スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観戦チーム名であいうえお

 ここ1~2年でよく見るblogになった、北九州サポのkota氏の『maison de kota』の記事の中に『クラブ名であいうえお』というのが載ってまして。当方も便乗して作ってみることにする。詳しい説明は上記リンクを見ていただくとして…


あ-青山学院大学(1996/11/3)
い-一和天馬(1996/8/7 現:城南一和天馬)
う-ヴェルディ川崎(1995/5/10 現:東京ヴェルディ)
え-NTT関東(1994/4/24 現:大宮アルディージャ)
お-大分FC(1996/4/21 現:大分トリニータ)

か-柏レイソル(1994/4/24)
き-京都パープルサンガ(1996/8/10 現:京都サンガFC)
く-国見FC(1996/11/10 有明SCと合併、現:V・ファーレン長崎)
け-慶應義塾大学(1998/5/16)
こ-国士舘大学(1994/11/5)

さ-サンフレッチェ広島(1997/3/22)
し-ジェフユナイテッド市原(1994/12/4 現:ジェフユナイテッド市原・千葉)
す-鈴与清水ラブリーレディース(1997/5/5 解散)
せ-西濃運輸(1996/10/24 廃部)
そ-ソニー仙台FC(1998/4/5)

た-宝塚バニーズ(1996/12/22 現:バニーズ京都SC)
ち-中国女子代表(1997/6/8)
つ-筑波大学(1997/11/19)
て-帝京大学(1994/11/5)
と-東芝(1994/8/26 現:コンサドーレ札幌)

な-名古屋グランパスエイト(1997/5/7 現:名古屋グランパス)
に-日興証券ドリームレディース(1996/12/22 廃部)
ぬ-
ね-ネパール代表(1997/6/22)
の-ノルブリッツ北海道(2007/11/24)

は-阪南大学(1999/9/5)
ひ-日立清水(1997/1/18 廃部)
ふ-藤枝ブルックス(1994/9/18 現:アビスパ福岡)
へ-ベルマーレ平塚(1996/8/7 現:湘南ベルマーレ)
ほ-本田技研(1995/5/14 現:Honda FC)

ま-マカオ代表(1997/6/22)
み-水戸ホーリーホック(1997/8/24)
む-武蔵丘短期大学(1998/12/24)
め-明治大学(1998/9/9)
も-モンテディオ山形(1997/10/11)

や-山雅SC(1997/11/30 現:松本山雅FC)
ゆ-
よ-横浜マリノス(1995/7/12 現:横浜F・マリノス)

ら-洛北高校(1999/1/3)
り-立命館大学(1994/12/4)
る-ルネサンスFC熊本(2001/10/28)
れ-レノファ山口(2008/11/28)
ろ-ロサリオ・セントラル(1995/2/26)

わ-早稲田大学(1997/11/3)


 結果、「ぬ」と「ゆ」が残った勘定になりました。とはいうものの、これを潰す算段は今のところありません(爆)。
 しかし、「ぬ」と「ゆ」か・・・どんなチームがあるんだろ?今年の地域レベルのリーグ以上に参加しているチームだと「ぬ」は(広島市立)沼田高校があるが、「ゆ」は…見当たらない。


 それにしても、名前が変わったりチームがなくなったりしたところの多いこと多いこと。なお、「く」の国見FCは扱い方がちょっとわかりづらいので後継を書いていないけれど、V・ファーレン長崎に直接つながるのは有明SCのほうだったよね?
 で、廃部したり改称して頭文字が変わったところを、現在その頭文字を使っているチームで入れ替えるとこうなる。
い-岩手大学(1999/11/13)
う-ヴィッセル神戸(1995/7/9)
え-愛媛FCユース(1997/12/7)
く-クロアチア代表(1997/6/8)
す-逗葉高校(1998/1/3)
せ-セレッソ大阪(1997/8/16)
た-多々良学園高校(1997/12/31 現:高川学園高校)
と-東洋大学(1994/11/5)
に-日本大学選抜(1997/4/12)
ひ-東福岡高校(1997/9/6)
ふ-藤代紫水高校(1998/6/6)
へ-北京国安(1997/12/10)
や-八千代高校(1999/6/25)
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

