スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【企画】第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会予想会

 しまった、今年は日程が一週間前倒しになってたんだ!


 というわけで今年もやります。
 第37回全国地域リーグ決勝大会 予想大会

 何をやるかは例年通り・・・ではないです、今年は。
11月8日(金)から行われる『第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会』に関する二つの問題について予想してください。
 設問1)一次ラウンドのA~C各グループで1位・2位になるチームを順位をつけて予想してください。
(1位のみ的中3点、連単的中5点)
 設問2)設問1を踏まえて、決勝ラウンドで1位・2位になるチームを順位をつけて予想してください。
(1位のみ的中6点、連単的中10点)

 今年は得点方式を採用してみようと思います。満点は25点となります。


それでは、今大会に参加するチームを一次リーグのブロック別に紹介しましょう。

□グループA(会場:高森山総合運動公園球技場/青森県十和田市)
○グルージャ盛岡〔東北/岩手県〕
 ・東北リーグ一部1位(18試合16勝1分1敗)(●ヴァンラーレ八戸 △コバルトーレ女川)
 ・天皇杯本大会1回戦敗退(●ソニー仙台FC)
 ・全国社会人選手権準優勝(●レノファ山口)

○FC KOREA〔関東/東京都〕
 ・関東リーグ一部1位(18試合12勝4分2敗)(●エリースFC東京、tonan前橋 △tonan前橋、さいたまSC、日立ビルシステム×2)
 ・天皇杯出場資格なし
 ・全国社会人選手権関東地区予選2回戦敗退(●VONDS市原FC)

○FC KAGOSHIMA〔九州2/鹿児島県〕
 ・九州リーグ2位(18試合15勝3敗(うちPK負け1))(●ヴォルカ鹿児島、新日鐵住金大分 ★三菱重工長崎)
 ・天皇杯鹿児島県予選3回戦敗退
 ・全国社会人選手権2回戦敗退(●FC大阪)

○クラブフィールズノルブリッツ北海道〔北海道〕
 ・北海道リーグ1位(14試合11勝3敗)(●十勝フェアスカイジェネシス×2、札幌蹴球団)
 ・天皇杯北海道予選準決勝敗退(●札幌大学)
 ・全国社会人選手権不参加


□グループB(会場:アスパ五色/兵庫県洲本市)
○FC大阪〔関西/大阪府〕
 ・関西リーグ一部1位(14試合12勝0分0敗)(△バンディオンセ加古川×2)
 ・天皇杯大阪府予選予備予選敗退(●関大FC2008)
 ・全国社会人選手権ベスト8(●ジョイフル本田つくばFC)

○マルヤス工業〔東海/愛知県〕
 ・関西リーグ一部4位(14試合9勝1分4敗)(●FC岐阜SECOND、FC刈谷、トヨタ蹴球団、FC鈴鹿ランポーレ △FC刈谷)
 ・天皇杯本大会1回戦敗退(●AC長野パルセイロ)
 ・全国社会人選手権東海予選1回戦敗退(●矢崎バレンテ)

○レノファ山口FC〔全社第1/山口県〕
 ・中国リーグ3位(18試合13勝3分3敗)(●デッツォーラ島根×2、ファジアーノ岡山ネクスト △JXエネルギー水島、佐川急便中国×2)
 ・天皇杯本大会1回戦敗退(●ブラウブリッツ秋田)
 ・全国社会人選手権優勝

○ヴォルカ鹿児島〔九州/鹿児島県〕
 ・九州リーグ1位(18試合16勝2敗(うちPK負け1))(●FC KAGOSHIMA、★佐賀LIXIL FC)
 ・天皇杯鹿児島県予選準決勝敗退(●鹿屋体育大)
 ・全国社会人選手権準々決勝敗退(●FC岐阜SECOND)


□グループC(会場:維新百年記念公園陸上競技場/山口県山口市)
○ファジアーノ岡山ネクスト〔中国/岡山県〕
 ・中国リーグ2位(18試合15勝2分1敗)(●レノファ山口 △富士ゼロックス広島、JXエネルギー水島)
 ・天皇杯本大会2回戦敗退(○米子北高校 ●大宮アルディージャ)
 ・全国社会人選手権1回戦敗退(●レイジェンド滋賀FC)

