スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第36節 東京ヴェルディ1969×徳島ヴォルティス

 秋津の千葉県選手権が終わっ後は、第3試合、ということで国立霞ヶ丘のJ2へ。

 秋津へは自転車で来ていて、その自転車を津田沼駅前の有料駐輪場に置いてから電車でGo!


 国立に着いて、アウェイのゴール裏に行ったら、水戸や千葉ロッテ(ビジター)で会う知人(…?)に遭遇、一緒に見ることに。

 しかし徳島、気がつけば水戸がすぐそこに、って状況だったのか…


 2007日本プロサッカーリーグ二部 第36節

東京ヴェルディ1969 1-0 徳島ヴォルティス
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:晴
試合開始:19時03分
主審:野田祐樹
観衆:5,243人
<得点>
 V 徳
 1-0 01分 東京V 船越優蔵

<警告>
 09分 徳島 石川裕司
 68分 徳島 小林康剛
 83分 徳島 丹羽大輝
 89分 徳島 西河翔吾
<退場>
 なし
東京ヴェルディ1969
徳島ヴォルティス
GK21高木義成
DF17土屋征夫
   4戸川健太
  14富澤清太郎
MF18海本幸治郎
   5ゼ・ルイス
   7名波浩
  (→59分15金澤慎)
  22服部年宏
  10ディエゴ・ソウザ
FW16飯尾一慶
  (→85分6菅原智)
  19船越優蔵
  (→59分23齋藤将基)
GK21島津虎史
DF16挽地祐哉
   4青葉幸洋
   3石川裕司
  32塩川岳人
MF17丹羽大輝
  11片岡功二
  (→63分24小山拓土)
  14石田祐樹
  (→56分9小林康剛)
  31熊林親吾
   8ダ・シルバ
FW33長谷川太郎
  (→86分6西河翔吾)
システム:3-4-1-2システム:4-1-4-1
監督:ラモス瑠偉監督:今井雅隆

8.26国立霞ヶ丘 004.jpg 8.26国立霞ヶ丘 006.jpg
 東京Vは先発に名波を起用してきた。この前に見た時はゼ・ルイスと菅原智の中盤の底が機能していたのだが、これを崩してまで名波を起用するのは賭けのような。

 試合は開始1分に早速動く。ゼ・ルイスからの縦パスを徳島DFがクリアミス。飯尾が詰めて奪い、DF3人をひきつけた上でのポストプレーを見せ、後ろから走りこんだ船越がミドルシュート!ゴール左にが決まって東京Vが先制する。

 しかしそこからは徳島にペースを握られる。6分にダ・シルバからのロングパスに石田が抜け出しGK高木と1対1。石田はループで狙うが高木がブロック、こぼれたところにもう一度石田が打つがこれも高木がストップ。
 9分にも熊林を軸にして左から右へと展開。最後は熊林が右から上げるが、長谷川の前で高木がキャッチ。

 徳島は思ったよりもしっかりと後ろからつないでいくサッカーを見せる。その中心になったのがディエゴ番として中盤の底に入った丹羽。しっかりと体を入れてボールを奪い、そこから確実につないでリズムを作る。G大阪ユース~G大阪時代は主にセンターバックをやっていたが、今年徳島に来てボランチに起用されることによって良さが出てきたのか。
 しかし徳島の難点はパスを決められるFWがいないこと。せっかくチャンスを作っても決められなければ…いや、今日に関しては高木がよく芽を摘んでいた、とも言えるのだが。

 東京Vはいい形で先制点こそ奪ったもののその後が続かない。パスミスが多く、徳島に試合の流れを渡してしまう。名波もパスミスを連発し、後半途中で交代。最近の東京Vの良さを完全に消す方向に回ってしまった。


 後半。徳島は両サイドバックのポジションを入れ替えて攻撃に出る。
 開始から15分は徳島が圧倒的に攻めていたが、チャンスを決められないまま時間が過ぎる。
 その後は東京Vが走り回る齋藤を軸にしてチームが回り始める。しかし金澤を筆頭にどうしろ、というくらいにシュートが枠を捉えられない…てそれは小林大悟からの流れか…
 徳島も残り5分で石川を前線に上げてパワープレーに出るが、そもそもボールが入らず。

 終わって見ればスミ1で終了。野球でいうなら(?)1回先頭打者ホームラン→以下27人ノーヒットで勝ったようなものだ。


 正直、この試合を総括すると内容は徳島、結果は東京Vという形になるので、選手を評価するには困る状況。
 東京Vの中の人も同じように考えていたらしく、MVPは唯一高く評価できる高木だった。
 当然だな。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。