スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本ユースC組第2節 東京Vユース-V神戸ユース

西が丘の第二試合は東京ヴェルディとヴィッセル神戸のJユース同士の対戦。

東京Vは一昨年のこの大会を征している。
今年はプリンスリーグ関東で3位になってこの大会に参戦。

V神戸はプリンス関西で4位。順位決定リーグで京都を相手にロスタイムに3点を奪い引き分けにもちこみ、最後の椅子を確保した。

バックスタンドには東京Vのサポが30人ほど、V神戸は夜のトップ(vs千葉、フクアリ)の前に駆けつけたサポが10人ほど。


  高円宮杯
 第18回全日本ユース(U-18)選手権
   一次ラウンドグループC第2日

東京ヴェルディ
1969ユース

(関東第3代表/東京)
 1-1 ヴィッセル神戸ユース
(関西第4代表/兵庫)
会場:国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場
天候:晴
試合開始:13:19
主審:中村貴俊
観衆:480人
<得点>
 東 神
 0-1 50分 V神戸 木村一貴
 1-1 79分 東京V 富所悠
<警告>
 40分 V神戸 八束侑毅
 75分 V神戸 飯尾竜太朗
<退場>
 なし
東京Vユース
GK 1高木駿
DF 3宮川勇貴
   4吉田啓祐
   5笠松亮太
  18高橋祥平
MF 7富所悠
   8奥田大二郎
   (→68分22山越享太郎)
  15久保木優
   (→46+分14高木俊幸)
  10河野広貴
  11真野亮二
FW27新村武玄
   (→69分13和田拓也)
GK 1松本涼
DF 3川岸裕弥
   4佐川雅也
   6原田健太
MF 2飯尾竜太朗
   5須崎奨
  10八束侑毅
   7岡崎大輔
   (→66分24片岡道則)
  19藤松明宏
   (→84分20上田悠太)
FW11辻智人
  14木村一貴
   (→88分13谷嶺臣)
監督:柴田峡監督:木山隆之
システム:4-2-3-1システム:3-4-1-2


前半は五分、というかむしろどちらも決め手に欠けた。

50分に岡崎のクロスに木村が体で飛び込みV神戸が先制する。
その後は両者ともに当たりに激しさを増し60分には東京Vの奥田とV神戸の岡崎がともに負傷退場する。
そして79分に東京Vは久富が同点ゴールを決め、同点に。その久富、気合いが入っていて吠える吠える。

試合はさらにヒートアップ。
87分には神戸の木村がシュートを決めるが、これがハンド(?)で取り消しに。これに一番熱くなっていたのがヴィッセル監督の木山隆之で、熱くなりすぎて主審に宥められるくらい。

試合はそのまま引き分け、勝ち点1を確保にとどまった。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。