○サウルコス福井〔北信越/福井県〕
 ・北信越リーグ一部1位(14試合12勝2分)(△JAPANサッカーカレッジ、アルティスタ東御)
 ・天皇杯本大会2回戦敗退(●ジュビロ磐田)
 ・全国社会人選手権準々決勝敗退(●グルージャ盛岡)

○FC今治〔四国/愛媛県〕
 ・四国リーグ1位(14試合13勝1分)(△南国高知FC)
 ・天皇杯本大会2回戦敗退(●ガンバ大阪)
 ・全国社会人選手権1回戦敗退(●VONDS市原FC)

○ジョイフル本田つくばFC〔全社第2/茨城県〕
 ・茨城県リーグ一部2位(14試合11勝1分2敗)(●鹿島さわやかFC(1位)×2 △JAEA.FC(5位))
 ・天皇杯茨城県最終予選1回戦敗退(●流通経済大学)
 ・全国社会人選手権4位(●グルージャ盛岡、FC岐阜SECOND)


 この企画に参加する方法は以下の二通り。
  1.自分のBlogで記事を作成し、このページにトラックバックする。
  2.このページのコメント欄に回答を載せる


 このblogはコメントもトラックバックも公開していますので、書く言葉は慎重に選んでください。こんなところで喧嘩してもしょうがありません。また、今回はトラックバックもコメントも一旦留保し、前日あたりにまとめて公開する方式をとってみようかとも考えています。

 また、こんな場末も場末のblogに世間的な評価を求めるのも止めてください(爆)。


 締め切りは2013年11月8日(金)午前9時59分59秒(初日第1試合開始の45分前)とさせていただきます。


それでは、たくさんの投票をお待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ : 全国地域サッカーリーグ決勝大会
ジャンル : スポーツ

tag : 全国地域サッカーリーグ決勝大会 順位予想 予想会

2013地域決勝を読む

 今週末から第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会が始まる。今年は開催地が北に寄ったこともあって、一週間早い開幕になった。


 と、言うことで、今年の予想を…とはいっても、今年のチームを見ているのがサウルコス福井とジョイフル本田つくばFC、そしてファジアーノ岡山ネクストだけなんだよな…全部山口ブロックじゃないか(笑)。


 で、今年の問題は以下。(問題本体はこちら
 11月8日(金)から行われる『第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会』に関する二つの問題について予想してください。
 設問1)一次ラウンドのA~C各グループで1位・2位になるチームを順位をつけて予想してください。

 設問2)設問1を踏まえて、決勝ラウンドで1位・2位になるチームを順位をつけて予想してください。


 予想は
 1).Aグループ:グルージャ盛岡⇒FC KOREA
    Bグループ:レノファ山口⇒マルヤス工業
    Cグループ:サウルコス福井⇒ファジアーノ岡山
 2).サウルコス福井⇒グルージャ盛岡

 ちなみにワイルドカード(2位の中で最上位の成績)はファジアーノ岡山ネクストと見ている。

 後、今年は1戦目に有力チーム同士の潰しあいなカードが組まれているので、意外ともつれるように思うんだよね~~~。

テーマ : 全国地域サッカーリーグ決勝大会
ジャンル : スポーツ

tag : 全国地域サッカーリーグ決勝大会 順位予想

ヤマザキナビスコカップ決勝 浦和レッズ×柏レイソル

 柏レイソルにとっては14年ぶりのヤマザキナビスコカップ決勝。相手が浦和なんでまあ真っ赤だろうなとは思ったが…意外と柏サポも増えてましたな(笑)。とは言うものの、発券方法にはまあいろいろと問題はありますが。


 第21回ヤマザキナビスコカップ決勝 

浦和レッドダイヤモンズ 0-1 柏レイソル
会場:国立霞ヶ丘競技場
天候:曇一時雨
試合開始:13時10分
試合形式:90分+延長30分+PK戦
主審:扇谷健司
観衆:46,675人
<得点>
 浦 柏
 0-1 45+2分 柏 工藤壮人

