スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースタンリーグ 北海道日本ハムファイターズ×横浜DeNAベイスターズ

 約3年ぶりに鎌ヶ谷スタジアムを訪問。そしてそれは一年半ぶりになるプロ野球観戦に。

 いや、寝坊して行こうと思っていたところに行けなかっただけなのだが(爆)

 行きは西船橋からの路線バス。12時ちょっと前に発車したバスに乗ったが、しかしいきなり渋滞につかまって…試合開始に間に合うのかが心配になったが、グラスポ(法典公園)の横を通る通りになったらいきなり流れがよくなって、スタメン発表が始まった40分ごろに到着。


 2013プロ野球イースタンリーグ

北海道日本ハムファイターズ 0-3 横浜DeNAベイスターズ
 
ベイスターズ
ファイターズ
勝利投手:神内靖(1勝0敗)
セーブ :安部建輝(1)
敗戦投手:若竹竜士(0勝3敗)
会場:鎌ヶ谷ファイターズスタジアム
天候:晴
試合開始:13時00分
試合時間:3時間02分
球審:市川貴之
観衆:4,103人
<本塁打>
 

<勝利打点>
 なし
(2回・送球エラーによる)
<併殺>
 4回 横浜 白崎-飛雄馬-内藤(打者:鵜久森)
 8回 横浜 飛雄馬-白崎-内藤(打者:大谷)
北海道日本ハムファイターズ
横浜DeNAベイスターズ
[中]61杉谷拳士
[二] 4飯山裕志
(→8回表遊)
[指]11大谷翔平
[一]41稲葉篤紀
[左]44鵜久森淳志
(→6回裏代打左10赤田将吾)
[三]40岩舘学
[右]49石川慎吾
[遊]24森本龍弥
(→7回裏代打二39加藤政義)
[捕]60荒張裕司
[中] 27ナイジャー・モーガン
[遊] 29白崎浩之
[一] 40松井飛雄馬
(→4回裏二)
[右] 52多村仁志
(→5回表代走右5森本稀哲)
[三] 25筒香嘉智
[二]  2渡辺直人
(→4回裏一39内藤雄太)
[指] 51宮﨑敏郎
[左] 31赤堀大智
[捕]112西森将司
●43若竹竜士 (4回2/3)
 35榎下陽大 (2回1/3)
 59河野秀数 (1回)
 46植村祐介 (1回)
○38神内靖  (5回)
S43阿部建輝 (4回)


二軍監督:79西俊児二軍監督:山下大輔
 しかしメンバーがひどい(笑)。ファイターズは飯山裕志に稲葉篤紀に赤田将吾、さらに怪我明けの大谷翔平。ベイスターズには筒香嘉智に渡辺直人、森本稀哲に多村仁志、先発投手が神内靖って・・・この3日間の鎌ヶ谷がお祭りだからってメンバーをかき集めたわけじゃないんだよなあ・・・。


 1回表。ファイターズの先発は若竹竜士。兵庫の育英高校から2006年に阪神タイガースに入団、昨年途中にファイターズに移籍してきた。
 マット・モーガンは三振。白崎浩之はセンター前にヒット、続く飛雄馬の時に盗塁を仕掛けて成功。飛雄馬は四球を選んで一二塁に。多村は高く打ち上げたキャッチャーファウルフライ。筒香空振り三振で二者残塁。

 1回裏。ベイスターズの先発は神内靖。宮崎の延岡学園高校から2002年に福岡ダイエーホークスに入団、今年ベイスターズに移籍してきた。
 杉谷はストレートのフォアボールで歩く。飯山が送りバントを決めて二塁へ。大谷はセカンドゴロで二死ながら三塁へ進む。
 稲葉との対戦。どう見ても神内は稲葉に苦手意識を持っているのだが、稲葉もタイミングを合わせられずにあえなく三振。この時点では新聞報道にも出ていた打撃不振は深刻なのか、と単純に見ていたのだが…。

