スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JサテライトリーグE組 ガンバ大阪×徳島ヴォルティス

 関西3日目もサテライトに。

 大阪モノレールの万博記念公園駅を降りて東(門真市・彩都西方向)へ向かう。閉園したエキスポランドの北端の通路を通っていくと歩道橋になる。渡りきって左の階段を降りると万博記念競技場に向かうが、右のスロープを降りていくとスポーツゾーンになっている。ここは北から野球場、アメリカンフットボール仕様の球技場であるフラッシュフィールド、旧球技場であるガンバ大阪練習グラウンドと並んでいる。
 旧球技場である練習グラウンドは天然芝のコートが1面、ほぼ芝生だがスタンドも残っている。また、スタンドの中央には石造りの部分もあって、そこに3~4人掛けの椅子が13~4脚あるのでそれはそれだ。
 なお、試合を行う際にはクラブハウスに近い東側にベンチを置き、観客スタンドはバック、という扱いになる。


 2009Jサテライトリーグ グループE

ガンバ大阪 3-3 徳島ヴォルティス
会場:万博記念公園内ガンバ大阪練習グラウンド(旧万博球技場)
天候:晴
試合開始:16時00分
主審:
観衆:人
<得点>
 G 徳
 0-1 10分  徳島  佐藤晃大
 0-2 54分  徳島  佐藤晃大
 1-2 69分  G大阪 平井将生
 2-2 86分  G大阪 平井将生(=PK)
 2-3 87分  徳島  林祐征
 3-3 90+4分 G大阪 寺田紳一

<警告>
 63分  徳島 麦田和志
 84分  徳島 安藤寛明
 90+3分 徳島 筑城和人
<退場>
 
ガンバ大阪
徳島ヴォルティス
GK29木村敦志
  (→46分26太洋一)
DF24星原健太
  28菅沼駿哉
   4高木和道
  13安田理大
MF16佐々木勇人
  (→46分8寺田紳一)
  25武井択也
  20倉田秋
  30山崎雅人
FW11播戸竜二
  (→46分33宇佐美貴史)
  18チョジェジン
  (→46分平井将生)

GK22日野優
  (→78分32阿部一樹)
DF17麦田和志
  (→67分30大原卓丈)
  16挽地祐哉
  27安藤寛明
  23筑城和人
MF 6米田兼一郎
  29六車拓也
  (→55分25大島康明)
  28菅原康太
  24井上渉
  (→76分11片岡功二)
  31佐藤晃大
FW10ファビオ
  (→57分19林祐征)
システム:4-4-2システム:4-2-3-1
コーチ:片野坂知宏ヘッドコーチ:小笠原唯志
 この試合は平日の開催、ということもあって両チームともユース他下部組織からの参加はなし。
 しかし、G大阪はスタメン11人の中に元日本代表が3人に元韓国代表が1人、とっても豪華な布陣だことで。
 ちなみに、両GKはガンバユースの先輩後輩になる。
 

 10分の徳島。後方からのロングボールにファビオが抜け出してドリブル。ペナルティエリアに侵入するも、木村敦志がよく見て止めに行った。木村が弾いたこぼれ球を佐藤晃大が落ち着いて流しこみ、先制。
 木村はお手本のような1対1の対応だったが…周りが戻ってこなかった。

 31分、後方からのボールを播戸竜二が受けて前に出す。曹宰?がヒールパスで流してDFを振ると佐々木勇人がフリーでシュート。しかし右に外れて同点ならず。この日の佐々木は何度か決定的シュートがあったが、ことごとく枠を外していた。

 前半は徳島1点リードで折り返し。


 後半開始と同時にG大阪はメンバーを入れ替え。実績のあるベテランをベンチに下げ、寺田紳一、平井将生、宇佐美貴史といった若い選手を入れてきた。

 53分の徳島。井上渉がCKを入れると、安藤寛明が頭で合わせた。これは太洋一が弾いてもう一度CKに逃げた。
 もう一度井上渉がCKを入れると佐藤晃大がニアで頭で合わせて2点目をあげる。

 G大阪は60分過ぎから攻勢に。
 69分、ワンタッチでパスをつなぐと、平井将生がGK日野優の股下を抜いてゴール、追い上げ開始。

 84分、平井将生がドリブルでゴールに迫る。ほぼペナルティエリアというところで安藤寛明が平井を引っ張って止めたが、主審はこれにPKの指示を出す。う~ん、確かに倒れたのはペナルティエリアの中だったが、外の段階で既に引っ張られていただけに…。
 このPKを平井自ら決めてG大阪が同点に追いつく。

 その直後。徳島は筑城和人がFKを入れる。菅沼駿哉がかぶってクリアに失敗すると、後ろにいた林祐征がトラップ&ボレーで勝ち越し。

 ロスタイムに入る頃、宇佐美貴史と山崎雅人のワンツーから宇佐美がコースを狙ったシュート。しかし、阿部一樹が素晴らしい反応で弾き出す。

 ロスタイム3分50秒、ドリブルで寺田紳一が徳島陣内を突進し、そのままシュート、右隅に決まって同点に追いつく。
 そのままタイムアップとなり、試合終了。最後の最後にG大阪が追いついて今季初の勝点を獲得した。


 G大阪は最後に追いついたのはさすがに…なのだが、前半の攻撃陣はおとなしすぎる。

 徳島は…とりあえず筑城には“アレ”が必要なようだ(笑)

携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。