スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V・プレミアリーグ男子 FC東京×JTサンダース

ほぼ年に一回になっているバレーボール観戦。というか、ほぼすべてがFC東京のホームゲーム、というのはどうかしている、と自分でも思う。
 ま、それでも、というわけで墨田区総合体育館へ向かう。ここも年一で来てるのですでに3回目となるか。


 V・プレミアリーグ男子 レギュラーラウンド 第8週第2日

チームセット12345
FC東京2525201810
JTサンダース2114252515
会場:墨田区総合体育館
試合開始:13時00分
試合時間:1時間58分
主審:村中伸
副審:高橋弘二
観衆:1,363人
FC東京
JTサンダース
 11グラディナロフ・ミロスラフ
 28前田和樹
 30手塚大
 10山岡祐也
 15衛藤英興
 17橋場正裕
L 2三上圭治郎

  3福田寛
 13土屋雄太
 16高橋駿
 24西尾太作
 26木村泰輔
L23山本洋平
  7八子大輔
 20筧本翔昂
 15イゴール・オムルチェン
  6菅直哉
  2町野仁志
 10小澤翔
L 3酒井大祐

  4國近公太
  5神田聖馬
  9甲斐祐之
 11安井勇誠
 17深津旭弘
L21大上正裕
監督:坂本将康監督:丹山貞昭
 前日は豊田合成トレフェルサにストレート敗けだったらしいFC東京、どうかと思ったが、20分遅れで着いたら第一セットを25-21で東京が取っていた。

 第二セットは「圧倒的ではないか我が軍は」と言わんばかりに25-14の大差で東京が勝ち、一気にリーチをかける。

 第三セットで一気に流れが変わる。JTが先手を取って展開し、リードを保って。東京もくらいついたが最後は集中が切れたか、20-25でJT。

 第四セットはJTの勢い止まらず25-18で取り、タイスコアに持ちこむ。東京は一気に激流に飲み込まれた感。

 第五セットは東京も持ち直し、中途までは一進一退も。しかし10-9で東京がリードした状態からJTが6連続でポイントを決めて15-10と試合をひっくり返してしまった。
 んで、その第五セットはFC東京もJTのサイドも客席が盛り上がって…これを見てホーム&アウェーという発想が出ないのが不思議だ(笑)。ぶっちゃけ、今の全日本に足りないのって試合中に背中がゾクゾクする感覚なのではないか、と思うのだが。
スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

tag : Vリーグ V・プレミアリーグ FC東京 JTサンダース

V・チャレンジリーグ第7週第2日 富士通×警視庁

 一気に人が減って第3試合に。しかし、地元の富士通の登場とあって盛り上がりは第2試合とあまり変わらなかったり(笑)。


 2008/09 V・チャレンジリーグ 男子大会
  第7週第2日
チームセット12345
富士通2414252513
警視庁2625202215
会場:川崎市体育館
試合開始:14時55分
試合時間:2時間06分
主審:中島俊昌
副審:山川和寿
観衆:460人
富士通
警視庁
  1神山哲郎
  2徳武正哉
  5今一騎
  6三芳健斗
 14岩井浩二
 15北沢浩
L17藤森圭

  7勝田祥平
  9平澤徹
 12松本健作
 13渡辺聖太
 16呉屋宏和
 19松野昭博
  4福田健太
  5平林康裕
  6松本幸博
 10岩知道呂夫
 11下田健一
 21幸田英知
L 8石川俊輔

  7井上人哉





監督:山本道彦監督:笠原正伸

警視庁×富士通 006.jpg 警視庁×富士通 010.jpg
 なんでも、富士通はV・チャレンジリーグに昇格してからは川崎市体育館では無敗。昨年は優勝した東京ヴェルディに勝っているし、昨日も全勝だったFC東京を相手にしてフルセットの末に勝利している。ちなみに、vs警視庁は毎年ここ川崎市体育館で組まれていて、昨年も一昨年もフルセットまで行った末に富士通が勝っている。


