スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校総体1回戦 那覇西×帝京

 第2試合終了後、忍海駅までてくてく歩いて近鉄電車に乗り南下、終点の御所へ。ここから御所運動公園へのシャトルバスが出ていたので乗車。このバス、最初は大和高田~高田市~御所市民運動公園と結んでいて、「何で御所市内なのに・・・」と思っていたのだが、後から出た運行表には御所駅前で止まる便があったので一安心、と。
 ちなみに、今回はシャトルバスがあったからよかったものの、普段は公共交通機関での来場は不可能に近い。よしんばバスがうまくあったとしても(高田~新宮便)、最寄のバス停を降りてからが結構急な上り坂になっている。

 この会場も新庄第一県民運動場と同様、野球場と陸上競技場を合体させたような構造。こちらの場合は野球でいう外野スタンドがそのままバックスタンドになる。

 この会場での第三試合は沖縄代表の那覇西高校と東京第1代表の帝京高校の対戦。


 平成21年度 全国高等学校総合体育大会
  サッカー競技大会 1回戦

沖縄県立那覇西高校
(沖縄県代表)
 0-0 帝京高校
(東京都代表)
PK戦
那覇西3-○7-○8-○13-○5-止
帝京8-○15-○4-止5-○9-弾
会場:御所市民運動公園グラウンド
天候:晴
試合開始:15時00分
試合形式:70分+PK戦
主審:日比野真
観衆:350人
<得点>
 那 帝
 なし

<警告>
 02分 那覇西 當銘隆憲
 52分 帝京  中井將貴
<退場>
 なし
那覇西高
帝京高
GK12稲福千秋
DF14山内悠
   2津波明
   3与那覇昴
   5渡慶次力也
MF 7比嘉天
  13金城勇弥
   6小橋川建
   8滋野朝日
FW10上里成樹
  11當銘隆憲




GK 1内田裕久
DF 4杉原遼
   3中井將貴
   5徳武正之
   2長谷川優希
MF 8稲垣祥
   7田口慎太郎
  (→69分6小室勇吹)
   9廣瀬公紀
  10小角勇太
  (→44分13諏訪拓人)
  14平石直人
  (→36分15宗川智洋)
FW11池辺拓史
  (→60分16井澤壮典)
システム:4-4-2システム:4-2-3-1
監督:松田邦貴監督:廣瀬龍

03-那覇西×帝京 003.jpg 03-那覇西×帝京 007.jpg
03-那覇西×帝京 015.jpg 03-那覇西×帝京 017.jpg
 沖縄にある那覇西は当然として、帝京も見るのは結構久しぶり。前回見たのは2005年のプリンスリーグだったから約4年ぶりか…。


 2分、那覇西は自陣からFKを前線に入れる。當銘隆憲がボールを追うも、ゴールライン近くで帝京DFともつれて倒れ、鼻から出血。本来なら出血を止めてから入るところ、さらにはタッチラインから入るべきところをゴールラインからフラフラ入っちゃってイエローカード。すまんが、ちょっと笑えてしまった。
 その當銘は26分にいいシュートを放つが、GKが押さえた。

 帝京はサイドを強く意識して攻撃を形成。サイドを縦に突破してクロスを入れてきたが、そのクロスがFWに合うことは少なかった。


 後半はサイド攻撃が少しずつFWに合ってきた帝京がペースをつかみ出した。何回か決定的と思えたシュートもあったが、そのたびに那覇西の1年生GK稲福千秋がよく止めた。

 那覇西は最後の最後にビッグチャンス。70分、右サイドを當銘隆憲が抜け出して中に折り返す。DFは完全に振られていて合わせれば1点モノだったが、上里成樹が上にふかしてしまった。
 直後、今度は比嘉天が突破し、中にクロスを入れる。ファーで上里があわせたがこちらも枠を捉えられず。


 スコアレスのまま後半も終了、PK戦で決着をつけることに。先攻は那覇西。
 1人目。与那覇昴、稲垣祥、共に成功。
 2人目。比嘉天、宗川智洋、共に成功。
 3人目。稲垣祥は成功。杉原遼はGKがよく反応、失敗。
 4人目。金城勇弥、徳武正之、共に成功。
 5人目。渡慶次力也は右下スミを狙うも、GKに止められて失敗。廣瀬公紀はバーを直撃し失敗。
 失敗した廣瀬はそのまま号泣。

 那覇西がPK戦を制して2回戦に進出。2回戦はこちらもPK戦で勝ちあがった広島皆実が相手。しかし、PK戦のスコアが13-12って…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。