tag : サッカー 観戦記録 クラブ あいうえお

全国社会人関東予選Dブロック1回戦 パイオニア川越×CERVEZA FC東京

 10月に千葉県市原市で行われる全国社会人選手権、通称「全社」の関東予選が始まった。関東からの出場枠が昨年から一つ減った関係上、一部のブロックは3回戦制になった。
 その全社関東予選、1回戦は駒沢補助、東芝府中で1試合、栃木グリーンで2試合が行われる。そのうちの駒沢補助に行ってきた。理由は…この後の予定とカードのレア度(笑)。

 パイオニア川越は埼玉県リーグ一部の所属。県内では結構な強豪で、昨年のリーグ戦では1位。しかし関東リーグ二部への昇格を決める関東社会人サッカー大会では1回戦で横浜GSコブラ(元横浜F・マリノスの外池大亮や元東京学芸大学の志連真人が在籍)に敗れた。
 昨年のメンバーには浦和レッズユースから日本大学・横河武蔵野FCにいたGK高祖景一がいたが…。

 CERVEZA FC東京は今年は東京都リーグ二部に在籍、現在5勝1分の首位。今年の天皇杯予選である東京カップでは2次戦で日立ビルシステム(関東リーグ二部)を破る星を挙げた。


 第45回全国社会人サッカー選手権
  関東予選Dブロック 1回戦

パイオニア川越
(埼玉県代表)
 1-0 CERVEZA FC東京
(東京都代表)
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場補助競技場
天候:曇
試合開始:11時00分
試合形式:80分+延長20分+PK戦
<得点>
 川 東
 1-0 06分 川越

<警告>
 21分 東京 17番
 48分 東京 4番
<退場>
 なし

パイオニア川越×CERVEZA FC東京 001.jpg パイオニア川越×CERVEZA FC東京 006.jpg
 会場である駒沢補助競技場に到着したのは前半10分過ぎ。その前にパイオニアが先制ゴールをあげていた(苦笑)。

 その後はややパイオニア優勢で試合が進む。後半半ばの65分にはCKからゴールか、というのがあったが、オフサイドで取り消された。

 CERVEZAは後半終盤にカウンターから決定機を掴んだが、パイオニアDFのブロックに潰された。
 

 試合はそのまま1-0でパイオニアの勝利。次戦は関東リーグ二部の東邦チタニウム。果たしてどうなるのかねぇ。



 ちなみに、この後行く予定だった第60回早慶定期戦は雨がひどくなったため回避。また、この会場ではこの後関東リーグ二部のエリースFC東京×ヴェルフェたかはら那須の試合があったが、この試合の存在に全く気がついていなかった(爆)。


携帯アクセス解析 AX


パシフィックリーグ 千葉ロッテマリーンズ×北海道日本ハムファイターズ 第7回戦

 今日はサッカーにピンと来るものがなかったのでマリンへ。しかし、マリーンズを見に行くのも2ヶ月ぶりか…。
 いつものとおり、内野二階ネット裏へ行ったら…あらいつもと変わらないわ(笑)。しかも今日の暑い気候でも風が直撃して涼しいし、内野二階は天国だ(大笑)。

 2009パシフィックリーグ公式戦

千葉ロッテマリーンズ 4-5 北海道日本ハムファイターズ
(第7回戦)
 