 完全アウェイの警視庁は応援席に20人ほどがひとかたまりになっていた。ちなみに、東京都内でないせいか、ピーポ君の姿はなし。


 試合としてはこちらのほうが面白かったな。富士通も警視庁も粘り強くボールにアタックし、よく拾ってつないでいた。ただ、決め手がない、という言い方もできたが。その中で警視庁はブロックを的確に決めて加点。第1セット、第2セットを取っていった。
 この段階で見てて思ったのが「どっちもチームの作り方が似てるなあ、でもちょっと警視庁が上かな」。
 
 第3セットになってくると、富士通を応援する雰囲気が自然にできてきた。これで落ち着いた、というか乗った富士通が第3セット、第4セットを連取しタイに持ち込む。

 最終セットも一進一退。コートチェンジの後に富士通が一旦は逆転したが、警視庁が再逆転し、試合を制した。 


 しかし、警視庁は粘り強いな…ぜひ本業でも(謎)。
 それはともかく、来週はFC東京との試合が組まれている。FC東京にとってはやりにくい相手だろうな…。

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

V・チャレンジリーグ第5週第2日 FC東京×東京ヴェルディ

 今週土曜・日曜は川崎市体育館でV・チャレンジリーグが行われていた。第1試合は10時から始まっていたので間に合わず、第4セットの途中から観戦。この試合は全勝の筑波ユナイテッドが全敗の東京トヨペットを3-1で下した。
 続く第2試合はFC東京と東京ヴェルディのいわゆる『V版“東京ダービー”』。いくら今季のV・チャレンジリーグのレギュレーション上が消化試合であっても、“ダービーに消化試合はない”ものだが…。


 2008/09 V・チャレンジリーグ 男子大会
  第5週第2日
チームセット12345
FC東京2525232515
東京ヴェルディ2714251512
会場:川崎市体育館
試合開始:12時10分
試合時間:2時間01分
主審:澤達大
副審:小川浩二
観衆:495人
FC東京
東京ヴェルディ
  9伊東克明
 10山岡祐也
 12阿部篤史
 14加賀龍哉
 17橋場正裕
 18山本雄史
L 3福田誉

  6山内隆宏
  8大場健裕
 16野中信也
 25杉崎大和
  7渡邊友嗣
 12奥田晃
 14飯塚俊彦
 24紺野圭佑
 27溝口信二
 28竹田昭徳
L 2吉野淳

  1濱口純一
  6高橋洋史
 17宮下領

監督:吉田清司監督:山中禎一郎

FC東京×東京V 001.jpg FC東京×東京V 012.jpg
 いつものように殺伐(?)な雰囲気。しかし今回は昨年のダービーで負傷した奥田晃が戻ってきていたこともあって、FC東京サイドから「お帰り奥田」コールが飛ぶ。その一方で東京Vから移籍した辻裕作には「辻~とうきょー!」(笑)
 
 一方の東京Vサイドは当日にラウンドテーブル(円卓会議)があったせいか人数は少なめ。足りない分はエスコートキッズの子どもたちと太鼓の爆音で補っていた。


 FC東京のリベロは福田誉。今年のメンバーを見ると他に5人リベロ職の選手はいるが、若かったりブランクがあったり負傷中だったり(?)でベテランの福田を起用。その福田がもともとアタッカーであるせいか、自然と田中マルクス闘莉王ばりに前衛に進出、これがフェイントになって敵を混乱させるが、ポジションを崩して味方も混乱させていた…(苦笑)。そのためかFC東京はポイントを取っても取られてしまい流れに乗れない戦いを強いられた。
 