 2回表。
 先頭の渡辺直人がフォアボールを選んで歩く。宮崎はショートフライで一死、赤堀はフォアボールを選び一二塁。西森はショートゴロも併殺を取れずに一三塁とする。続くモーガンの0-1から西森が盗塁、荒張は二塁へ送球するも、森本龍弥がキャッチした時にタッチの動作で落球、後方に落ちる間に渡辺直人がホームイン、ベイスターズがもうけものの先制点をあげる。モーガンはセカンドゴロでチェンジ。

 4回裏。
 先頭打者の大谷はショートゴロ。稲葉は左中間へのシングルヒット、これがファイターズのこの試合初ヒット。しかし鵜久森がショートゴロ、ダブルプレーでチェンジになる。

 5回表。
 先頭の西森はショートゴロ。モーガンは稲葉をなぞるような左中間ヒットで一塁へ。白崎は止めたバットに当たったような感じのピッチャーゴロでモーガンは二塁へ。飛雄馬はピッチャー脇を抜く、しかし飯山がセカンドベース後方で追いつく。まずは止めることに専念した形で内野安打、一三塁にする。多村はばっちりのタイミングでレフト前にヒット、モーガンがホームに還って2点目を挙げる。多村はここでお役御免となったが、代走が森本稀哲かよ…(苦笑)。
 筒香がフォアボールを選んで満塁になったところで若竹はマウンドを降りる。3ボール・四球が多いということは自分のペースで試合を進められない、というわけで…。
 代わった榎下が内藤をピッチャーゴロに仕留めてチェンジ。

 5回裏。
 岩舘はフォアボールを選び、石川がレフト前ヒットで一二塁。森本はバントの構え、筒香が出る気配を見せないので三塁前に転がせれば面白いと思ったのだが…冷静に考えたらピッチャーが捌くわな…打ち上げてキャッチャーファウルフライ。荒張が進塁打になるセカンドゴロで二三塁にするも、杉谷は見逃し三振でチェンジ。

 5回が終わってラジオ体操の時間。こっそりハルク・ホーガン体操第一をやってやろうかと思ったが、きちんと覚えてなかったことが発覚(爆)。

 6回表。
 先頭の宮﨑がレフト前ヒットで出塁。赤堀が三振の後、西森の送りバントは小フライに。ファースト稲葉の前で落ちて転がったボールを後逸…フライを取れないのはしかたないにしても、そのあとの後逸はいただけない。というかどこか身体異常を疑ってしまうところ。
 それでも榎下はモーガン、白崎を打ち取る。

 7回表。
 飛雄馬は三振。森本稀哲が右中間を破るツーベースヒット、最終的にこれがこの試合唯一の長打になったが。筒香もセンター前にはじき返すが、いい当たりだったので森本は三塁ストップ。
 しかし榎下が内藤を三振に取り、宮﨑をサードフライに切って取り、ピンチを脱出。

 7回裏。
 先頭の石川がセンター前にヒット。森本の代打加藤はショートフライに倒れる。ちなみに加藤はこの日が誕生日。荒張はセンターフライ、杉谷セカンドゴロでチェンジ。

 8回表。
 赤堀はレフト前ヒット、西森が送りバントで二塁へ進める。モーガンは敬遠のフォアボールで一二塁。白崎のセカンドゴロは打球が緩く二塁封殺のみで併殺を取れず、一三塁。飛雄馬がセンター前にヒット、赤堀がホームに還って3点目。

 8回裏。
 先頭の飯山がセンター前にヒット、大谷はセカンドゴロ、ダブルプレーでツーアウト。稲葉ファーストゴロで三人で終了。
 ここで面白そうなところはだいたい終わったかな。大谷が投げる、というわけでもないし。

 9回は特に見せ場なく終了。


 この試合を見て一番印象に残ったのが、稲葉がそろそろ・・・感を出していたのが…。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

tag : プロ野球 イースタンリーグ 北海道日本ハムファイターズ 横浜DeNAベイスターズ

AFCチャンピオンズリーグH組第5節 柏レイソル×貴州人和

 AFCチャンピオンズリーグ、一次リーグの大詰めである第5節。そろそろ各グループともに趨勢が見えてきて、
 グループHは柏レイソルが大きく抜け出し、残り3チームは混戦模様。その中で第5節へ入る。