ファイターズ
マリーンズ
勝利投手:八木智哉(6勝0敗)
セーブ :武田久(13)
敗戦投手:唐川侑己(4勝4敗)
会場:千葉マリンスタジアム
天候:晴のち曇
試合開始:14時00分
試合時間:2時間56分
球審:橋本信司
観衆:23,513人
<本塁打>
 4回 北海道 糸井嘉男  7号 2ラン
(投手:唐川)
 4回 北海道 二岡智宏  2号 ソロ 
(投手:唐川)
 4回 千葉  大松尚逸  9号 ソロ 
(投手:八木)
 5回 千葉  堀幸一   1号 2ラン
(投手:八木)
 7回 千葉  バーナムJr. 2号 ソロ 
(投手:江尻)
<勝利打点>
 北海道 二岡智宏
(2回・右翼線二塁打)
<併殺>
 2回 北海道 金子誠-田中賢-高橋(打者:ベニー)
 6回 千葉 西岡-井口-堀(打者:小谷野)
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
[二] 3田中賢介
[三]31小谷野栄一
[右]41稲葉篤紀
[一] 2高橋信二
[左]10ターメル・スレッジ
(→7回裏左1森本稀哲)
[中]26糸井嘉男
[指]23二岡智宏
[捕]64鶴岡慎也
[遊] 8金子誠




[遊] 7西岡剛
[左]25竹原直隆
[右]10大松尚逸
[二] 6井口資仁
(→9回裏代走68早坂圭介)
[中] 3大村三郎
[指]50ベニー・アグバヤニ
(→7回裏代打一46ゲイリー・バーナム・ジュニア)
[一] 5堀幸一
(→7回裏代打33橋本将)
(→7回裏代打23大塚明)
(→8回表投0荻野忠寛)
[捕]22里崎智也
[三] 8今江敏晃
○29八木智哉 (6回)
H27江尻慎太郎(  2/3)
H19林昌範  (  1/3)
H47菊地和正 (1回)
S21武田久  (1回)
●19唐川侑己 (4回1/3)
 48高木晃次 (  0/3)
 38中郷大樹 (  2/3)
 12川崎雄介 (2回)
  0荻野忠寛 (2回)
監督:88梨田昌孝監督:2ボビー・バレンタイン
 先発はマリーンズが唐川侑己、ファイターズが八木智哉。


 1回表。田中賢介が四球で出塁。小谷野栄一は送りバントをしようとするもボールが当たらず。1-3から田中が盗塁をするも失敗。小谷野はレフトフライ。稲葉篤紀は三振に打ち取った。

 2回表。一死からターメル・スレッジが右中間を破る二塁打。糸井嘉男が三振の後、二岡智宏がライト戦への二塁打、スレッジが還ってファイターズが先制。

 2回裏、井口資仁がセンター前ヒットで出塁も、サブローが三振、ベニー・アグバヤニが遊ゴロ併殺打。

 4回表、高橋信二がレフト前ヒットで出塁。一死から糸井嘉男が右中間スタンドに飛び込むホームラン、2点を追加。続く二岡智宏もライトスタンドへのソロホームラン、計3点。糸井はともかく、二岡は入る感じがしなかったけどなぁ…。

 4回裏、二死から大松尚逸がライトスタンドへの一発。こちらは打った瞬間に入る、と確信できるホームランだった。

 5回表。小谷野栄一がセンター前ヒット、稲葉篤紀が四球で無死一二塁。高橋信二が送って二三塁、スレッジはフォアボール満塁に。
 ここでマリーンズは唐川侑己に代えて高木晃次。『チキチキバンバン』が鳴り響く中、糸井嘉男がが前進守備の内野の頭を越すセンター前ヒット、小谷野が還ってさらに満塁。
 マリーンズはピッチャーを中郷大樹に交代、中郷が二岡智宏を三振、鶴岡慎也をセカンドフライに打ちとって、ピンチ脱出。

 5回裏。一死からベニーが四球で出塁すると、堀幸一がセンターバックスクリーンに放りこむ今季第1号。

 7回裏。二死からベニーの代打・バーナムJr.がライトスタンドへ放り込み、単発ながらもホームラン攻勢で気がつけば1点差(笑)。

 9回裏。二死から井口が四球を選ぶも、続くサブローがショートゴロに倒れてゲームセット。珍しいことにマリーンズの残塁は最後の1だけだった…。そもそも、4本のヒットのうち3本がホームラン…どうゆうバッティングじゃ(苦笑)