 今年の成績には大きな差がついている。それでも東京Vが第1セット、第3セットを小差ながらも制したのはこの試合が“ダービー”だからこそではあるだろうな…。


 まあ、流れを作れないままでも、ブロックポイントで稼いでいったFC東京が勝利し、つくばユナイテッドに続く二番手の位置を占めた。


 で、恒例の東京ブギウギでは伊東克明が「僕たちはバレーボールが大好きなので、2日間で10セットもやっちゃいました!」
 いや、それ笑えないよ…。

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

tag : バレーボール V・チャレンジリーグ FC東京 東京ヴェルディ

V・チャレンジリーグ第3週第1日 東京ヴェルディ×富士通

 江戸川でのV・チャレンジリーグ、第二試合は東京ヴェルディと富士通の対戦。

 富士通のチーム住所は川崎市中原区にある。ということはこれ、サッカーだったら今季の開幕戦と同じじゃないか(笑)


 2007/08 V・チャレンジリーグ 男子大会
  第3節第1日

チームセット12345
東京ヴェルディ25252625 
富士通18222820 
会場:江戸川区スポーツセンター
試合開始:15時02分
試合時間:1時間48分
主審:丸山道博
副審:饗庭和恵
観衆:300人
東京ヴェルディ
富士通
  3小松高則
  6高橋洋史
  7渡邊友嗣
 20上場雄也
 21和井田剛史
 27溝口信二
L 2吉野淳

  1濱口純一
 12奥田晃
 24紺野圭佑
  1神山哲郎
  3小口創一郎
  7勝田祥平
  9平澤徹
 14岩井浩二
 15北沢浩
L17藤森圭

  4竹内徳彦
  5今一騎
 18小川直紀
監督:山中禎一郎監督:山本道彦
 試合前練習からこの両チームは協力体制。練習の最後にサーブ練習をしていたが、受けているのが相手チームの選手。こういうのって、よくあるのかな…。第一試合ではそういうことはやってなくて、コートを縦半分に区切ってそれぞれアタックの練習をしていたのだけど。


 試合を見ていると、富士通は諦めないし、よくつなぐし、機転も効くしなかなかいいチームではある。しかし決定的にブロックが弱く、東京Vのスパイクを止められなかった。
 決定的に力の差はないように見えたが、大きくスコアがついたのはその辺かと。

 しかし、第3セットで粘りに粘ってデュースの末にセットを取り、最終セットでも粘ったのでなかなか面白い試合にはなったな、と。

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

tag : バレーボール V・プレミアリーグ 東京ヴェルディ 富士通

小さな積み重ねがポイントに ~V・チャレンジリーグ第3節第1日 FC東京-警視庁~

 今週は目立ったサッカーの試合がない(代表戦?知らね)、というわけで他のスポーツを見よう、ということで。
 とりあえず今日ある試合は
 ○バレーボール V・プレミアリーグ 男子  京都&氷見
 ○バレーボール V・プレミアリーグ 女子  関&西尾
 ○バレーボール V・チャレンジリーグ 男子  江戸川&長岡
 ○バレーボール V・チャレンジリーグ 女子  広島&三郷
 ○バスケットボール bjリーグ  有明
 ○ラグビー トップリーグ  秩父宮&花園
 ○フットサル Fリーグ  浦安&大分
 ○アイスホッケー アジアリーグ  日光

というところか。そこから選んだのがVチャレンジの男子って…(笑)


 会場の江戸川区スポーツセンターは西葛西から歩いて10分ほど。開始20分前くらいに着いたが、もう準備は万端、といったところだった。


 2007/2008 V・チャレンジリーグ 男子大会
  第3節第1日

FC東京



 3-0 
 25-22 
 27-25 
 25-20 
警視庁



会場:江戸川区スポーツセンター
試合開始:13時02分
試合時間:1時間22分
主審:大澤正弘
副審:石井仁
観衆:520人
FC東京
警視庁
  3福田誉
  6山内隆宏
  8大場健裕
  9伊東克明
 12阿部篤史
 14加賀龍哉
L15中谷宏大

 11高取諒平
 13益永泰裕
 17橋場正裕
 18山本雄史
  4福田健太
  6松本幸博
 11下田健一
 14池之上宏之
 19浜口知良
 21幸田英知
L 8石川俊輔

