J1第20節 大宮アルディージャ×川崎フロンターレ

 鴻巣から熊谷へ。大宮、川崎両陣営が混む直通連絡バスで行くのを後目にして、私は裏ルートでのんびりと…(笑)。と思ったらバックスタンドの入口はホーム側にしかない、でやんの(泣)。でもアウェイカテ4の方は使えるのでどうぞ。

 で、入るとマッチデーと共に渡されたのがアイスの『ガリガリ君』なんだけど、頼むから配布をする時にはカップのアイスにしてくれい。少し後に食べようとしたら溶けて食いづらいことこの上なし。
 
 ちなみに私が入ったのはカテ3・アウェイ側なのだが、ここにホーム側から続々と人が流れてくる。どういうことかというとホーム側が満員になったからアウェイ側に回ってだそうだ。なんだそりゃ。


 2006日本プロサッカーリーグ一部 第20節

大宮アルディージャ 1-5 川崎フロンターレ
会場:熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
天候:曇
試合開始:18時02分
主審:山西博文
観衆:9,076人
<得点>
 宮 川
 0-1 10分 川崎 中村憲剛
 0-2 34分 川崎 マギヌン
 0-3 36分 川崎 ジュニーニョ
 0-4 59分 川崎 ジュニーニョ
 0-5 69分 川崎 中村憲剛
 1-5 83分 大宮 片岡洋介

<警告>
 31分 川崎 佐原秀樹
 54分 大宮 吉原宏太
 81分 大宮 西村卓朗
 84分 川崎 ジュニーニョ
<退場>
 なし
大宮アルディージャ
川崎フロンターレ
GK20荒谷弘樹
DF22波戸康広
  (→58分14森田浩史)
   4トニーニョ
  19片岡洋介
   5冨田大介
MF15斉藤雅人
  (→46分18西村卓朗)
  32小林慶行
   6デヴィッドソン純マーカス
   8小林大悟
  16久永辰徳
  (→75分3三上和良)
FW 9吉原宏太
GK21相澤貴志
DF 5箕輪義信
   3佐原秀樹
   2伊藤宏樹
MF26飛弾暁
  (→63分4井川祐輔)
  14中村憲剛
  (→73分15原田拓)
  29谷口博之
   6マルコン
  11マギヌン
  (→90分18今野章)
FW 9我那覇和樹
  10ジュニーニョ
システム:4-1-2-2-1システム:3-4-1-2
監督:三浦俊也監督:関塚隆

8.26熊谷 002.jpg 8.26熊谷 007.jpg
8.26熊谷 009.jpg 8.26熊谷 014.jpg
 ここのスコアボードは変わっていて、選手名の表示をカタカナでするのだが(例:波戸→Y.ハト)、なぜか外国人は英文字表記である(例:ジュニーニョ→JUNINHO)のも前に来た時のままである。


 試合は、といえば川崎Fがスピードで大宮を粉砕した、と書けば全てを包括できるような。

 最初から押し込み、我那覇がペナルティエリア前でキープしているところに中村が後ろから回り込んで抜け出し先制。

 その後大宮の時間になるが、川崎Fがしのぐと、こぼれ球をジュニーニョ→我那覇で大宮DFを振り回し、マギヌンのヘッドで追加点を取ると、直後中村のスルーパスにジュニーニョが一気に独走し、シュート。3点差をつけて前半を折り返し。


 後半は大宮がメンバーをいじって少しでも、というところだったが、森田を投入してリスクをかけたウラをジュニーニョが衝いてもう一丁で4点目を挙げる。

 とどめは左サイドでマルコン→マギヌンとつなぎ、ゴール右に走る中村へ。中村がゴールラインぎりぎりでマイナスめのシュートを放つが、荒谷がこれを後逸し、5点目が川崎に。
 終盤、大宮に1点を返されるも大勢に影響はなく、川崎が爆勝した。

 川崎Fが昔JFLにいた頃に見たような大勝なのだが。ぶっちゃけて書けは川崎フロンターレ対NTT関東の試合を見ているようだった。でもこんな試合はあったかな~。


 さて、帰りは定期のバスが終わっていることもあり、臨時直通バスで。自家用車と道を分けたこともあり、結構スムーズに進んだ。20時20分頃にバスに乗り、途中渋滞にはまることもなく、熊谷駅到着は20時40分頃。ほぼ路線バスと一緒である。


携帯アクセス解析 AX


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア