スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちばぎんカップ ジェフ千葉×柏レイソル

 毎年恒例のちばぎんカップ、今年で迎えて第18回。千葉県サッカー協会の事業計画を見たら「お、今年はついに千葉銀行サッカー部が出陣か!」と思ったものの、さすがにそんなことはなく・・・普通にジェフとレイソルの対戦でした(爆)。


 ジェフユナイテッド市原・千葉(4-4-2)
  GK 1岡本昌弘
  DF 2坂本將貴
    (→63分29大岩一貴)
     3竹内彬
     5山口智
    23武田英二郎
  MF20伊藤大介
    (→77分19田中佑昌)
     7佐藤勇人
    15兵働昭弘
     9深井正樹
  FW18藤田祥史
    (→81分14荒田智之)
    11米倉恒貴
    (→53分16佐藤健太郎)
  監督  木山隆之

 柏レイソル(4-4-2)
  GK21菅野孝憲
  DF 4酒井宏樹
     5増嶋竜也
     3近藤直也
    22橋本和
  MF10レアンドロ・ドミンゲス
    20茨田陽生
     7大谷秀和
    15ジョルジ・ワグネル
    (→81分29水野晃樹)
  FW 9北島秀朗
    (→46分25リカルド・ロボ)
    18田中順也
    (→46分19工藤壮人)
  監督  ネルシーニョ


 千葉はスタメン11人のうち4人が今年の新加入選手。対して柏は全員が昨年からのメンバー。の割には…前半にチーム内のコンビネーションが合ってなかったのは柏のほうだったか。パスがうまいことつながらず、ルーズボールはちょうど真ん中に落ちてお見合い・・・まあ、昨年のこの試合もかなり連動性は悪かったけど…叩き3戦目(笑)の開幕戦が見事だったからそんなに心配する必要はなかろうが。

 対して千葉は攻撃に関しては一つ形ができていたか。サイドのMFである伊藤大介と深井正樹でタメを作って、大外からサイドバックの坂本將貴、武田英二郎が回ってきて中に入れる形はなかなか決まっていたような。ただし最後が…ポスト・バーに3回だものね。そして兵働昭弘が縦に入れてから始まるパスは結構厄介。ただし、米倉の負傷がどう響くか、か。深井を中央に置くなら1.5列目ではなくトップとして扱わないと生きないんで。
 で、守備面は…失点シーンはともかく、一番まずく見えたのは21分に北島秀朗にニアに飛び込まれた時。二人して目離す、ってどうよ…。


 で、試合。
 前半は千葉の攻撃が冴えていてほぼ押し込む。柏はボールがつながらず攻撃が単発に終わる。

 後半。早い時間に千葉は米倉が負傷して交代。正直、ピッチを出た増嶋との接触よりも、その後にピッチに戻ろうとして試にダッシュしたのが致命傷になった気がしないでもないが…。

 53分、レアンドロに詰められた武田がバックパス、しかしこれがDFとGKの間に転がる柏からすれば絶妙なセンタリングに(笑)。工藤壮人がフリーで拾って流しこみ、柏が先制。

 その後も千葉に攻められる展開は続く。深井や田中佑昌にかき回されるも何とかしのいでいたが、85分、抜け出された荒田智之に酒井宏樹がバックチャージ。実際は笛はなかったけど、ファウルでもおかしくないし、ファウルだったら赤紙だろうな、とは思ったね。ただ、その裏で『2試合停止』はない、とも思ったけどね(苦笑)。


 ま、そんなこんなで柏が3年ぶりにちばぎん勝利。そして千葉市開催になって初勝利。

2012/02/26
Jリーグプレシーズンマッチ 第18回ちばぎんカップ
会場:千葉市蘇我スポーツ公園球技場フクダ電子アリーナ 天候:曇
試合開始:14時00分 試合形式:90分+PK戦
主審:中村太 観衆:14,207人
ジェフユナイテッド市原・千葉00-01柏レイソル
0-1
なし

73分:佐藤健太郎
<得点>

<警告・退場>
54分:工藤壮人

34分:増嶋竜也
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

tag : Jリーグ ちばぎんカップ ジェフ千葉 柏レイソル

K-SPECIAL 彩連’sと愉快な仲間たち REINAアリーナ

 今日は趣向を変えて千葉方面へ。アイスリボンの2選手が出る、というのもあるのだが…

 ここに来るのは7年ぶり。前回来たときは中川ともか(現エスオベーション)のデビュー戦で・・・地元住民としてどうかってのも多少(苦笑)。
 今回は千葉駅からふらふら歩いてみたら、あら30分で着いちゃった(笑)。なので近くのCoCo壱で昼飯にしてからREINAアリーナへ。
 中はREINAの旗がある以外は当時とほとんど変わってないか…あ、ストーブがエアコンに代わっていたか。

 この日はマリーンズマスク、柏大五郎、梶トマトのユニット『彩連's』の興行。お客さんは…アイスの蕨道場より一回り大きいだけに空白が目立つな…。


 第一試合 365日目の約束~マリーンズ vs ファイターズ~ スペシャルシングルマッチ 20分一本勝負
  マリーンズマスク vs 帯広さやか(アイスリボン)