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

tag : プロ野球 パシフィックリーグ パ・リーグ 千葉ロッテマリーンズ 北海道日本ハムファイターズ

ちょっと泣くよ、それは…

お知らせ「後期6節長崎-町田、後期7節TDK-長崎、ジェフ-高崎 開催日時等変更」(JFL公式)
第11回日本フットボールリーグ、下記試合の日程並びに開催会場が変更になりますのでお知らせいたします。

後期第7節 ジェフリザーブズ - アルテ高崎

変更前:2009年8月16日(日) 15:00キックオフ 佐倉市岩名運動公園陸上競技場

変更後:2009年8月20日(木) 18:00キックオフ 成田市中台運動公園陸上競技場
※試合開催日、キックオフ時刻、試合会場の変更


 あぁぁ~、なんてこったい!
 2月に日程が出たときに目玉で書いたのが佐倉岩名だったのに…今年の目玉がなくなったよ…

コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ(←違うって)

テーマ : JFL
ジャンル : スポーツ

横河武蔵野FC 1-3 MIOびわこ草津

今週は何も決めてなかったが、とりあえず、ということで武蔵野へ。
その武蔵野、今年からかな(?)芝生スタンドも開けるようになったんだねえ。



試合はMIOのペースで展開し、15分に左サイドからのパス交換から田中大輔が抜け出し、右隅に流し込み先制点。
MIOは前線からプレスをしっかりかけ、ボールを奪うと大きなサイドチェンジをスタートにして攻撃。こんなの4月のジェフ戦ではまったく見られなかったぞ(苦笑)。

武蔵野は中盤でボールを持てず、有効な攻撃手をなかなか打てず。有効手といえるのは右サイドバックの宇治拓郎が上がって中に切れ込んできたときくらいか。左の斎藤広野は縦に抜け出すもクロスを封じられ、中央はMIOのセンターバックに引っかかって崩せず。


後半に入るとMIOの前線からのプレスは緩んでくる。これで横河の中盤がパスを回せるようになりここから攻撃。後半はもっぱら横河の攻勢が続く。
しかしMIOは最終ラインで激しくアタックをかけて横河のFW、関野達也と村山浩史に前を向かせず。
それでも67分に村山浩史のポストプレーから斎藤広野がミドルシュート、GKの手の先を通って同点に追いつく。

同点に追いついた横河が攻め込んだが、75分にMIOはアランを投入。アランは日本航空第二高校(今年から日本航空石川に校名変更)を卒業して2年目。さすがブラジル人、というかなんと言うか、体幹がしっかりしていてDFに当たられても簡単に体勢を崩さない。要は前線でタメができたようなものだ。
これで流れはMIOに傾き、82分に寿健志のクロスに木下真吾がファーで合わせてリードする。
その直後、ロングボールにアランが抜け出し、GKをもかわして流しこみ3点目。
その後もボールを持てるようになったMIOはピッチ全体を広く使ってボールを回し、横河を寄せ付けず。


この結果、横河は天皇杯に出場できる4位以内を確定させられず。明日天皇杯出場が決まるのは、佐川印刷が負け(対FC琉球)、ニューウェーブ北九州とアルテ高崎が引き分けた時のみ、となる。
また、明日ガイナーレ鳥取が負け(対ホンダロック)、ジェフリザーブズが佐川滋賀に勝つと勝ち点30で鳥取、佐川滋賀、横河武蔵野、ジェフリザーブズが並ぶ超大混戦になる。


柏発スペイン行

今日の朝日の夕刊に、柏U-18からスペイン・ジローナに移籍した指宿洋史の記事が。

 パッと見ではあるが、昨秋に比べて体が前後に一回り大きくなったのではないか、と思う。柏時代は体重こそはあったものの、中央で体を張れる感じはしなかったからね。


 しかし、体がでかい=ポスト、頭の構図はスペインでも変わらないのね(笑)。


携帯アクセス解析 AX


中央大学 0-4 国士舘大学

総理大臣杯の関東予選は代表決定戦。Dブロックは中央大学と国士舘大学の一部校同士の対戦。

会場は中央大学多摩キャンパス。高幡不動から多摩モノレールで行ったのだが…遅い!あれでは赤字も当然だ!!
で、その中央大学へは『中央大学・明星大学』駅で下車。キャンパスは駅を出てすぐにあるのだが、サッカーグラウンドは駅からは一番遠い場所にある。バスターミナルからは近そうだが、こちらについては未調査。



