スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本ユース選手権(U-15)決勝 ガンバ大阪 3-2 東京ヴェ ルディ

 昨日夜から降り続く雨の中を霞ヶ丘へ向かった。しかし、本八幡で都営線に乗り換えて新宿へ出てみると、雨はすでに止んでいたよ(笑)
 まあ、それでもいつ雨が降ってきてもおかしくない天候状態のため、電光掲示板下のスペースに席を取った。ここだと雨には濡れないからね。

 この決勝戦が天皇杯準決勝の前座として行われて3年たつが、この3年の優勝チームには一つの共通項が見られる
 それは、優勝したチームはトップチームが天皇杯準決勝に進出しているJクラブ、だということだ。
 2004年度は東京ヴェルディ、2005年度は浦和レッズ、昨年はガンバ大阪。
 ということは今年は…


  高円宮杯
 第19回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会決勝

ガンバ大阪
ジュニアユース

(関西代表/G組1位)
 3-2 東京ヴェルディ1969
ジュニアユース

(クラブユース準優勝/G組2位)
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:曇
試合開始:11時30分
試合形式:80分+延長20分+PK戦
主審:村上伸次
観衆:5,052人
<得点>
 G V
 0-1 25分  東京V 牧野修造
 0-2 40+分 東京V 小林祐希
 1-2 43分  G大阪 原口拓人
 2-2 46分  G大阪 望月聖矢
 3-2 49分  G大阪 山田幹也

<警告>
 44分 東京V 高野光司
 58分 G大阪 金大貴
<退場>
 なし
GK 1田尻健
DF 2山千代大斗
   3河浪啓介
   4金大貴
   5山田幹也
MF11川岸柊
  10望月聖矢
   8水野旭
   7大森晃太郎
FW 9原口拓人
  14小谷光毅
GK16キローラン菜入
DF15大木暁
   3高野光司
   4キローラン木鈴
  25菅拓也
MF 8牧野修造
  10渋谷亮
  14小林祐希
   5南部健造
FW 7高木善朗
   9相馬将夏
システム:4-4-2システム:4-1-3-2
監督:鴨川幸司監督:富樫剛一
 開始25秒にガンバがチャンスを作ったのを皮切りにして、両軍とも攻めあう好試合になった。惜しむらくは枠を捉えたシュートがほとんどなかったことか。

ヴェルディは25分にCKから南部健造が先制ゴールをあげる

さらにロスタイムに入ったところで高木善朗がガンバDFの間を強引に突破してゴール、2点リードして折り返す


後半になるとガンバの攻撃力が爆発する
43分に小谷光毅のスルーパスに原口拓人が抜け出してゴール

46分には原口がペナルティーエリア内でバックチャージを受けて倒され、PKを獲得
このPKを望月聖矢が決めて同点に

さらに49分、スルーパスに反応してDFのウラを取った山田幹也が決めて10分で逆転に成功した

その後もトップ同様に攻撃の姿勢を崩さなかったガンバがヴェルディを押さえ、15~16回のヴェルディ以来の連覇達成


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。