スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西・夏のニ大トーナメントの中間見解

 ざっと振り返ってみよう

○高校総体
 3回戦まで終了、5日は休養日で6日に準々決勝。

 ベスト8に残ったのは神戸科技、前橋育英、玉野光南、大津、佐賀東、一条、中津工・東、米子北
 前橋育英を除けばものの見事に西日本勢に固まってしまったわけだ。そして、地域内でも上位じゃないところが勝ち上がっているのも特徴的かな。8強のうちプリンスリーグ一部に参戦しているのは大津、佐賀東、前橋育英の3つ。そのうち高円宮杯の“権利持ち”はなしなんだからねえ。
 プリンス二部には一条、神戸科技、玉野光南、米子北。中津工・東は県リーグだ。

 既に終った1回戦~3回戦で一番驚いたのは久御山×流経大柏かな。まさか流経大柏が一人に5点取られて負けてゆくとはネエ…さすがにビックリだ。


 なお、こちらの予想は大外れ(泣)。印を打った中で8強に残ったのは大津と中津工・東だけだな…。



○総理大臣杯
 5日に準決勝、7日に決勝。

 こちらもベスト4は全て西日本。静岡産業、関西、高知、福岡
 こちらは地道に強化してきたところが上がってきたかな、高知しかり、福岡しかり。
 しかし昨年に続いて関東は0か…。

 こちらは高知、福岡が残っている。


 はたして、後半戦の行方は?
 そして高円宮杯(高校総体)、天皇杯(総理大臣杯)への出場権を獲得するのはどこになるのか?

 て、それが見どころでいいのか・・・?


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。