スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県サッカー選手権準決勝 ジェフリザーブズ×流経大柏

 今年は秋津で千葉県選手権が行われる。昔の準決勝は日曜成田が1試合、平日ナイター秋津が1試合だったのだが、近年は成田で2試合ってことで少々…なところも(といいつつ過去2年は成田で見ているが)。

 今年の準決勝の第一試合はJFLシードのジェフリザーブズと、ジェフユースを破って二種代表になった流経大柏の対戦となった。


 ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ(4-4-2)
  GK17上野拓也
  DF26安川洋介
    18竹田忠嗣
     4川上典洋
    15入江利和
  MF 8中原浩介
    (→46分9河野将吾)
    22野澤健一
    14野澤和良
    (→84分13木村直純)
    20蓮沼剛
    (→56分7河野太郎)
  FW10堀川恭平
     2鳥養祐矢
  監督  越後和男

 流通経済大学付属柏高校(4-2-3-1)
  GK 1須藤亮太
  DF13名雪遼平
    (→48分14野村隼人)
     3天野健太
     5秋山心
    (→56分15阿佐見佳久)
    16比嘉祐介
  MF 8村瀬勇太
     7中里崇宏
    18上條宏晃
    22河本明人
    (→53分9小島聖矢)
    10大前元紀
  FW11田口泰士
  監督  本田裕一郎

8.26秋津 002.jpg 8.26秋津 008.jpg
 今日の流経大柏は相手を考慮してか中盤の枚数を多くしてきた。攻めに出てくるだろうジェフの隙を突こうとする作戦だったか。
 対してジェフには少々相手を見くびったところもあったのか、それともいつもと違う午前中の試合に体が起きてこなかったか。10分前後は流経大柏に攻め込まれるが、徐々にジェフペースとなる。

 しかしこの試合には飲水タイムがある。この休憩が流れを変えた。再開直後、流経大柏が一気に仕掛け、大前と比嘉のワンツーから比嘉が抜け出して、まさかの先制点をあげる。
 しかし、この時にジェフはベンチ前で中原が右肘の治療をしていたのだが、ベンチサイドで攻防をしているのにピッチに入れた主審の判断はちょっとおかしい、と言っておく。

 その後は流経大柏は33分に村瀬がミドルシュートを放つがバーを叩き、38分にはCKからの大前のクロスに河本が飛び込むもヒットせず、とチャンスを潰していた。しかし守備が踏ん張っていてリードを保っていたが、ロスタイムにロングボールを堀川に決められて同点に追いつかれて前半を終えた。


 後半は足が止まった流経大柏に対して、選手を代えてリズムが良くなってきたJEFが一方的に攻め込む展開になる。
 しかしゴールは54分の河野将の一発だけ。足が止まるも懸命に頑張る流経大柏の前に、最後までゴール前で余裕を持てず。その結果、試合内容に比べてスコアは大きく差がつかなかった。


 まあ、流経大柏にとっては天皇杯よりも高円宮杯や高校選手権のほうが本番と言えるので、まあ…ね。なんせ今年は天皇杯1回戦と高円宮杯3戦目が同日開催になっているんでねえ…。

第12回千葉県サッカー選手権大会準決勝
会場:習志野市秋津総合運動公園サッカー場
天候:晴
試合開始:11時00分
試合形式:90分+延長30分+PK戦
ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ
1 1
2
得点:堀川(45+2分)、河野将(54分)
警告:中原(37分)、安川(75分)
退場:なし
流通経済大学付属柏高校
1 0
1
得点:比嘉(23分)
警告:秋山(18分)、阿佐見(64分)
退場:なし
関連記事

テーマ : 天皇杯全日本選手権
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。