<警告>
 26分 柏  谷口博之
 30分 浦和 森脇良太
 77分 柏  レアンドロ・ドミンゲス
 83分 柏  菅野孝憲
 88分 柏  ジョルジ・ワグネル
<退場>
 なし
浦和レッズ
柏レイソル
GK 1山岸範宏
DF46森脇良太
   4那須大亮
   5槙野智章
MF14平川忠亮
  (→70分11関口訓充)
  13鈴木啓太
  (→77分10マルシオ・リシャルデス)
  22阿部勇樹
   3宇賀神友弥
   8柏木陽介
  24原口元気
FW30興梠慎三
GK21菅野孝憲
DF 2藤田優人
  (→46分26太田徹郎)
  29谷口博之
  (→76分5増嶋竜也)
   3近藤直也
  23渡部博文
  15ジョルジ・ワグネル
MF 9工藤壮人
  28栗澤僚一
  20茨田陽生
  10レアンドロ・ドミンゲス
FW11クレオ
システム:3-4-2-1システム:5-4-1
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ監督:ネルシーニョ
154.jpg
153.jpg
156.jpg
163.jpg
 前半は静かな立ち上がり。槙野が工藤を削ったその足で藤田を場外で突き飛ばしたくらいがハイライトかと思ったが…。
 徐々に浦和ペースになっていた気もするが、クロスが不正確だったのと、中央は柏の守備陣が戻り切っていて、常にゴール前は柏の選手が多い状態ではそう心配するほどでもなく。
 44分にこぼれ球を拾ったジョルジ・ワグネルがミドルシュートを放ち、わずかに外れる。これで多少潮目が変わったか。

 47分の柏。右サイドでボールを受けた藤田優人がすうっと糸を引くようにクロスをあげる。那須大亮のマークを外してフリーになった工藤壮人が頭で合わせ、山岸範宏の手をすり抜けてゴールイン、柏が先制。


 後半も浦和が攻めこむ。サイドからの攻めはクロスが不正確なこと極まりなく、柏に恐怖を与えるには至らないが、中央からの縦に通されるほうが危なかったな。67分の阿部勇樹から柏木陽介、70分の阿部から原口元気を経てまた阿部、という二本。

 柏は浦和が攻め上がって空いたスペースを狙ってのカウンターが主体。槇野智章や森脇良太が上がって開けたスペースにクレオやらレアンドロ・ドミンゲスやらが入りこんできて、そのスペースを狙ってロングパス、ドリブルからゴール前に攻め上がる。これで何度か形を作っていた。

 87分はレアンドロ・ドミンゲスがゴール前に運んで栗澤僚一がミドル、山岸範宏が弾き出してCKになる。
 CKを蹴るジョルジ・ワグネルにレアンドロ・ドミンゲスが寄って行ってショートコーナーをにおわせる。浦和の壁がレアンドロに寄って行ったところでレアンドロはゴール方向に向かい、そのレアンドロに合わせてジョルジがCKを蹴る。これは山岸範宏がギリギリ押さえた。

 90分の浦和。右サイドから入ったボールがゴール前に入った原口元気へ。DFともつれてこぼれ、クリアされたところを柏木陽介がブロック、こぼれ球が興梠慎三に入ってそのままシュート・・・まあこれはオフサイドになったのだが、いやあひやひやした。この場面の解説はこちらが素晴らしい解説をしているのでご参照あれ。


 その後も浦和の猛攻が続いたが、柏がしのぎ切ってタイムアップ!1999年以来、14年ぶり2度目の優勝!!
 しかし、前回優勝した時は後半アディショナルタイム3分の3分50秒で同点ゴールだったし・・・ひやひやさせっぱなしダゼ(笑)


で、表彰、セレモニーが終わった後には・・・
175.jpg
現チェアマンに対しては浦和も柏もどっちのサポも腹の中が煮えくり返ってるからなぁ。

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 浦和レッズ 柏レイソル 決勝

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。