 2013AFCチャンピオンズリーグ 
  グループH第5節  

柏レイソル
(日本)
 1-1 貴州人和足球倶楽部
(中華人民共和国)
会場:日立柏サッカー場
天候:晴
試合開始:19時00分
試合形式:90分
主審:サイード・モザファリ(イラン)
観衆:6,083人
<得点>
 柏 貴
 1-0 50分 柏  増嶋竜也
 1-1 85分 貴州 李凱

<警告>
 34分 柏  田中順也
 56分 貴州 ミシモビッチ
 85分 貴州 ナノ
<退場>
 なし
柏レイソル
貴州人和
GK21菅野孝憲
DF 2藤田優人
   3近藤直也
  23渡部博文
   5増嶋竜也
MF28栗沢僚一
   7大谷秀和
   9工藤壮人
  20茨田陽生
  (→46分15ジョルジ・ワグネル)
  18田中順也
  (→84分17秋野央樹)
FW11クレオ

GK12張烈
DF 3張成林
   4ジョナス・サレー
  17孫継海
  31饒偉輝
  (→65分25李凱)
MF15陳杰
  (→54分27曲波)
  29楊秀昊
  (→79分5呉偉)
   7ナノ
  21于海
FW10ズビェズダン・ミシモビッチ
   9ズラタン・ムスリモビッチ
システム:4-2-3-1システム:4-4-1-1
監督:ネルシーニョコーチ:李春満
 貴州は監督の宮磊がベンチ入り停止、この試合はアシスタントコーチ(助理教練)の李春満が代理で指揮を執った。


 12分の貴州。張成林が前線に送る。陳杰がDFの裏に抜け出したが、トラップが流れてゴールラインを割る。
 貴州は中盤から前でボールが入ったときはつないでサイドから崩そうとする意図は見えたが、最終ラインは常に柏最終ラインのウラを狙っていたように見えた。

 34分の柏。栗澤僚一からのパスをクレオがドリブル。ナノを抜いたところでナノがボールから離れて当たってクレオを倒し、FKを獲得。
 田中順也がFKを直接狙うが、張烈ががっちり抑える。

 45分の貴州。ロングボールをムスリモビッチが落として陳杰がシュート。ゴールの上。

 前半は決定機が少ない…いやどちらもなかったと思うのだが。どちらも守備陣が積極的に仕掛けていたため、攻撃にミスが出ていた、との印象がある。


 試合は後半に入る。柏は茨田陽生に変えてジョルジ・ワグネルを投入。

 50分の柏。右サイドから藤田優人がドリブル突破を仕掛けたところで倒されてFKを得る。
 FKをジョルジ・ワグネルが直接狙う。張烈はパンチングで前にはじき出したが、こぼれ球に増嶋竜也が反応、右足を振りぬいて強烈なシュート、GKの手をはじいてゴールイン。柏が一次リーグ突破に大きく前進する先制点を決めた。

 56分の柏。ジョルジ・ワグネルのCKに増嶋竜也が頭で合わせる。しかし首を振りすぎてボールはゴール左に。

 82分の柏。左サイドの増嶋竜也からクロスが上がる。真ん中の田中順也を通り越してファーのクレオにとおり、クレオがシュート。戻ってきたDFに当たってボールがこぼれた。

 85分の貴州。後方からのロングボールをムスリモビッチがポストになって落とす。李凱が強烈なシュートを放つと、菅野孝憲の指先を掠めてゴールに飛び込み、貴州が同点に追いついた。

