スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかしここまで負けるか・・・? ~イースタンリーグ 湘南-浦和 第9回戦~

 今日は遠征も考えていたために仕事は年休をぶち込んだのだが、遠征は結局止めにした。かといって家にいるのも何だし、ということで、近辺で何かないかと探してみると・・・、あったよ、平塚が。
 試合が終わってから情報をチェックしていると…遠征を構想していた先は大雨だったそうな。

 ということで新宿→伊勢原経由で平塚球場へ。でも伊勢原からのバスがまるで把握できず、結局45分かかって球場前のバス停に到着。

070706_1756~0001.jpg バスを降りてすぐに球場への入口があり、今日の開催告知のボードが立っていた。
しかしよく見ると(よく見なくても可)
“湘南VSツテ”
になってる…

 どうやら上から差し込む形になっていたのだが、最後まで落ちなかった様子。下から引っ張ってみたけれど、動かなかった(爆)。

 こんなこともやっていたので、スタンドに入った頃には始球式が終わったところだった。
 客は湘南組ももちろんいたが、拍手の出方を見ると、千葉支援者も半分くらいはいた。


 2007プロ野球イースタンリーグ公式戦

湘南シーレックス 6-3 浦和ロッテマリーンズ
(第9回戦)
マリーンズ
シーレックス
勝利投手:三橋直樹(1勝2敗)
セーブ :橋本太郎(1)
敗戦投手:手嶌智 (1勝4敗)
<本塁打>
 3回 湘南 内藤雄太 1号 2ラン(投手:手嶌)
<勝利打点>
 湘南 内藤雄太(1回・右越二塁打)
<併殺>
 なし
会場:平塚市総合公園野球場
天候:曇
試合開始:18:00
試合時間:2時間46分
球審:橋本信治
観衆:694人
浦和マリーンズ
湘南シーレックス
[中]65南竜介
[遊]68早坂圭介
[捕]62金澤岳
[右]61角中勝也
[一]55神戸拓光
 (→8回表代打一63青松敬鎔)
[三]59細谷圭
[二]40渡辺正人
[左]57佐藤賢治
[投]17手嶌智
 (→5回表代打67新里賢)
 (→5回裏投63江口亮輔)
 (→6回裏投37林啓介)
 (→7回表代打64藤井宏海)
 (→7回裏投66末永仁志)
 (→8回裏投45松本幸大)
 (→9回表代打70定岡卓摩)
[左] 2内川聖一
[二] 4北川利之
[一]29新沼慎二
[三]32内藤雄太
[右]65西崎伸洋
[中]00河野友軌
[捕]49斉藤俊雄
[投]34三橋直樹
 (→6回裏代打40桑原義行)
 (→7回表投36堤内健)
 (→8回表投32松家卓弘)
 (→8回表投46佐久本昌広)
 (→8回裏代打61武山真吾)
 (→9回表54橋本太郎)
[遊]66木村昇吾


●17手嶌智  (4回)
 63江口亮輔 (1回)
 37林啓介  (1回)
 66末永仁志 (1回)
 45松本幸大 (1回)
○34三橋直樹 (6回)
 36堤内健  (1回)
 32松家卓弘 (  1/3)
 46佐久本昌広(  2/3)
S54橋本太郎 (1回)
二軍監督:71古賀英彦監督:76田代富雄

7.6平塚球場 001.jpg 7.6平塚球場 003.jpg
7.6平塚球場 012.jpg 7.6平塚球場 027.jpg
 先発投手は湘南が三橋直樹、浦和は手嶌智。

 ここまで湘南に対して勝ち星のない浦和。初回に早坂がヒットで出塁し、角中勝也が右中間深くへ二塁打、早坂が還って先制する。
 しかしその裏、湘南は内川、北川の連打で一二塁。新沼がきっちりと送って二三塁にすると、内藤がライトオーバーの二塁打を放つ。内川、北川が還ってあっさりと逆転する。
 3回の湘南は一死後から新沼がヒットで出塁、内藤がライトフェンスぎりぎりに落ちる滞空時間の長い本塁打で2点を追加。

 浦和は2、3、4回は三橋の前に完全に押さえられていたが、5回にようやくチャンスが出来る。二死から佐藤賢治が四球で出塁。続く手嶌智の代打で出た新里の打球はふらふらと上がってライトの前に落ちるポテンヒット、西崎が取り損ねて後ろに逸らしている間に佐藤が一気に還って1点を返す。

 5回は愛知学院大から入団した江口亮輔が登板。内藤、西崎にヒットを打たれたものの、無失点で抑えた。

 6回は林啓介がマウンドに。どうも担ぎ投げのような投球フォームだ。
 先頭の斉藤俊雄が四球で出塁、三橋の代打桑原義行がレフト前ヒットで無死一二塁。木村が送って一死二三塁とすると、内川がセンター後方に大きなフライ。タッチアップで斉藤が還り、桑原は三塁に進んで二死三塁となる。続く北川がセンターへ弾き返してさらに1点追加。続く新沼もレフトオーバーのヒットを放ち、北川が一気にホームを衝くがホームでタッチアウトになり、さらなる追加点はならず。

 7回表の湘南のマウンドは堤内健。一死後から佐藤賢治が四球で出塁。林の代打藤井の打球はセンターフライ。佐藤賢がハーフウェーにいたのを見た河野は一塁へ。佐藤賢は戻るが、中継した北川が落球。ここで佐藤賢は何を思ったか二塁を狙う。途中であることに気がついて戻ったが、一塁に戻ってタッチアウト。何をやっているんだ・・・

 8回表。この回の湘南の投手は前回の観戦時にも見た、東京大を出た松家卓弘。先頭の南は松家の足元を抜けるが、北川がうまく捌いてアウト。つづく早坂は四球を出し、金澤岳には0-3から背中に死球。まるで危険球のように降板。ベテランの佐久本に代わるが、角中は左対左をものともせずレフトに流し打ち、満塁にする。神戸の代打青松は三振したものの、細谷がレフトにタイムリーヒットを放って1点を返す。さらに満塁は続くが、渡辺正人はライトフライに倒れて1点どまり。

 8回裏は松本幸大が上がり、斉藤、武山、木村を打ちとって最後の反撃を待つ。しかし9回は橋本太郎の前に佐藤賢が三振、松本の代打定岡がレフト前ヒットを打って出塁するも、南がレフトフライ、早坂がセカンドゴロに抑えられてゲームセット。
 これで浦和は湘南に連敗。いくらなんでも負けすぎだよな・・・。しかし土日も負けて11連敗。え~~~と?


 帰りはサッカーで来る時のように平塚駅へ。駅前は平塚七夕祭りで大混雑。しかし楽しむ気がない人間にとってはただ鬱陶しいだけだな(苦笑)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。