スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期戦 早稲田大学×高麗大学校

 国立霞ヶ丘の第一試合は早稲田と高麗の大学定期戦。昨年は東伏見のグラウンドでやっていたこの定期戦、今年は早稲田が開校125周年ということもあって、霞ヶ丘での開催となった。

 この日は曇っていたが、試合開始30分前に雨が降り出してきて、試合開始を待っていたかのように大雨となった。狙い撃ちかよ・・・。


  早稲田大学創立125周年記念
 第45回定期戦

早稲田大学 1-1 
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:雨のち曇
試合開始:16時00分
主審:蒲澤淳一
<得点>
 早 麗
 0-1 17分 高麗  イ・ヨンレ(=PK)
 1-1 37分 早稲田 渡邉千真

<警告>
 なし
<退場>
 なし
早稲田大
GK 1河野猛
DF20幸田一亮
   4金守貴紀
   5横山知伸
   3藤森渉
MF17中川翔平
  (→75分13松本怜)
   7鈴木修人
  (→86分6中島健太)
   2塗師亮
  10兵藤慎剛
FW 8山本脩斗
   9渡邉千真
  (→75分14首藤豪)

GK 1キム・グンベ
DF 5イ・ギョンヨル
  11ジョン・ウォングン
   4イ・セファン
MF 2オ・ジュヒョン
  16キ・ヒョンソ
  (→87分19パク・ジンス)
  10クォン・スンヒョン
  12イ・ジェクォン
  (→85分24イ・ヨン)
  15イ・ジェソン
  (→54分14キム・オソン)
FW 9イ・ヨンレ
   7イ・ジェミン
  (→71分13キム・ソンミン)
システム:4-4-2システム:3-4-1-2
監督:大榎克己監督:曹敏國
 高麗大の監督は曹敏國。FC東京のマッチデープログラムには日本での経歴は触れられていないが、(旧)JFLの中央防犯(元アビスパ福岡)でもプレーしていたこともある。もちろん、東京ガスフットボールクラブとの対戦経験もある。
 で、逆に早稲田のベンチを覗いてみると、大榎の足にはギプスが巻かれていた。月曜に行われた天皇杯の予選を見に行っていた知人によると、アキレス腱を痛めた、とのこと。


 試合は低調。
 16分に高麗大のイ・ヨンレが鈴木修人に突っかけてボールを奪うと、その鈴木修人がイ・ヨンレを倒してPKを与える。このPKをイ・ヨンレが自ら決めて先制する。

 37分に早稲田はCKを得て、混戦の中から渡邉千真が合わせて同点に追いつく。
 でも、それだけしか印象に残るものはなし。

 後半になると雨は止んだが試合の低調さはさらに増した
 早稲田も高麗も中盤でパスミスを連発し、まともな試合にはならなくなってきた。
 後半はスコアが動かなかったが、これは至極当然か。


 この試合から早稲田の秋を占うのは危険だが…インカレは出れるにせよ、覇権は厳しいかな。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。