 昨年の2月11日に行われたK-RIBBONで両者は対戦予定だったが、帯広の肩の故障のためストラックアウト対決に変更。それから1年経ってのシングル対戦。

 どちらもユニフォーム姿。ナンバーはマリーンズマスクが043、帯広が019。マリーンズマスクの043は千葉市の市外局番だからいいとして、帯広の019はなんだ?電話番号は011だし、郵便番号は06*だし…(019は郵便番号は青森県、電話番号は盛岡市)。→後にアイスリボンファンの某ブログから『19時女子プロレス』の意味と判明。
 基本、マリーンズマスクが引っ張っているように見えたが、帯広もその中できっちりと反撃していた。バースが出たときは観客からどよめきも起こったが…
  〇マリーンズマスク(10分03秒 片エビ固め)帯広●
     ※マリーンズスプラッシュ



 第二試合 ヒーローズよ!大収穫祭を守るのだ! タッグマッチ 20分一本勝負
  ちーばマン&きぼーるマン vs 千葉怪人A&千葉怪人B

 ということだったのだが…なんでも、千葉怪人Bがインフルエンザに罹患してダウン、なわけで千葉怪人A一人で登場。「正義の味方だから二人がかりの攻撃はないよな」と迫り、シングルマッチに変更。さらにインフルエンザ予防、というわけで両選手、レフェリー、リングアナ、セコンドは(風邪予防の)マスクを着用して試合をすることに。
 というわけでカード変更。
 第二試合 ヒーローズよ!大収穫祭を守るのだ! シングルマッチ 20分一本勝負
  きぼーるマン vs 千葉怪人

  序盤は怪人が優勢。そりゃきぼーるマンはマスク(覆面)の上からマスクをつけたから呼吸がしづらくなっているうえに、息を切らせるくらいにロープワークをさせられて…。
 しかし、怪人がマスクをしていないことをバラしてからはで立場が一変(最初はマスク(覆面)の下にマスクをしてると言っていた)、逆にロープワークで走らされてスタミナを消耗。最後はブレーンバスターからのきぼーるトーン・アトミコに沈んだ。 
  〇きぼーるマン(9分57秒 片エビ固め)千葉怪人A●
    ※きぼーるトーン・アトミコ



 第三試合 柏もち結成!あなたの好みはこしあん?つぶあん? タッグマッチ 30分一本勝負
  柏大五郎&宮城もち(アイスリボン) vs リッキー・フジ&バンビ
  名前だけでタッグを組んだ柏組、バンビに餡の好みを聞かれて返答が分かれ…柏のロンリーバトルが続く。5分過ぎにようやく柏が折れてタッチ成立。
 その後は定番化してるリッキー先生の半ケツも…およよ。
  〇柏(11分11秒 まっぷたつ)バンビ●
 柏「今日はまだ柏餅の季節ではなかった。柏餅の季節の5月5日にまた組もう」って…5月5日はアイス後楽園?


 第四試合 大収穫ルール シングルマッチ
  真霜拳號 vs 関根龍一
  ※ルールは当日発表

 彩連'sが「関根が絶対勝てるルール」ということで採用されたのが野菜争奪戦(笑)。会場内にちりばめられた野菜を集め(野菜にはそれぞれポイントが振られています)、ポイント数が多いほうが勝ちになる、というルール。
 あからさまに関根有利な状況なのであったが、真霜もこつこつと野菜を集め、リングの上につるしたほうれん草が最後に残した状態で、真霜50-関根40。ハシゴやトランポリンも駆使して関根が最後のホウレンソウをGETしたが…そのポイントは5。
  〇真霜(12分04秒 50ポイントー45ポイント)関根●
   1.関根(大根奪取 30-0)真霜
   2.真霜(ネギ分割 40-10)関根
   3.真霜(白菜奪取 40-40)関根
   4.真霜(人参奪取 50-40)関根
   5.関根(ほうれん草奪取 45-50)真霜



 第五試合 ベジタブラザーズ音速への挑戦 タッグマッチ 30分一本勝負
  梶トマト&ナス晃太郎(E-STYLE) vs ツトム・オースギ(SOS)&ヘラクレス千賀(SOS)

 4人が4人とも機動力が高いので動き回る試合になった。その中でナスの効果的な蹴りがアクセントになったが…。
  ●梶(21分10秒 片エビ固め)千賀〇
   ※カンクーン・トルネード

 試合後梶は「成長して二人にリベンジしたい」と。

 最後はやや無理やり感のあったトマトダンスで締め。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : KAIENTAIDOJO 彩連’s

NEO女子プロレスラストイベント

 2010年の大晦日に10年半の活動を終え、綺麗に解散したNEO女子プロレス。

 昨年末に10年半の軌跡をまとめた三本組DVD『永久不滅版NEO総集編TRILOGY』を発売。その発売記念、そしてNEO女子プロレスとして最後のイベントに行ってきた。
会場はDDTプロレスが経営するバー、ドロップキック。

 会の進行をするはずだった千春さんが迷子になるとか映像装置にVHSビデオを流せないとかいきなり波乱含みではあったが(笑)、賑やかで楽しい会に。というか社長の甲田氏が進行をしてるし。

 ちなみに、先のDVDを見つつ、来た選手、OGが思い出話を語るという流れ。


 仕事の為に途中で抜けてきたが、後は盛り上がったんだろうな~さらに。
ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。