スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌行きは持ち越しだ… ~クライマックスシリーズ第1ステージ第2戦 千葉-福岡~

 昨日から始まったパシフィックリーグのクライマックスシリーズ。第1ステージがマリンスタジアムで始まり、第1戦は千葉がまる2年勝てなかった天敵・斉藤和巳を打ち砕いて先勝した。今日の第2戦で勝てばもちろん、引き分けでもリーグ戦の成績が上位のため北海道の待つ第2ステージに進出が決まる。


 さて、当方は第2戦のチケットを先行発売で入手しており、「いざ鎌倉」ならぬ「いざ幕張と言わんばかりに出動した。いつものリーグ戦ではありえない開始1時間前にはマリンに着いてるって・・・
 でも、やることはいつものパターンだけどな。


 ヨドバシカメラ クライマックス パ
  第1ステージ第2戦

千葉ロッテ
マリーンズ

(リーグ戦2位)
 3-8 


福岡ソフトバンク
ホークス

(リーグ戦3位)
ホークス
マリーンズ
勝利投手:杉内俊哉
敗戦投手:小林宏之
<本塁打>
 4回 福岡 松中信彦  ソロ (投手:小宮山)
 5回 福岡 ブキャナン ソロ (投手:小宮山)
 7回 千葉 福浦和也  ソロ (投手:杉内)
<勝利打点>
 福岡 松中信彦 (1回・右中間二塁打)
<併殺>
 3回 千葉 サブロー-里崎(打者:川崎)
 7回 千葉 荻野-西岡-福浦(打者:柴原)
会場:千葉マリンスタジアム
天候:曇
試合開始:18時16分
試合時間:3時間13分
球審:秋村謙宏
観衆:29,411人
福岡ソフトバンクホークス
千葉ロッテマリーンズ
[遊]52川崎宗則
[二]46本多雄一
[指] 3松中信彦
[三] 9小久保裕紀
 (→5回裏一)
[左] 7大村直之
 (→9回裏左58辻武史)
[捕]70田上秀則
[中] 6多村仁
[一]00ブライアン・ブキャナン
 (→5回裏三5松田宣浩)
[右] 1柴原洋
[遊] 7西岡剛
[中]44早川大輔
[指]25竹原直隆
 (→8回裏代打指10大松尚逸) 
[右] 3大村三郎
[捕]22里崎智也
[左]50ベニー・アグバヤニ
[二] 4ホセ・オーティズ
[一] 9福浦和也
[三] 8今江敏晃


○47杉内俊哉 (7回)
 44水田章雄 (1回)
 14馬原孝浩 (1回)




●41小林宏之 (1回1/3)
 48高木晃次 (  1/3)
 14小宮山悟 (3回)
 12藤田宗一 (1回1/3)
  0荻野忠寛 (1回)
 49川崎雄介 (1回)
 30小林雅英 (1回)
監督:89王貞治監督:2ボビー・バレンタイン

10.9千葉マリン 004.jpg 10.9千葉マリン 008.jpg
 今回のマリンではホワイトボードが配られて、「これ出して応援して」ってやっていたんだけど、周りを見回すとほとんどボードを出してなかったな・・・


 千葉の先発は小林宏之。しかし今日はコントロールが決まってなかった。
 初回、先頭の川崎にセンター前にもってかれると、本多の送りバントを挟んで松中に右中間奥深くへツーベースを打たれて先制点を与えてしまう。さらに小久保にも打たれ、大村にセンターに打ち上げられて犠牲フライとなる。いきなり2点を与えてしまう苦しい展開に。

 2回も多村にヒットを打たれてブキャナンにはフォアボール(途中ワイルドピッチもあった)、柴原に送りバントを決められて二三塁。川崎を歩かせて満塁になったところで本多にセンター前に弾かれ、1点を失い、さらに満塁。ここで予想外のKOとなってしまう。
 松中、大村と左がいるので高木がマウンドに上がるが、松中は打ち取ったもののボテボテ過ぎてホームで刺せず、1点取られ、小久保デッドボールの後の大村にはショートの上を越される2点タイムリーを打たれて降板。さらに傷口を広げてしまった・・・。
 実は、2年前のプレーオフと昨日の第1戦に共通する傾向から、4点取られるまではまだ笑ってられたのだが、6点差ついてしまうと…2回とはいえさすがに逆転に現実感はなくなってしまったが。自分周辺の客はネガティブな野次しか飛ばしてねぇし…。

 千葉は3回に反撃開始。福浦、今江、西岡の三連打で1点を返すが、その後が続かず。表のサブローのレーザービームで持ち込みかけた流れを加速することができない。
 杉内も要所のコントロールは見事だったものの、そこまでもっていくのにかなり苦労していたけどなぁ…。

 しかし高木の後を受けた小宮山が4回に松中、5回にブキャナンに一発を浴びては勢いは完全にあちらのものになってしまう。それも先頭を打ち取ってさあ、ってところでの一発だから…。
 それでも5回途中から6回を藤田が、7回を荻野が抑え、反撃を待つ。

 7回に福浦に一発が出て3-8までいくも、そこまで。8回は水田、9回は馬原に抑えられた。


 今日に関しては見事に完敗。救いは川崎、荻野といった2年前を知らない組が雰囲気に慣れたことかな・・・。竹原はまだ慣れてない気がするが。

 泣いても笑っても明日には結果が出る
  悔いなきよう戦うのみ。


 私は…CTCのベストポジションで、と思ったがCTCは中継なし。TXは中継があるのだが、TVQ制作だからどう見てもAWAYモード。さて、どないすべか・・・
 こんな手もあるが、明日はかなり来そうだしな・・・
 
10.9千葉マリン 011.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。