  2清水大輔



監督:金澤正明監督:米山憲二

CA340053.jpg CA340056.jpg
 FC東京の応援席はいつものようなサポ連中。大体30人位か。試合前の『ユルネバ』こそやってなかったが、昔なつかしのチャントを惜しげもなく披露していた。

 警視庁は応援する数は大体同じくらいか。マスコットのピーポくんも来ていたが、最初は最前列で座っていたのに、途中で最後尾に追いやられていたよ(笑)


 第1セットは東京が先行し、そのまま逃げ切り。第2セットは警視庁が先行するも22点のところで東京に追いつかれ、ジュースの末に東京が取った。

 東京は第1、2セットは右からアタックを打つ阿部篤史にボールを集める。しかし警視庁の側もそこは先刻承知。しっかりブロックして対応する。だから結果は止められたり抜けたり。

 警視庁はややポジション取りが甘いような気もした。だから充分な態勢でレシーブを返せなかったり、選手の間にポトーンと落ちたり。
 そういう細かい差が点数に出たかな、という気がする。

 東京は第3セットからは左の伊東克明の角度を変えたアタックが決まりだして差をつけた。最後は阿部のアタックが豪快に決まって〆。


 試合後は阿部篤史がグダグダのインタビューを受けて(責任は全てインタビュアーにある)からいつものようにサポの前で挨拶。そしてセッターの加賀龍哉の音頭で『東京ブギウギ』を歌うが、その時選手は輪になってのドツキあい(笑)。なんか妙なものを見てしまった気分だ(苦笑)。


いつもどおりの熱戦・舌戦 ~V・チャレンジリーグ第7節第2日 FC東京-東京V~

府中は第二試合に向けて続々と観衆が集結。そう、V・チャレンジリーグの一大名物となっている(?)『東京ダービー』である。実はこれを狙って来たのであるが。

 いや、昨年のこのカードのの熱気がすごいのなんのって。じゃあ今年は「俺も行っちゃろうじゃないか!」ということで。

 実際見たところ、固まって声出しする人間の比率はFCくらいか。しかし彼(女)らが出す熱気は互角、と見た。で、聞こえてくるいつものチャント。江戸川や西が丘(オイオイ)で聞こえてくるものと同じだ・・・。あ、そうそう。声出しまではいかないけど、という層は明らかにFC東京の方が多かったのは付け加えておかないと。さすがに村林裕が絡んでいるだけのことはある(笑)。


 2006/07 V・チャレンジリーグ 男子大会
  第7週第2日

FC東京





 3-2 
 25-16 
 25-23 
 25-27 
 23-25 
 15-12 
東京ヴェルディ





会場:府中市NECニューライフプラザ
試合開始:14時00分
試合時間:2時間03分
主審:小林朝実
副審:野村考一
観衆:580人
FC東京
東京ヴェルディ
  3福田誉
  6山内隆宏
  8大庭健裕
  9伊東克明
 12阿部篤史
 14加賀龍哉
L15中谷宏大

  2吉田成伸
 10井上圭
 13益永泰裕
 16野中信也
 18山本雄史
  3小松高則
 12奥田晃
 14飯塚俊彦
 16ルナ・カルロス
 19中田学
 27溝口信二
L11辻裕作

  1濱口純一
  2吉野淳
 20上場雄也


監督:金澤正明監督:山中禎一郎

3.11府中NLP 026.jpg 3.11府中NLP 028.jpg
3.11府中NLP 047.jpg 3.11府中NLP 061.jpg
 東京Vのユニフォームはちょっと前のベレーザのものに近い、と思ったら今は1969も同タイプのユニフォームを使っていたのね。
 でFC東京の胸マークは『TOKYO GAS』。これはどこからどう見ても懐かしの『東京ガスフットボールクラブ』のユニフォームにしか見えませんが(古)。

