スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第20節 柏レイソル×ヴィッセル神戸

 久しぶりに日立台に向かうな~と考えてみたら、日立台に行くのは4月のプリンス札幌戦以来だという話に。トップチームに限定したら3月のナビスコ浦和戦、リーグ戦では開幕戦以来でやんの。


 2014日本プロサッカーリーグ一部第20節 

柏レイソル 2-0 ヴィッセル神戸
会場:日立柏サッカー場
天候:曇
試合開始:19時04分
試合形式:90分
主審:中村太
観衆:9,219人
<得点>
 柏 神
 1-0 31分  柏 レアンドロ
 2-0 45+2分 柏 エドゥアルド

<警告>
 なし
<退場>
 なし
ヴィッセル神戸
柏レイソル
GK22山本海人
DF25奥井諒
  (→76分9石津大介)
   5河本裕之
  14増川隆洋
  27橋本英郎
MF 7ペドロ・ジュニオール
  16鄭又榮
  15大屋翼
  (→46分6ファビオ・シンプリシオ)
  20杉浦恭平
  (→46分23枝村匠馬)
FW18マルキーニョス
  10森岡亮太
GK21菅野孝憲
DF 4鈴木大輔
   5増嶋竜也
  24カルロス・エドゥアルド・ベンディニ・ジュスティ
MF 2藤田優人
  (→90+4分27金昌洙)
  28栗澤僚一
   7大谷秀和
  (→83分25小林祐介)
  22橋本和
FW 9工藤壮人
  11レアンドロ・モンテーラ
  13高山薫
  (→86分18ドゥドゥ)
システム:4-4-2システム:3-4-3
監督:安達亮監督:ネルシーニョ
 この夏の移籍シーズンで動いた両者。柏はエドゥアルドが左センターバックでスタメン、ドゥドゥはベンチスタート。神戸は枝村匠馬、石津大介どちらもベンチスタート。


 6分の神戸。鄭又榮のCKをファーで増川隆洋が頭で折り返してペドロ・ジュニオールがシュートするがゴールの遥か上。

 8分の柏。藤田優人がフワッとしたクロス。レアンドロが落として工藤壮人がシュート。GKがセーブ。

 23分の神戸。エドゥアルドの大きなサイドチェンジを杉浦恭平がカット、そのままカウンターに。森岡亮太へつなぎ、さらにマルキーニョスにはつながらず。スピードに乗っていただけにつながっていたら即決定機だったかも。

 30分の柏。右サイドに流れた工藤壮人がクロスを入れる。ファーから大谷秀和が飛び出してシュートを撃ったがサイドネットに。
山本海人がゴールキックを蹴りだすが、これが直接藤田優人に渡る。藤田はまるで折り返すようにクロスをゴール前に上げると、レアンドロがキープして反転しシュートを決める。

 40分の柏。右サイドを縦につなぎ、工藤壮人が抜け出してクロスを上げるもファーに流れる。橋本和がフォローして、大谷秀和がクロスを入れる。工藤壮人が頭で合わせたがミートせず。

 45+2分の柏。珍しく栗澤僚一がCKを蹴りに行き、高山薫と交代する。栗澤がゴール前に絶妙なボールをあげ、ゴール正面のエドゥアルドが頭で合わせた。

 柏が相手のミスとセットプレーでリードして前半を折り返したが、その前にサイドをよく突いていたのが大きかったか。


 試合は後半へ。神戸は杉浦恭平に代えて枝村匠馬、大屋翼に代えてシンプリシオを投入。杉浦から枝村の交代はともかく、大屋はまあ当然というか…。神戸の攻撃は森岡亮太が下りてきてスタートすることを考えると、大屋は目立たなすぎた。というより、大屋が中にいて橋本英郎がサイドバックやってるのかが謎だ。

 50分の神戸。森岡亮太が右に展開。奥井諒が縦に突破し、戻したところを枝村匠馬がシュートするがゴールの上。

 55分の柏。山本海人のゴールキックを鈴木大輔が跳ね返し。藤田優人が拾って前線に送る。工藤壮人がシュートを撃つが山本の正面。

 60分の柏。エドゥアルドが縦にグラウンダーのパスを送る。橋本和が縦に走り、ダイレクトでゴール前に折り返す。レアンドロが右足アウトで合わせたがゴールの上。

 67分の神戸。橋本英郎が前線に送る。ペドロ・ジュニオールが頭で落として森岡亮太が合わせたがゴールの外。

 79分の神戸。鄭又榮のパスを受けた石津大介が中に切れ込んでシュートを撃つもゴールの外。

 89分の神戸。右からのパスを受けたシンプリシオのシュートはバーを直撃、跳ね返りをペドロ・ジュニオールが合わせたがクリアされる。


 柏がある意味らしい勝ち方をしたかな。相手を砕かず、それでいて一番危険なところは抑える、というここ一番で見せるスタイル。しかも得点はプレゼントとセットプレーだし。
 新加入のドゥドゥ二人。エドゥアルド(鳥取や栃木ではニックネームのドゥドゥ)は今日に関しては当たり。守備でもバタバタしたところはなかったし、攻撃のスイッチになる縦へのパス出しもビシッと決めていた。しばらく不安視されていた左センターバックのポジションを埋めたかな…問題はどこまで持つか(オイ
 一方の前ドゥドゥはフィットするのはもう少し先かな。ちょっと守備時の“浮き”が気になった。
 そして今回思ったのは大谷&栗澤のタニクリコンビ。1+1が10にも20にもなる、というか…そんな関係だよね。
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : Jリーグ J1 柏レイソル ヴィッセル神戸

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。