スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本大学選手権A組第3日 宮崎産業経営大学×札幌大学

 今日は天皇杯の準々決勝、川崎-愛媛を埼玉スタジアムに見に行くつもりだったが、昨日の夜から降っていた雨が残っていたため断念。座れる場所に屋根がある夢の島で大学選手権を見ることにした。
 ということで新木場に着いたら・・・ピーカンでやんの(苦笑)

フクアリもピッチ状態は悪かったが、輪をかけて夢の島のピッチ状態は悪い。センターサークルのところに大きな水たまり、さらにピッチのいたるところに隠れ水たまりがあった。


 第56回全日本大学サッカー選手権
  A組第3日

宮崎産業経営大学
(九州3位)
 2-0 札幌大学
(北海道1位)
会場:江東区夢の島競技場
天候:曇
試合開始:11時30分
主審:前田敦
観衆:150人
<得点>
 宮 札
 1-0 38分 宮崎 麻生大治郎
 2-0 89分 宮崎 桑原健輔

<警告>
 29分 札幌 船田康太
 61分 宮崎 東宏樹
 64分 札幌 清原翔平
<退場>
 78分 札幌 青木圭(暴言)
宮崎産業経営大
札幌大
GK 1鍋倉伸明
DF 4塗木竜也
   5愛甲光
  15牧原秀幸
MF14永濱一茂
   6東宏樹
  (→82分13常松貴久)
  11迫田強
  10田上裕
  25前田将大
FW 9麻生大治郎
  19谷川拓弥
  (→81分18桑原健輔)

GK 1熊谷宗洋
DF24船田康太
  (→75分14石本学)
   5大塚健太郎
   2背戸友貴
  16三浦健一
MF18村上弾
   8板垣和之
  (→54分7青木圭)
  10清原翔平
   6東謙太郎
FW 9松田卓也
  11満生健
  (→79分23戸田幸祐)
システム:3-4-1-2システム:4-1-3-2
監督:笛真人監督:藤山和夫
 ピッチ状態の悪さにボールコントロール、キックがままならずに苦しんでいた。
 しかしその中でもきっちりと対応できる選手はいるもので、宮崎の田上、札幌の清原はさすがに10番を背負うだけのものは見せていた。

 序盤は札幌大もチャンスを作っていたのだが、時間が経つにつれて宮崎産経がペースを握り、何度も札幌ゴールに迫る。しかし、札幌のGK熊谷宗洋がなかなか鋭い反応を見せていて、ゴールに鍵をかける。この熊谷、高校(札幌第一)時代には高校選抜に選ばれてもいる。ちなみに同じ高校選抜には明治の関憲太郎(国見)も選ばれていた。

 38分、宮崎産経はCKを得る。このCKを札幌GK熊谷がこぼし、足元にいた愛甲光から麻生大治郎につながりゴールへ。ようやく(?)先制点をあげる。


 後半は宮崎産経が一方的に攻める展開となるが、追加点は終了間際。麻生大治郎のドリブルがこぼれたところを桑原健輔が決めた。
 これで今大会初勝利をあげた。

 札幌大は後半は宮崎産経に押され、ゴールに近づけず。実際に後半放ったシュートは1本だけだったし。
 そして78分には青木圭が宮崎産経のFK時に主審に暴言を言って退場。やることなすこと裏目に出た…。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。