 試合はお互いが意識しているだけあって最初からヒートアップ。前の試合では見られなかった審判への問い詰めが起こる。そんなにいいものではないが、気持ちはわかる気もする。
 最初に勢いを掴んだ第一セット、第二セットは東京が連取。ヴェルディのリベロ・辻裕作の見切りがずれていたようだったが。
 このまま東京がのっていくのかと思いきや、さすがに過去全試合がフルセットまでいっているこのカード。第三セットになると東京Vが盛り返し、デュースの末にこのセットを取る。東京はこの辺り、攻撃パターンを読まれていたか?
 勢いのついた東京V、第四セットはFC東京の動きを読みきったブロックがよく決まり、2セットを連取、同点に追いつく。しかし勢いは東京Vに完全に傾いていたのにスコアとしては接戦だったのは意外であった。
 最終セットも一進一退の攻防を繰り広げたが、最後は東京Vのスーパーエース・飯塚俊彦(公式プログラムにそう書いてあるのだから仕方がない(笑))のサーブがラインを越えて幕。


 この勝利でFC東京は入替戦へ大きく前進した、らしい。逆にこれで4敗目(しかも連敗)となった東京Vは入替戦に進出できる2位へはかなり後退した、みたい。

 そして試合後にも驚かせてもらった。サポーターに挨拶したFC東京の選手。リベロ・中谷宏大がトラメガを持って挨拶。そして中谷の音頭で『東京ブギウギ』!他でもサポと選手が一緒になってダンスしているところはあるけれど、それはあくまでサポ主導で。選手主導、というのは初めて見た。
3.11府中NLP 062.jpg



 もしかして・・・?最初にこういう形の試合を見てしまうと、普通のバレーボールの試合が見られなくなるとか??


初めて手を出す世界 ~V・チャレンジリーグ男子第7節第2日 ジェイテクト-大同特殊鋼~

 このBlogでは過去にサッカー、野球、アイスホッケー、ラグビー、プロレス、ノルディックスキー・ジャンプを書いてきました。そして今回、新たな競技に手をのばすことにしました。

 というわけで府中へ向かう。渋谷を経由して京王線へ。明大前で特急を待っていると見た顔が。某應援團員に遭遇。特急で聖蹟桜ヶ丘まで行き、さらにパスで会場に到着。
 その体育館は、まあ2階席のいす席が300×2、1階の椅子が60~70くらいか。どおりでチケットを買った時に『残席少』と出るわけだよ、と納得。

 そして、第一試合が始まって10分ほど経ったところでこの人を捕獲(笑)。
 

 2006/07 V・チャレンジリーグ 男子大会
  第7週第2日

大同特殊鋼



 0-3 
 21-25 
 19-25 
 23-25 
ジェイテクト
STINGS



会場:府中市NECニューライフプラザ
試合開始:12時00分
試合時間:1時間10分
主審:仲博志
副審:森野ノボル
観衆:400人
大同特殊鋼
ジェイテクトSTINGS
  3奥平翔悟
  6若山智昭
  7西久保亮太
  8橋満裕也
 12上野和也
 15小林雅也
L11平井銀次

 14齋藤義人
 1松田智人
  2金丸晃大
  4野沢憲治
  6反田光男
  8吉田雄一
  9石田敬喜
L12興梠亮

 14後藤大輔
監督:東岡昇監督:長井浩二

3.11府中NLP 006.jpg 3.11府中NLP 020.jpg
 ジェイテクトがストレート勝ち。なんか、レシーブ、トス、サーブの正確さに差があったように見えたのだが。大同特殊鋼はサーブミスを5~6本していてはそりゃ勝てないだろうよ。
 しかし現在このリーグで首位を走るFC東京が唯一負けたのが、その大同特殊鋼なのだからわからないものである。

 勝ったジェイテクトだが、それでも「入替戦に行ったらコテンパンにやられる」とは識者の弁である。


ブログカウンター
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。