スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ちはしたけどね… ~アジアシリーズ第1戦 チャイナスターズ-統一ライオンズ~

 3年目を迎えたアジアシリーズ。今年も東京ドームで全7試合が行われるが、顔ぶれはガラッと変わった。

日本代表はセントラル・リーグから初出場となる中日ドラゴンズ
韓国代表はこれも初出場のSKワイバーンズ
中華台北代表はやはり初出場、古豪の統一ライオンズ
そして、来年の五輪に向けて強化している中国代表
以上4球団がアジアチャンピオンの名を賭けて戦う。


 で、第1戦は中華台北代表の統一ライオンズと中国代表の対戦。

 統一ライオンズは1989年にチーム創設。翌年のリーグ加盟から現在までにリーグ優勝8回、年間優勝5回を誇る強豪。
 現在の監督は呂文生。今春までは日本人の大橋穣(阪急)が監督で、コーチ陣に酒井光次郎、井上修らがいたが、開幕1ヶ月したところで解任されている


 中国代表は来年のオリンピックに出場する選抜チーム。監督は元ロッテオリオンズのジム・ラフィーバー。


 KONAMI CUP
  アジアシリーズ2007 GAME1

チャイナスターズ
(中華人民共和国)
 5-9 統一ライオンズ
(中華台北)
ライオンズ
スターズ
会場:東京ドーム
天候:屋内(晴)
試合開始:12時02分
試合時間:3時間40分
球審:津川力
観衆:2,978人
勝利投手:フィゲロア
敗戦投手:徐錚
<本塁打>
 7回 統一 陳連宏 満塁 (投手:徐錚)
 7回 統一 陽森  ソロ (投手:徐錚)
 9回 統一 陳連宏 2ラン(投手:于磊)
<勝利打点>
 統一 陳連宏(7回・左越満塁本塁打)
<併殺>
 3回 統一 許聖杰-陽森-高國慶(打者:孫?)
 7回 統一 陽東益-陽森-高國慶(打者:孫?)
統一ライオンズ
チャイナスターズ
[捕]34高志綱
[左]65潘武雄
[三]20ティルソン・ブリトー
[一]68高國慶
[右]56劉芙豪
[指]50陳連宏
[二] 6陽森
[遊]32許聖杰
 (→6回表代打10施金典)
 (→6回裏遊8陽東益)
 (→9回表代打24グォ・ダイチ)
 (→9回裏遊)
[中] 7楊松弦
[中] 1孫嶺峰
[指]16候鳳連
[左]66張洪波
[一]13ジァ・ユビン
[遊] 9張玉峰
[右] 5馮飛
[三] 7孫?
[二]10劉広標
[捕] 8張振旺
 (→9回裏代打6李磊)



○57ネルソン・フィゲロア(7回)
 37蔡士勤  (1回)
 38曾翊誠  (1回)



 68卜涛  (4回)
 33陳坤   (2回)
●21徐錚   (  1/3)
 18王培   (1回2/3)
 63于磊   (  1/3)
 30郭有華  (  2/3)
監督:70呂文生監督:55ジム・ラフィーバー
 初回に統一は潘武雄が二塁打で出塁すると、高國慶がレフト前にタイムリーヒットを放ち、あっさりと先制する。
 しかしその裏、中国は先発のフィゲロアを攻め、二番の候鳳連がレフト前ヒットで出塁すると、張洪祐がライト線への二塁打で二三塁。四番のジァ・ユビンが低めの球を掬ってセンター前ヒット、二者生還しあっさり逆転する。さらに張玉峰もライト前に打ち、4連打。つなぎの野球で逆転に成功した。

 2回、中国は二死から候鳳連がレフト線への二塁打、張洪波がライト前にタイムリーヒットを放ち追加点をあげた。

 4回にもランナーを二三塁まで進めた中国、5回に張玉峰と馮飛の連打、さらに盗塁で一死二三塁とすると、劉広標がきっちりとセンターへ打ち上げ、犠牲フライとなって4点目を上げる。

 統一は毎回のようにヒットこそ出るものの、ランナーを先の塁に進められずに劣勢を強いられていたが、7回に爆発。
 一死から潘武雄が四球、ブリトーのレフト前で一二塁にすると、高國慶がレフト線への二塁打を放ち、ようやく1点を返す。さらに劉芙豪が四球を選び満塁にすると、陳連宏がレフトスタンドへ打ち込む満塁ホームランで一気に逆転。さらに陽森もライトへの一発。長打力とパワーで一挙に6点を奪い、試合をひっくり返した。
 中国はこの回からでた徐錚が大炎上。後ろにいくほど投手力が落ちてくる、というレベルだったってことか・・・。

 9回にも統一はパワーを見せる。劉芙豪を二塁において陳連宏。二打席連続となるホームランを放ちさらに2点を追加。やはりこの回からマウンドに上がった于磊を捕らえた。

 裏の中国は二死から馮飛、孫?の連続安打で1点を返し、なおも劉広標が四球を選びランナーを一二塁とする。ここででてきた代打は昨年岡島からホームランを打った李磊。しかし統一の抑え・曾翊誠の前に三振に倒れてゲームセット。


 統一が14本、中国が16本の安打を放った乱打戦となったが、長打力に勝った統一が終盤の本塁打攻勢でようやく勝利を収めた、というところか。
 しかし、どちらもランナーを進める、という点では淡白すぎたな。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。