スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理大臣杯1回戦 札幌大学×法政大学

 神戸ユニバーでの総理大臣杯1回戦。第2試合は札幌大学と法政大学の対戦。


 第33回総理大臣杯
  全日本サッカートーナメント 1回戦

札幌大学
(北海道代表)
 0-0 
 3PK1 
法政大学
(関東第2代表)
PK戦
法政7-弾5-止25-外19-○
札幌3-○18-止10-○2-○
会場:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
天候:曇一時雨
試合開始:18時00分
試合形式:90分+延長20分+PK戦
主審:川崎秋仁
観衆:150人
<得点>
 札 法
 なし

<警告>
  30分 札幌 青木圭
  42分 法政 富井英司
  62分 札幌 畠山直人
  92分 札幌 後藤裕樹
 106分 札幌 後藤裕樹
 107分 法政 米田賢生
<退場>
 106分 札幌 後藤裕樹(警告2枚)
札幌大
法政大
GK 1二瓶考太郎
DF 2背戸友貴
   3松田卓己
  13大塚健太郎
   6安藤謙佑
MF15渡部誠弘
  (→109分18鈴木優貴)
   7青木圭
   8清原圭介
  (→94分17二津竜士)
  10清原翔平
   9金田拓也
  (→63分14後藤裕樹)
FW11畠山直人
GK 1若田和樹
DF 2上野恭平
  19倉田健生
   5堀越寛人
   4板垣恵大
  (→72分20小檜宏晃)
MF 8深山翔平
  (→105分25米田賢生)
  14山岸純平
   7富井英司
   3浅田大樹
FW10阿部拓馬
   9深町伸太朗
  (→87分28真野亮二)
システム:4-2-3-1システム:4-4-2
コーチ:古川毅監督:照井博康
 札幌大は今年からコンサドーレ札幌から二人のコーチを迎え入れたが、こちらに帯同して来たのは古川毅一人だけ。もう一人の池内友彦はセカンドチームである札大GPを指導しているようだ。


 こちらは第一試合とは打って変わって重い試合になった。しかも前半が始まってすぐに短い時間ながらも雨が降ってさらに雰囲気は重く。
 そんな感じなのでどちらも主導権を握るところまではいかなかったが、どちらかといえば札幌大のほうがいいチャンスは作っていたのではないかと…て単なる贔屓目ですかな。

 後半になっても主導権を握るに至らず。結果、スコアレスで終了、10分ハーフの延長戦に。

 延長戦でも流れを作るまでには至らず。92分、106分に札幌は後藤裕樹が前線でのチェイシングが遅れてファウルになり警告を2枚もらって退場し、10人になる。しかし法政が札幌を崩すには足らず、スコアレスのままで試合終了、PK戦になる。


 PK戦の先攻は法政。
 1人目。富井英司は左ポストを叩き失敗、松田卓己は右に蹴って成功。
 2人目。堀越寛人は左に蹴るも止められ、鈴木優貴も止められ、どちらも失敗。
 3人目。米田賢生は上に外し失敗、清原翔平は左に蹴って成功。
 4人目。倉田健生は左下を狙い、GKに読まれるも成功。背戸友貴は右に蹴って成功。

 1人残して3-1にした札幌が勝利し、二回戦に進出。二回戦の相手は第一試合で勝った福岡大。なんと南北対決になった。


 前半と延長の試合中に雨は降ってきたが、ユニバーを出て駅に着く頃は雨は落ちてなく。
 神戸市地下鉄→山陽~阪神と乗って尼崎からは3月に開業した阪神なんば線の初乗りをしてから梅田に宿泊、といってもネカフェなのだが(苦笑)。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。