 しかし、引き分けでは一次リーグ突破が苦しくなる貴州。かさにかかって攻め込んでくるのかと思いきや、前6人と後ろ4人の意思統一は図られず、間がぽっかりと開く。ここを使って柏がカウンターで攻める流れになり、そのままタイムアップ。
 これで柏は昨年に引き続いてのラウンド16進出が決定、さらに1位通過も決めた。今年からホーム&アウェイになったラウンド16はグループFの2位チームと対戦となり、5月15日にアウェイで第1戦、5月22日にホーム日立柏サッカー場での第2戦と発表もされた。
 一方の貴州。裏の水原三星ブルーウィングスとセントラルコースト・マリナーズの試合でアウェイのセントラルコーストが1-0で勝利したため、3位に転落。次節のカードを考えると、一次リーグ突破は厳しくなった、といわざるを得ない。なお水原三星は一次リーグ敗退がこれで決定。


 そして柏の対戦相手となるグループFだが・・・24日に開催。埼玉スタジアムの浦和レッズ×広州恒大で勝ち上がりがほぼ決まってしまうのではないかな。

テーマ : アジアチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : AFCチャンピオンズリーグ 柏レイソル 貴州人和

AFCチャンピオンズリーグH組第4節 柏レイソル×水原三星ブルーウィングス

 AFCチャンピオンズリーグ2013は折り返し点を過ぎての第4節。グループCのアルヒラルとともに3連勝で突っ走る柏レイソル、今日の試合で勝てばいち早くラウンド16への進出を決めることになる。


 AFCチャンピオンズリーグ2013
  グループH 第4節  

柏レイソル
(日本)
 0-0 水原三星ブルーウィングス
(韓国)
会場:日立柏サッカー場
天候:晴
試合開始:19時00分
試合形式:90分
主審:バンジャル・アルドサリ(カタール)
観衆:7,269人
<得点>
 柏 水
 なし

<警告>
 53分 水原 呉章銀
<退場>
 なし
柏レイソル
水原三星ブルーウィングス
GK21菅野孝憲
DF 2藤田優人
   4鈴木大輔
  23渡部博文
   5増嶋竜也
MF20茨田陽生
  (→61分11クレオ)
  28栗澤僚一
   7大谷秀和
  15ジョルジ・ワグネル
FW 9工藤壮人
  18田中順也


GK 1鄭成龍
DF15洪文學
  29郭煕柱
  23エディ・ボスナー
  17ホン・チョル
MF18朴宗眞
  (→59分13徐訂晋)
   5パク・ヒョンボム
   9呉章銀
  (→84分16チョ・ジフン)
  36キム・テギョン
FW11ステヴィチャ・リスティッチ
  14鄭大世
  (→57分10ジェナン・ラドンチッチ)
システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:ネルシーニョ監督:徐正源
 開始30秒の水原。ステボのドリブルから鄭大世がシュート。GKの正面。

 12分の水原。朴宗眞のクロスをステボが落とし、鄭大世がシュート。ゴールの左。

 23分の水原。ホン・チョルがFKを入れる。微妙なところに落ちたボールを菅野孝憲が足でクリア、こぼれ球を呉章銀がシュートしたが、ゴールの外。

 25分の柏。大谷秀和の浮き球のパスに工藤壮人が合わせたが枠の外。

 前半はこんなもん。柏はレアンドロ・ドミンゲスが欠場して何気にリズムが合わなかったし、水原はいい攻めはしていたが、意外と種類がない。柏のDFに慣れられてしまった。


 試合は後半。
 46分の水原。ステボのパスを受けた朴宗眞が右サイドからシュートを撃つがゴールに届かず。

 57分の柏。ジョルジ・ワグネルのCKからの展開で渡部博文がシュートを撃つが、打ち上げる。

 66分の水原。キム・テギュンのスルーパスにステボが抜け出してシュートを撃つもゴールの外。

 69分の柏。藤田優人のロングスローを田中順也がスラしてクレオがシュート。これもゴールの上。


 結局、どちらも相手を崩せないまま試合終了。勝ち点1を分け合った。そして裏で行われていた貴州人和とセントラルコースト・マリナーズは2-1で貴州人和が勝利。この結果、柏は残り勝ち点1を積み上げればラウンド16へ進出ができることになったが、水原は最下位に転落、と少し一次リーグ突破が厳しくなった。

