるも、後はパーフェクト。細心(結構ポカも多かった気もするが)の吉井との対比が効いていたか?しかし8回アタマ、ブルペンの扉が開いたのは見逃していないぞ(笑)。

 4回以降はデイビー、さらに菊地原に手が出なかった千葉、ようやく9回になってから反撃開始。加藤大輔を攻め、先頭の青野の代打橋本が口火を切ると、西岡も続き二死ながら一二塁。ここで福浦がライト前へタイムリーをち、代田が還って土壇場で同点に追いつき延長戦へ。

 延長戦は10回に千葉、11回にオリックスが勝ち越しのチャンスを作るも決められず。
 12回裏、負けのなくなった千葉は先頭のサブローがライト線を破る二塁打で出塁。続く里崎もセンターを超える二塁打、これでサヨナラ勝ち。


 どうやら北の地では首位の北海道が涌井の前に轟沈し、千葉が代わって首位に立った。で、札幌で今日から直接対決ってことで。土日は『ビジター応援デー』ってことで行くのも多いとは思うが…は晒さんように
関連記事

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

tag : プロ野球 パシフィックリーグ パ・リーグ 千葉ロッテマリーンズ オリックス・バファローズ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。