序盤は五分五分。
13分、中央はFKを柴橋浩太が合わせるが、バーを直撃。このクリアを柏好文が受けてドリブル、ゴール前に持っていってシュート。ファーに流れたが蓮沼剛が飛びこみ、国士舘が先制。


後半は国士舘が面白いように攻めまくった。
55分、交代出場の菊池亮が素晴らしい反転ターンからシュート、ゴールをあげる。
64分には佐藤優平がグラウンドダーのパスを入れると、中で柏好文がスルー、その後方にいた高橋大が確実に決めて3点目。
後半ロスタイム1分には小島暢明がFKを直接沈めて4点目。

中央はロスタイム4分に山田佑介がCKのポジション取りの中で佐藤由将に肘打ち、一発退場と大敗に泥を上乗せ。
しかし、ベンチも本気でこの試合に臨んでいたのかも少々疑問に思う。後半半ば過ぎから佐藤秀行が足をつる仕草をしていたのに、全くベンチは動かず、サブメンバーもアップせずに座っているだけだったからな。


ま、とりあえず。
これで国士舘は大阪行き決定!


東京ヴェルディ 0-0 水戸ホーリーホック

中央大学から高幡不動、新宿を経て国立へ。だいぶ雲が厚くなったが、ライトは全く点けず。そんなにカネないのか…。



序盤は水戸が押しこんだ。金澤大将が右サイドからチャンスメーク、しかし最後の場面では踏ん張られてキチンとしたシュートは打てず。打っても枠を外すか土肥洋一に防がれるか…。正直、東京VのGKが高木義成だったり柴崎貴広だったら1点や2点は入っていたのではなかろうかと。

逆に東京Vは林陵平はほとんど消えていたが、大黒将志は存在感を十二分に発揮していた。
しかしこちらもシュートが…。一番得点の匂いがしたのが前半ロスタイムのCKというのがねぇ。CKがファーで水戸DFに当たってゴールに転がったのだが、GKの後ろをカバーした森賢一がクリアした。
しかも、良かった大黒を下げたのは…。これで得点の機会はグンと減った、水戸からすれば怖さがなくなった感じ。


とにかく、両チームのサポが「勝てる」と思ったゲームではなかろうか、と。



ちなみに、後半からライトを点けたが下半分だけ。経費削減、てそういうことではない、と思うのだがなぁ。



見たくなかったプロレスの底力

 プロレスリング・ノアの試合中、三沢光晴が相手選手の技を受けて昏倒、そのまま亡くなってしまった事件から一夜明けて。

 普段はプロレスを一面に持ってくることのない朝刊スポーツ各紙も、こういう事態になると全紙一面に持ってくる。冬木弘道の時もしかり、橋本真也の時もしかり…
 冬木弘道の時には失礼ながら「まさか冬木で…」と思ってもしまったが。


しかし…
こんな底力は見たくもなかったわさ!



携帯アクセス解析 AX


専修大学 0-2 法政大学

第2試合は専修大学と法政大学の一部校同士の対戦。



開始1分経たないうちに、法政は深町伸太朗が先制ゴールをあげるも、以後は互角の展開。いや、むしろ専修の速いパス回しに押され気味だったか。


後半になっても基本の流れは変わらず。
しかし56分、専修陣内で深町伸太朗がルーズボールを拾い、ドリブル。パスを受けた阿部拓馬がゴール、法政に追加点。

専修はその後攻勢を強めたが、ゴールを割ることはできず。
法政が明日の代表決定戦に進出した。



帰りは大学とグラウンドの間を通る町田街道を走る神奈川中央バスで橋本駅まで出てみることに。280円で25分。ただ、このバスは40分に一本なんで。



ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。