テーマ : アジアチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : AFCチャンピオンズリーグ 柏レイソル 水原三星ブルーウィングス

関東大学リーグ一部第1節 早稲田大学×順天堂大学

 大井から新木場に戻ってきた。大井に行ってる間に京葉線が全面ストップになっていた。まあそりゃそうだろうな、という風の具合。
 そして、いつの間にかチェーン化していた駅前のコンビニにいたら…余裕こきすぎて試合開始に間に合わなかった、とさ(爆)。


  JR東日本カップ2013
 第87回関東大学サッカーリーグ一部第1節 

早稲田大学 0-1 順天堂大学
会場:江東区夢の島競技場
天候:晴
試合開始:13時50分
試合形式:90分
主審:金次雄之介
観衆:362人
<得点>
 早 順
 0-1 90+3分 順天堂 井村雄大

<警告>
 21分 早稲田 池西希
 81分 順天堂 吉永哲也
<退場>
 なし
早稲田大
順天堂大
GK 1松澤香輝
DF12八角大智
   2奥山政幸
  13金澤拓真
   6三竿雄斗
MF 7近藤貴司
  18小松聖音
  (→81分10石川拓)
   8近藤洋史
FW11片山瑛一
   9榎本大希
  (→75分19上方洋介)
GK21大畑拓也
DF16吉永哲也
  (→84分3清水皓平)
   5新井一耀
  13宮本和輝
   2友澤貴気
MF 6岡崎孝幸
  22長谷川涼太
  14長谷川竜也
  (→86分26小島凌)
FW 7和田直己
  10井村雄大
   9岡庭和輝
システム:4-4-2システム:4-1-2-3
監督:古賀聡監督:吉村雅文
 順天堂は開幕早々からキーになるMF天野純、FW原田開を欠く苦しい布陣。


 風は南から北に吹いていた。大井ではメインスタンドが南側にあるため、試合進行に大きな影響はなかったが、夢の島はメインスタンドが東側にある。そのため、風の影響をもろに受けることになる。

 前半は早稲田が風上に。
 11分、大畑拓也のゴールキックが風に押し戻されて失速、片山瑛一のもとに落ちる。片山が拾ってドリブル、シュートを撃つも、友澤貴気が体を投げ出してブロック。

 21分の順天堂。左サイドから岡庭和輝がクロスを入れる。ファーで井村雄大が折り返してゴール前に入れるも、奥山政幸がダイビングヘッドでクリア。

 30分の早稲田。大畑拓也のゴールキックが風に押し戻されて失速、片山瑛一のもとに落ちる。片山はドリブルから今度は中に折り返す。近藤洋史が中に入ってシュートを撃つが、大畑の正面。

 34分の順天堂。左サイドに流れた井村雄大がクロスを入れる。ファーで長谷川涼が頭で合わせたが、ゴールを捉えられず。

 42分の早稲田。近藤貴司のCKに が頭で合わせるもGKの正面。

 前半はスコアレスで終了。風上の早稲田風のイタズラを利して攻めこむも、風を有効に使えたとはさすがに言い切れないな。


 後半は順天堂が風上に。

 61分の早稲田。八角大智の折り返しに近藤洋史が入ってシュートも、ゴールの上。

 66分の順天堂。右サイドから和田直己がシュート、松澤香輝が弾いたところに岡庭和輝が詰めたがシュートは空振り。

 70分の順天堂。自陣からのロングボールに岡庭和輝がDFのウラに抜け出してシュート。前に出た松澤香輝が体を大きく広げてブロックした。

 76分の順天堂。左サイドを岡庭和輝が突破してクロスを上げる。和田直己が頭で合わせるもゴールの上。
 順天堂は何度も決定機を作ったが、シュートに正確性を欠いた。

 このまま終わるかに見えた93分、順天堂は小島凌が右サイドを突破、中央に折り返す。岡庭和輝が中に入って受けようとするが、DFがクリアする。井村雄大が拾ってそのままシュート。抑えの利いたいいシュートがゴールにまっすぐ飛び、順天堂が先制点をあげる。
 早稲田がキックオフしたところで試合終了。いい意味ですごい試合だった。

テーマ : 大学サッカー
ジャンル : スポーツ

tag : 大学サッカー 関東大学リーグ 早稲田大学 順天堂大学

関東リーグ一部第1節 エリースFC東京×東邦チタニウム

 前日は日本上空を爆弾低気圧が通過したため、全国でスポーツの中止があった。サッカーではプリンスリーグU-18四国の全試合、同東海の1試合が順延となり、日曜日のプリンスリーグU-18関東も3試合が中止となった。

 とはいえ、日曜日は風こそはあったが晴れていたのでお出かけ。風に弱いことで評判のJR京葉線は葛西臨海公園-新木場間で強風のため速度規制がかかったが、なんとか通過できたが、その後に全区間運休、という事態に。
 それでも新木場で乗り換えてりんかい線、東京モノレールと平常運航していた路線を乗り継いで大井に到着。

 第47回関東サッカーリーグ一部 

エリースFC東京 0-0 東邦チタニウム
会場:大井ふ頭中央海浜公園第二球技場
天候:晴
試合開始:11時00分
試合形式:90分
主審:
観衆:20人
<得点>
 エ 東
 なし

<警告>
 なし
<退場>
 なし
エリースFC東京
東邦チタニウム
GK21白子哲平
DF20土井岳史
  41香西駿介
  12安藤謙
  28津田和樹
MF25石川清司
  10谷川烈
  19古矢翼
  (→56分2藤森渉)
  35長沼圭一
FW23飯塚高志
  (→46分11高橋周大)
  (→61分24原雅巳)
GK 1樫浦翔
DF11深沢早
   4佐野正典
   8大塚真澄
  10杉山拓也
MF19土方康平
  (→66分22加藤厚樹)
  12高瀬智哉
  14中村庄兵
  15貞清祐樹
FW 3志村優
  (→44分7川浦洋平)
  18和田直樹

システム:4-4-2システム:4-4-2
監督:檜山康監督:小林誠
 開幕戦ではあるが、年度初めということ両社とも主力と目されるメンバーが欠けている。しかしまあ、アマチュアクラブはこういう現実の中でどうやりくりするのかが求められるわけでね。
 とは言っても、エリースには昨年までFC町田ゼルビアに在籍していた津田和樹がスタメン出場、と侮れないわけだが。

 13分の東チタ。土方康平のクロスに和田直樹が頭で合わせたが、白子哲平が押さえる。

 20分の東チタ。貞清祐樹がFKを直接狙う。ゴールをはるかに外れ、ワンバウンドでスタンドオーバー。

 40分のエリース。飯塚高志がDFの裏にパスを出すと、石川清司が抜け出す。しかしシュートの直前に樫浦翔が飛び出して止めた。

 44分の東チタ。志村優が右足を気にするそぶりを見せたために川浦洋平に交代。

 46分の東チタ。変わったばかりの川浦洋平がシュート。DFに当たってこぼれたところを土方康平が詰めるも、ゴールの上に浮かせてしまう。

 前半は0-0での折り返し。


 後半に入って、エリースは飯塚高志に変えて高橋周大が入る。しかしその高橋が10分そこそこで足を痛めて…。

 72分のエリース。右サイドから原雅巳が浮かしてパスを入れる。山下真太郎が右アウトサイドでループシュートを狙うが・・・バーに当たってゴールを外れる。



 そのまま試合終了。どちらもまだまだこれから感があったね、さすがに。
 

 で、この日の大井第二はこの後に東京都社会人リーグ一部が3試合。アストラ倶楽部×FC Ossa(0-4でFC Ossaの勝ち)、東京消防庁×早稲田ユナイテッド(2-5で早稲田ユナイテッドの勝ち)と魅力あふれるカードがあったのだが、こちらには触れずに撤収、移動。 

テーマ : 関東サッカーリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : 関東サッカーリーグ エリースFC東京 東邦チタニウム

ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。